ポーカーの基本ルール・遊び方を完全ガイド!

ポーカーって..?
名前は聞いたことあるけど..

そんな方も多いんじゃないでしょうか?
何を隠そう私もその内の一人でした。

そんなオンラインカジノを初めたばかりの方も、これからランドカジノに行く方も、友達と遊ぶことになった方も安心してください。この記事ではポーカーについて1から、基本ルールも抑えておさらいしていきます。

そもそもポーカーとは何でしょうか?ポーカーとはトランプを使ってプレイするカードゲームであり、ギャンブル性x心理戦を特徴とします。運で決まるゲームと思われることもしばしばですが、実は多くの戦略、スキルを要する奥の深いゲームです。

ポーカーの種類

ポーカーには大きく分けてドローポーカー、スタッドポーカー、フロップポーカーの3種類があり、その中にもいろんなルールのポーカーが派生しています。

①ドローポーカー

ポーカーの中でも昔から親しまれてきたのは、配られた5枚のカードから好きなカードを交換して手役を作っていくドローポーカーというものです。ドローポーカーでは自分のカードを他のプレイヤーが見ることはありません。少し前まではドローポーカーが一番プレイされていました。

②スタッドポーカー

ドローポーカーのアドバンス版と言われているのがスタッドポーカーです。スタッドポーカーの特徴は一部のカードが表向きに配られる為、他のプレイヤーが自分のカードの一部を見て情報を得られるということです。これによりドローポーカーに更なる駆け引き性が加わりました。

③フロップポーカー

続いて、現在カジノなどで最も主流となっているのがフロップポーカーです。フロップとはテーブルに開かれたコミュニティカードのことで、全プレイヤーが共通して使えるカードを指します。プレイヤーは自分の持つホールカード(自分しか見えない)とコミュニティカード(全員が見えて全員が使える)を使って役を作り、ゲームを開始します。フロップポーカーの中でもテキサス・ホールデムと呼ばれるものが現在世界で一番主流のポーカーです。

テキサス・ホールデムのルールについて詳しく

これからポーカーを初める

オンラインカジノでこれからポーカーを始める際は、まずルールを覚えておくことを心掛けましょう。特に対戦型ポーカーは他のオンラインカジノゲーム(ビデオスロットなど)と違い、プレイヤー個人のスキル、知識量によっても勝率も変わってきます。

こう聞くと敷居が高い感じがしてしまうかもしれませんが、オンラインカジノのポーカーは意外と敷居が低いです。というのもポーカーの大会などはプロや相当の腕の人で溢れていますが、オンラインカジノはポーカーを初めて間もないプレイヤーも山ほどいます!

ポーカーはトランプさえあればどこでもプレイできます。オンラインカジノでなくても、登録不要でポーカーをインターネット上でプレイできるサイトはたくさんあります。まずはルールや状況判断に慣れることから始めましょう!何より大切なのは、誰でも最初は初心者だということ、そしてポーカーを楽しむことです

それにこれは個人的な意見ですが、ポーカーできたらなんか格好良くないですか!

ポーカーを始める際の心構えについて詳しく

ポーカーの基本ルール

実はポーカーには数多くの種類があり、ゲームによりルールが異なります。
しかしポーカーとしての基本のルールは変わりません。

勝敗の決定

ポーカーのゲームの目的は、5枚の手札の組み合わせ(役)をより強くすることです。
プレイヤーは役の組み合わせに応じてチップを出します。一番強い役を持っているプレイヤー、または対戦相手全員が自分の役では勝てないと考えゲームをドロップしたら、最後に残ったプレイヤーがポットを獲得します。

ゲームの流れ

ステップ①
親:カードを1人5枚ずつ配る。
プレイヤー:カードを見る(他のプレイヤーには見せないこと)。

ステップ②:
親:左回りでチップを出すかパスするかを聞いていく。
プレイヤー:自分の手札の組み合わせが強いと思ったらチップを出す。強くなかったらパス。
*誰かがチップを出した時点でそれ以降のプレイヤーはパスができません(ステップ③へ)。

ステップ③
プレイヤー:コール、レイズ、ドロップのいずれかを宣言。
コール – 前のプレイヤーと同じ枚数チップを出す。
レイズ – 前のプレイーよりも多い枚数チップを出す。
ドロップ – ゲームを降りる
*誰かがレイズをした後に一周誰もさらにレイズをしなかったら1回目のかけは終わりです。

ステップ④
プレイヤー:より強い手札の組み合わせを作るのに不要なカードを山札と交換できます(ドロー)。

ステップ⑤
新しい手札を検討し、チップを出すかチェック(パス)の宣言をしていきます。このとき、誰か1人がチップをだしたら、それ以降の人はチェックできません。

ステップ⑥
ステップ③をもう一度行います。誰かがレイズをした後に一周誰もさらにレイズをしなかったら終了。手札を公開し、ほかのプレイヤーと比べます。その中で最強のポーカー・ハンド(役)を持った人が勝ちとなり、場にあるチップを全部獲得します。

ステップ⑦
ステップ①~⑥を何度か繰り返し、チップを一番多く持っていた人が勝ち。

心理戦

ポーカーではわざと多めにベットし、自分の手札があたかも強い雰囲気をか持ち出し、他のプレイヤーをドロップさせたりと心理戦が必要になってきます。他のプレイヤーのプレイの癖、表情、ベットの仕方等を見極めることがゲームの勝敗を動かすことも多々です。ポーカーフェイスという言葉もこれらの心理戦から生まれました。

ポーカー心理戦について詳しく

ポーカーって運頼みのギャンブル?

ポーカーのルールを初めて聞くと、ポーカーって運頼みのギャンブルなの?って思う方もいると思います。しかし、実はポーカーは知れば知るほど奥の深いスキルゲームなんです。

中にはポーカーのみで食べて行く、プロポーカープレイヤーもいます。もしもポーカーが運頼みだけならプロが生まれることはないですよね。ポーカーにおいてメンタルコントロール分析力確率の見極め、定石の暗記等に優れていることは勝つ確率をあげてくれます。ポーカーのプロたちはこれらのことに長けているということです。

プロポーカープレイヤーについて詳しく

ポーカーに攻略法はあるのか?

ポーカーに攻略法はあります。もちろん、攻略法を学んだからといって必ず勝てるという訳ではありません。ここでいう攻略法はあくまでも勝率を上げる方法です。

まず初心者の方は、ポーカーを知ることが大切です。ルールと役の強さは必ず確認しておきましょう。ルールを覚えたら、定石を身につけていきます。例えば初手をどうするか、交換の際に何を出すべきかなど、ポーカーには一定レベルの定石があります。

しかしここで気をつけたいのが、上級者とテーブルに座る際です。上級者ともなるとプレイヤーの癖や表情などからも情報を集めてきます。もちろん定石は網羅していますし、初心者が定石通りにプレイしてくることも想定しています。ですので上級者とプレイする際はあえて定石から外れてみるのも手です。

初心者、中級者が更にステップアップし上級者のレベルに自分も到達するには、地道にテクニックを勉強する他ありません。ポットコントロール、バランシング、ハンドレンジ、ブラフキャッチ、期待値の出し方等学べることは多々です。またその他に、も相手の心理状況を読み取る力、自分のマインドコントロールを身につけること等が上級者になるには必要です。

こう聞くと、ポーカーの道のりが果てしなく感じる方も多いかもしれません。
しかし大切なことは少しずつスキルを身につけていくことです。スキルを身につければ当然勝てる確率も上がり、やがては稼げる確率にも繋がっていきます。

ポーカー5つのヒント

最終更新日: