テキサスホールデムポーカーのルールとゲームの流れを完全ガイド!【初心者安心】

最終更新日:

みなさんポーカーと一口に言っても、実は様々な種類があるのをご存知でしたか?

現在ポーカーの中でも最も主流なのはフロップポーカーと言われています。 その中でも一番人気なのが、今回紹介するテキサスホールデムポーカーなんです!

テキサスホールデムポーカーとは一体どんなゲームなんでしょう? 一言でいうならば…

各プレイヤーに配られる2枚の手札と場に開かれる共通カード(最大5枚)から、5枚で構成される役(ハンド)を作り、強さを競い合うゲームです。

??? となった方もいるかも知れませんが安心して下さい。 ルールを一通り聞くと意味がわかりやすくなるはずです。この記事ではテキサスホールデムの基本ルール、そしてゲームの流れを紹介していきます!

ポーカーの役についておさらい

テキサスホールデムポーカーに限らず、ポーカーは役(カードの組み合わせ)の強さを競うゲームです。 下に役の強弱をまとめたので参考にして下さい。今読みながら全て覚える必要はないです。こんな組み合わせがあるのかと認識し、ルールを徐々に覚えていきましょう。

カードの強弱:

texas-holdem-how-to-play-card-strength

ハンド(役)の強弱:

texas-holdem-how-to-play-hand

ゲームの流れ:始め方(プリフロップ

いよいよテキサスホールデムポーカーのゲームの流れを説明していきます。 ここで説明するのはゲームの第1ラウンド、プリフロップと呼ばれる段階です。

ゲーム開始の際は、親となるボタン(BTN)を決めます。プレイヤーはそれぞれカードを一枚引き、一番強いカードを引いた人がBTNとなりDEALERの目印がテーブルに置かれます。

texas-holdem-how-to-play-pre-flop

ボタンから見て左隣のプレイヤーをスモールブラインド(SB)と言います。SBはあらかじめ全員で決めたベット最低金額を出す必要があります(強制ベット)。

SBの左隣のプレイヤーをビックブラインド(BB)と言います。BBはSBの出した金額の2倍を出す必要があります。

カードの配布:

SBから時計回りにカードが2枚ずつ配られます。 配られたら、他のプレイヤーから見えないようカードを確認して下さい。 カードを全員が確認したら、順番に好きなアクションを行なっていきます。

 

アクション:

texas-holdem-how-to-play-action

テキサスホールデムポーカーで使用できるアクションは上記の6つとなります。 アクションの順番は、既にベットをしたSBとBBの左隣のプレイヤー、アンダーザ・ガン(UTG)からスタートとなります。

既にSBとBBがベットをしている状態でのスタートですので、UTGがこの流れで行えるアクションは以下の3つになります:

  • コール
  • レイズ
  • フォールド(ゲームを降りる)

その後、時計回りでアクションを続けていきます。 アクションはフォールドしなかった参加者全員のベット額が同じ額で揃うまで続きます。

額が揃った時点でゲームの1ラウンド目プリフロップは終了となり、ディーラーはテーブルに出されたチップを全て回収し一箇所にまとめます。まとまってできたチップの山を、ポーカーではポット(pot)と呼びます。ゲームの勝者はこれを全て貰えるわけです!

ゲームの流れ:中盤(フロップ

ここからはテキサスホールデムポーカー、ゲーム中盤の流れです。
フロップはゲームの2ラウンド目と考えて下さい。

まずディーラーはデッキから3枚連続してボードにオープンします。 この状態をフロップと言います。

これで、フロップにカードが3枚、手札に2枚で5枚の役を作ることが可能になりました! みなさん最初に述べたテキサスホールデムのルールを覚えていますか?

“テキサスホールデムポーカーとは… 各プレイヤーに配られる2枚の手札と、場に開かれる共通カードから5枚で構成される役(ハンド)を作り強さを競い合うゲームです。”

ここでまたプリフロップの時と同様に順にアクションを行なっていきます。 アクションは以下の3つの状況になるまで続きます:

  • 全員がチェック(パス)→ゲームの3ラウンド目へ
  • フォールドしなかった参加者全員のベット額が同じ額で揃う→ゲームの3ラウンド目へ
  • 誰かがベット/レイズし、他のプレイヤーが全員フォードする→ベットした人の勝ち

自分の役と、他のプレイヤーのアクションを考察し、最適なアクションを行いましょう。

自分の役が弱い時は潔くフォールドして、これ以上資金を無駄にするリスクを避けるのもアリですし、逆にレイズして強いカードを持っている用に見せる”ブラフ“を行うのもアリです。

このアクションの多さや、高い戦略性がテキサスホールデムポーカーが人気の秘密です!

ゲームの流れ:終盤(ターン / リバー

さて、いよいよゲームの流れで言う、終盤です。フロップの段階では、ディーラーが場に3枚のカードを同時に出しましたが、3,4ラウンド目は1枚ずつカードを出していきます。

texas-holdem-how-to-play-turn-river

場に4枚目のカードが開かれるラウンドをターン、5枚目のカードが開かれるターンをリバーと言います。5枚目以降はカードが追加されることはありません。

これでゲームは終わりとなり、テキサスホールデムポーカーのショーダウンとなります
ショーダウンでは残ったプレイヤーが手札を公開し、役の強さを基準にゲームの勝敗を見ます。

一番強い役のプレイヤーが勝利となり、ポッドにたまっていた全額を受け取ります。

テキサスホールデムポーカーの遊べるオンラインカジノ

テキサスホールデムポーカーはオンラインカジノでも最も人気なゲームの1つですので、ほとんどのカジノで遊ぶことができます。なのでここではカジノトップ5がオススメのオンラインカジノを紹介します!

まとめ
覚えておきたい基本の遊び方とゲームの流れはこれだけです!テキサスホールデムはオンラインカジノの中でも数少ない戦略やスキルが勝敗を左右するゲームです。ルールを覚えたらハマること間違いなし!初心者の方はまずはフリープレイ等で練習してみましょう!
あわせて読みたい>>>ポーカーの基本ルールガイド