ココモ法とは?|利点欠点・最大連敗確率等について徹底解説

この記事では数学的にも証明されており、プロのギャンブラーも使用するシステムベッティング「ココモ法」について徹底解説。ココモ法の利点や欠点は勿論の事、最大連敗確率や損切りラインについても触れていきます。

ココモ法とは?

オンラインカジノで利用できるシステムベッティングの1つに、ココモ法があります。ココモ法とは、負けた時に賭け金を2倍にしていくマーチンゲール法を変化させたシステムベッティングで、1回の勝ちでそれまで損失額をすべて取り返せのるが特徴です。ココモ法は3倍配当のゲームで利用でき、確実に利益を獲得したい方におすすめです。

ココモ法の利点

ココモ法には「資金が少なくても利用可能」「一回の勝ちで利益を出せる」「連敗するほど大きい利益が出る」等の利点があります。

利点1:資金が少なくても利用できる

ココモ法では、連敗した場合でも最初のうちは資金の上がり方が緩やかです。そのため、資金が少ない場合でも利用できるシステムベッティングとして知られています。

100ドル以下の資金でも十分活用できるので、低リスクと言えるでしょう。

利点2:1回の勝ちで利益を出せる

ココモ法は、1度勝利すると損失額を回収するだけではなく、利益を獲得できます。他のシステムベッティングには1サイクルが終了しても利益が出ないものもありますが、3倍配当のゲームを利用するココモ法は必ず手元に利益が残る仕組みになっているのです。

そのため、負けの数が圧倒的に多い場合でも、数回勝利するだけでコツコツと利益をためることができます。

利点3:連敗すればするほど大きい利益がでる

ココモ法で得られる利益は、何連敗した後に勝利するかによって異なります。

そして、ココモ法では勝ちと負けを交互に繰り返した時よりも、負けが続けば続くほど、その後に勝った時の配当額が大きくなります。連敗が続いた場合、利益は以下のように増えていきます。

ゲーム数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
賭け金 $1 $1 $2 $3 $5 $8 $13 $ 21 $34 $55
累計賭け金 $1 $3 $4 $7 $12 $20 $33 $54 $88 $143
勝利時の累計損益 $2 $3 $2 $2 $3 $4 $6 $9 $14 $22

連敗してしまうと賭け金が大きくなるので精神的なプレッシャーが大きくなりますが、その分1勝した時に得られる利益が大きくなります。リスクを取った分ハイリターンが期待できる点がココモ法のおもしろい点だといえるでしょう。

ココモ法の欠点

ココモ法は比較的欠点の少ないシステムベッティングですが、どのような潜在リスクがあるか事前に確認しておきましょう。

欠点1:2倍配当のゲームで利用することができない

ココモ法は3倍配当のゲームで使用するシステムベッティングであり、2倍配当のゲームでは利用できません。ココモ法を2倍配当のゲームで使用した場合、連敗すればするほど損失額が膨らんでしまい、数回勝利したとしてもそれを回収できなくなってしまいます。

カジノゲームでは3倍配当のゲームよりも2倍配当のゲームの方が種類が豊富です。そのため、ココモ法は利用できるゲームが限定されてしまう点がデメリットとして挙げられるでしょう。

欠点2:連敗する可能性が高い

ココモ法は3倍配当のゲームで利用します。そして、3倍配当のゲームでは、勝率は3分の1、つまり33.333..%となります。この場合、運が悪いと連敗が続いてしまうことがあります。例えば、勝率が2分の1の2倍配当のゲームと3倍配当のゲームの5連敗する確率を比較すると以下のようになります。

  2倍配当のゲーム 3倍配当のゲーム
負けの確率 50% 66.666…%
2連敗の確率 25% 約44%
3連敗の確率 12.5% 約29%
4連敗の確率 6.25% 約19%
5連敗の確率 3.125% 約13%

このように2倍配当のゲームでは5連敗する確率は5%未満ですが、3倍配当のゲームでは10%以上もあります。そのため、ココモ法を使用したとしても1勝する前に資金が底をついてしまう可能性があります。

欠点3:マックスベットに達してしまうことがある

ココモ法では勝率が3分の1なので、連敗の可能性があるということを解説しました。そして、連敗した時には賭け金の上がり方が急になるので、その点に気を付けなければいけません。例えば、ココモ法で最初の賭け金を1ドルとして15連敗した場合、以下のように賭け金が膨らんでいきます。

ゲーム回数 勝敗 賭け金 累計損益
1ゲーム目 $1 -$1
2ゲーム目 $1 -$2
3ゲーム目 $2 -$4
4ゲーム目 $3 -$7
5ゲーム目 $5 -$12
6ゲーム目 $8 -$20
7ゲーム目 $13 -$33
8ゲーム目 $21 -$54
9ゲーム目 $34 -$88
10ゲーム目 $55 -$143
11ゲーム目 $89 -$232
12ゲーム目 $144 -$376
13ゲーム目 $233 -$609
14ゲーム目 $377 -$986
15ゲーム目 $610 -$1596

最初のうちは賭け金の増え方が緩やかですが、10連敗以上した場合、賭け金の上がり方が大きくなります。この場合、賭け金がテーブルリミットに達してしまい、ゲームを継続できなくなってしまうことがあります。

カジノゲームによってテーブルリミットは異なりますが、低い場合では100ドル程に設定されていることもあります。その場合、最初の賭け金が1ドルで、11連敗した時にテーブルリミットに達することになります。

ココモ法の使い方

ココモ法ではマーチンゲール法と同じように、前回のゲームで賭けた金額を元に、次のゲームの賭け金を決めていきます。

まず、ココモ法で最初の賭け金を1ドルに設定したとしましょう。そして、このゲームで負けた場合、次のゲームでも同額の1ドルを賭けます。

そして、さらに負けた場合、次の賭け金は1ゲーム目の賭け金と2ゲーム目の賭け金を足した2ドルを賭けます。このゲームでも負けた場合、次のゲームでは2ゲーム目の賭け金と3ゲーム目の賭け金を足した、3ドルを賭けます。そして、同じように計算し、5ゲーム目では5ドルを賭けます。

このようにココモ法では前回と前々回の賭け金を合算したものを次のゲームで賭けていきます。負けが続いた場合は、以下のように賭け金を設定していきます。

  勝敗 賭け金の求め方 計算式 賭け金
1ゲーム目 $1
2ゲーム目 $1
3ゲーム目 1ゲーム目と2ゲーム目の合計 1+1 $2
4ゲーム目 2ゲーム目と3ゲーム目の合計 1+2 $3
5ゲーム目 3ゲーム目と4ゲーム目の合計 2+3 $5
6ゲーム目 4ゲーム目と5ゲーム目の合計 3+5 $8
7ゲーム目 5ゲーム目と6ゲーム目の合計 5+8 $13
8ゲーム目 6ゲーム目と7ゲーム目の合計 8+13 $21
9ゲーム目 7ゲーム目と8ゲーム目の合計 13+21 $34
10ゲーム目 8ゲーム目と9ゲーム目の合計 21+34 $55

そして、勝利した場合は、賭け金を最初の1ドルに戻します。ここでココモ法の1サイクルが終了となり、利益を獲得できます。

ココモ法は負けたら賭け金を増やす、勝ったら最初の賭け金に戻す、というとてもシンプルなルールなので、誰でもすぐに実践で活用できます。

どんなゲームに使える?

ココモ法が利用できるのは、カジノゲームの中でも3倍配当のゲームで利用できます。3倍配当のゲームはルーレットのColumn(カラム)とDozen(ダズン)のみとなります。

ルーレットのカラムベットでは、テーブルの同じ列に並んでいる12の数字に賭けます。

この際、数字は「1 4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34」、「2 5 8 11 14 17 20 23 26 29 32 35」、「3 6 9 12 15 18 21 24 27 30 33 36」のようにグループ分けされています。

一方でルーレットのダズンベットでは、数字は最初の12(1~12)、2番目の12(13~24)、最後の12(25~36)というように分けられます。ともに勝率は3分の1であり、勝利した際には賭け金の3倍が払い戻されます。

ルーレットの基本ルールについてはこちらから>ルーレット完全攻略ガイド|ルール・賭け方・必勝法など

ココモ法 シュミレーション

ここではココモ法を実際に使用した時の例を紹介します。

1ゲーム目

このシミュレーションでは最初の賭け金を1ドルとします。そして、最初のゲームで負けたとしましょう。この場合、累計損益は-1ドルとなります。

2ゲーム目:

ココモ法では前回と前々回のゲームの合計を賭けますが、この時点ではまだ2ゲーム目なので、1ゲーム目と同じ金額の1ドルを賭けます。

そして、この2ゲーム目でも負けたと仮定しましょう。その場合の累計損益は-2ドルとなります。

3ゲーム目:

ここでは1ゲーム目と2ゲーム目の賭け金の合計である2ドルを賭けます。そして、このゲームでも負けたと仮定すると累計損益は-4ドルとなります。

4ゲーム目:

このゲームでの賭け金は2ゲーム目と3ゲーム目の賭け金の合計である3ドルです。そしてここで初めてゲームで勝利したとしましょう。すると払い戻し金は9ドルであり累計損益は2ドルとなります。

5ゲーム目:

4ゲーム目で勝利したのでここでの賭け金は最初の1ドルに戻ります。この流れでゲームを進めていくと以下のようになります。

ゲーム回数 賭け金 勝敗 配当 累計損益
1ゲーム目 1ドル × 0ドル -1ドル
2ゲーム目 1ドル × 0ドル -2ドル
3ゲーム目 2ドル × 0ドル -4ドル
4ゲーム目 3ドル 9ドル 2ドル
5ゲーム目 1ドル × 0ドル -1ドル
6ゲーム目 1ドル 3ドル +2ドル
7ゲーム目 1ドル × 0ドル +1ドル
8ゲーム目 1ドル × 0ドル 0ドル
9ゲーム目 2ドル × 0ドル -2ドル
10ゲーム目 3ドル × 0ドル -5ドル
11ゲーム目 5ドル × 0ドル -10ドル
12ゲーム目 8ドル 24ドル +6ドル

このようにココモ法では、1勝したタイミングで必ず利益が出るようになっています。もしこれを2倍配当のゲームで使用した場合、払い戻し金でそれまでの損失額を回収できないので、損失が膨らんでしまいます。

例えば2倍配当のゲームだとすると、4ゲーム目で勝利した場合でも配当が6ドルであり、累計損益は-1ドルとなります。

3倍配当のゲームでココモ法を上記のように繰り返していくと、確実に利益を積み重ねることができるのです。

ココモ法最大連敗確率

ココモ法での欠点でも紹介した通り、ココモ法では連敗が続いてしまう可能性があります。

数学的に考えると、3倍配当のゲームで延々と負け続けるということはあり得ませんが、まれに負けが続いてしまうことがあります。

連敗が続く可能性を表にすると以下のようになります。17回連敗する確率は1万分の1であり、かなり低いことがわかります。

これらの数字をみると、かなり調子がわるくて連敗が続いた場合でも、10連敗以上することはほとんどないといえます。

ゲーム数 連敗の確率 賭け金
1ゲーム目 66.67% 1
2ゲーム目 44.44% 1
3ゲーム目 29.63% 2
4ゲーム目 19.75% 3
5ゲーム目 13.17% 5
6ゲーム目 8.78% 8
7ゲーム目 5.85% 13
8ゲーム目 3.90% 21
9ゲーム目 2.60% 34
10ゲーム目 1.73% 55
11ゲーム目 1.14% 89
12ゲーム目 0.75 144
13ゲーム目 0.5% 233
14ゲーム目 0.33% 377
15ゲーム目 0.22% 610
16ゲーム目 0.14% 987
17ゲーム目 0.09% 1597

ココモ法の損切りライン

ココモ法は1回勝てば利益を出すことができます。また、連敗すればするほど利益が大きくなるという特徴があります。これにより、損切りをせずにいつまでもココモ法を継続してしまうプレイヤーがたくさんいます。つまり、1回の勝利を期待して、ゲームにのめりこんでしまうのです。しかし、テーブルリミットや資金を考慮すると、ある程度連敗した時点で損切りをする必要があります。

まず、資金が不足してきたら早めに損切りをするといいでしょう。このまま連敗したら後2回しかゲームが継続できない、という状況であればかなりリスクが高いので、一度ココモ法をリセットして、賭け金を最初に戻すのがおすすめです。

また、資金に関係なく、〇連敗したらリセットするというようにあらかじめ損切りポイントを決めておくのも大切です。

3倍配当のゲームでは連敗が続くこともが考えられるので、あらかじめ損切りについて考えておくことが大損しないためのポイントです。

ココモ法とモンテカルロ法を比較

システムベッティングの中でも最も知られているものがモンテカルロ法と呼ばれるものです。ここでは、ココモ法とモンテカルロ法を比較します。

モンテカルロ法とは

モンテカルロ法は守りのタイプのシステムベッティングであるため、カジノを始めたばかりの初心者にもおすすめです。モンテカルロ法は、ココモ法とは異なり、3倍配当のゲームだけではなく、2倍配当のゲームでも利用できます。

まず、モンテカルロ法では最初に3つの連続した数字を用意します。この3つの数字は資金に合わせて好きなものを選ぶことができます。リスクを抑えたいのであれば小さい数列、利益を生み出したいのであれば大きい数字を設定します。

ここではわかりやすいように数列(1,2,3)を使って解説します。

モンテカルロ法では数列の両端の数字を足したものを賭け金として設定します。そのため、数列が(1,2,3)の場合は、両端の1と3を足した数字である4ドルが賭け金となります。

そして、ゲームで負けた場合は賭け金を数列の右側に足します。つまり数列は(1,2,3,4)と変化します。

一方でゲームで勝った場合は、数列の両端の数字を削除します。この際、2倍配当のゲームは両端から1つずつ、3倍配当のゲームでは両端から2つずつ数字を削除するのがポイントです。2倍配当のゲームであれば、数列は(1,2,3)から(2)と変化します。

モンテカルロ法では勝ち負けによって、上記のルールに従って数列に数字を加えたり、削除したりを繰り返します。数列に数字が1つしか残っていない場合、または数字がなくなった場合、これ以降ゲームを継続できません。つまり、このタイミングがモンテカルロ法の勝ちポイント、利益が出たタイミングとなります。

1サイクルが終了したら、また数列を最初の(1,2,3)に戻してゲームを再開します。このようにモンテカルロ法では数列を使用するので、ココモ法とはやり方が大きく異なります。

モンテカルロ法について詳しくはこちらから>モンテカルロ法とは?|利点欠点・使い方等をわかりやすく解説!

利益を生みやすいのはココモ法

ココモ法では1勝した時に利益が確定します。しかし、モンテカルロ法では1勝しただけでは利益を出すことができず、数列の数字の数が1または0になるまで勝ち続けなければいけません。

そのため、モンテカルロ法では利益を出すまで長く時間がかかってしまうことがあるのです。さらに、モンテカルロ法を2倍配当のゲームで利用した場合、1サイクルが終了した時でも、稀に利益が出ない場合があります。

一方でココモ法では、1勝したタイミングで必ず利益が出るようになっています。そのため、確実に稼ぎたいのであれば、モンテカルロ法よりもココモ法の方が向いているといえます。

簡単なのはココモ法

モンテカルロ法は人気のシステムベッティングですが、数列を使うため紙とペンを用意しなければいけないというデメリットがあります。また、数列の数字を追加したり削除したりを繰り返すので、慣れていない場合計算を間違えてしまうことがあります。

一方でココモ法では前回と前々回の賭け金の合計を次のゲームで賭けるだけなので、とてもシンプルです。そのため、初心者でも簡単に実践で使用できます。

資金が少ない場合はモンテカルロ法

ココモ法とモンテカルロ法はともに賭け金の上がり方が緩やかなシステムベッティングです。しかし、ココモ法に関しては10連敗以上になると、賭け金の上がり方がいきなり急になります。そのため、資金が少ないと、途中でゲームを継続できなくなってしまうことがあります。

一方でモンテカルロ法では、連敗数に関係なく常に賭け金は緩やかに上昇するので、資金が少ない方でも安心して取り組めます。

幅広く使えるのはモンテカルロ法

ココモ法は3倍配当のゲームでしか効果が得られませんが、モンテカルロ法は2倍配当のゲームと3倍配当のゲームで効果を得られます。

3倍配当のゲームはルーレットのカラム、ダズンに限られてしまいますが、2倍配当のゲームにはルーレットの赤・黒、奇数・偶数、ハイ・ロー、ブラックジャック、バカラなどたくさんのゲームがあります。

そのため、ゲームに限定されることなくシステムベッティングを使用したいのであれば、モンテカルロ法の方が利便性が高いといえます。

よくある質問:ココモ法

ココモ法はどんな人におすすめですか?

ココモ法は、リスクを抑えつつも確実に利益を生み出すことができるシステムベッティングです。そのため、リスクは取りたくないけど、ある程度の利益も得たい、という人におすすめです。ココモ法はシステムベッティングの中でも、リターンとリスクのバランスのいい戦略です。そのため、カジノゲームを始めたばかりの初心者におすすめです。

ココモ法は競馬やスポーツベッティングでも利用できますか?

ココモ法は競馬やスポーツベッティングでも利用できます。ただし競馬やスポーツベッティングでは「3倍配当」などとオッズが一定ではありません。そのため、スポーツベッティングなどでココモ法を利用する場合は、オッズが3倍前後(2.7~3.3倍ほど)のものに賭けるようにしましょう。

ココモ法はカジノで禁止されていますか?

一部のランドカジノではココモ法の使用を禁止していることもあります。しかし、ココモ法を使用したからと言ってカジノ側の利益が極端に減るわけではないので、ほとんどのランドカジノではココモ法を使用しても問題ありません。また、オンラインカジノでは基本的にシステムベッティングに関して利用規約に記載していないので問題なく使用可能です。

マーチンゲール法とココモ法の違いは何ですか?

マーチンゲール法とココモ法は、共に1度の勝利でそれまでの損失額を回収できるという特徴があります。しかし、ココモ法は前回と前々回のゲームの賭け金の合計を次のゲームの賭け金に設定するのに対しマーチンゲール法では前回のゲームの賭け金の2倍を次のゲームで賭けます。それゆえ賭け金の上がり方に大きな違いがあります。

ココモ法と相性がいいゲームはどんなゲームですか?

A5.まず、ココモ法を使用するには配当が3倍のゲームを選ばなければいけません。次に、連敗することを見越して、テーブルリミットが高く設定されているゲームを選ぶのがいいでしょう。テーブルリミットが100ドル、200ドルなど低い場合、賭け金がこれに達してしまい、強制的に損切りをしなければいけなくなってしまいます。

ココモ法を他のシステムベッティングと組み合わせることはできますか?

ココモ法を利用してより利益を得たいのであれば、2コラム2ダズンベット法と合わせるのがおすすめです。2コラム2ダズンベット法はココモ法の勝率の低さを補ってくれるので、高い勝率を維持しつつ高配当を狙えるようになります。

最終更新日: