ブラックジャックのルールと攻略法

ブラックジャックをご存知ですか?手塚治虫さんの漫画でもでブラックジャックというストーリーがあるくらい有名なテーブルゲームです。またカジノではよく映画のシーンで必ずと言っていいほど登場する定番中の定番のカジノゲームです。カジノゲームの花形といえば、ブラックジャックをおいて他にはないと言っても過言ではないでしょう。日本人にも馴染みの深いこのゲームは欧米では知名度も非常に高く有名なゲームです。

このゲームのやり方ですが、ゲームを最初プレイする際に、ディーラーはプレイヤー全員に2枚のカードを配ります。ディーラー自身には1枚のカードを裏向きにもう一枚を表向きに配ります。裏向きに置いてあるカードのことをホールカード、表向きのカードをアップカードと呼びます。ブラックジャックはシンプルなゲームで自分とディーラーの1対1の勝負です。手持ちのカードは2枚からスタートして、合計の数字が21に近くなれば勝ちを意味します。例えば同じテーブルに複数のプレイヤーがいようとも勝敗には無関係で、勝負は自分(プレイヤー)とディーラーの1人だけです。

blackjack

ブラックジャックをプレイヤーがする際に使うてーぶるは大体6~7人座ることができるようになっています。ゲームを始める際、まずは掛け金をサークルの位置におきます。サークルにはカジノに関係するロゴがデザインされている場合が多いです。ゲームはジョーカーを除き、52枚のトランプを1デッキとして用います。使用するデッキは1~8までありますが、一流カジノの低いデーブルでは6デッキを用いているところが多いです。

ゲームの目的はいたって簡単で、勝敗はカードの合計が21を超えることなく、かつディーラーよりも合計が大きくなれば勝ちなのです。そうでなければ負けと、いたってシンプルです。もし勝てば最初の掛け金と同額が配当となります。負ければもちろん掛け金が没収されます。最初に配られた2枚のカードが絵札(10を含む)とエースの組み合わせの時は「ブラックジャック」という役になり、掛け金の1、5倍が配当となります。しかし、もしディーラーがブラックジャックになった場合は引き分けとなります。

もし最初に配られたカードの2枚が絵札(10を含む)とエースの組み合わせの場合は、「ブラックジャックを」という役になります。掛け金の1、5倍が配当となりますが、ディーラーもブラックジャックであった時には引き分けとなります。また、絵札は全て10として数えられるため、エースは11としてもプレーヤーの有利になるように数えることが可能です。エースを11として数えたハンドのことを「ソフトハンド」と呼びます。エースとハンドを組み合わせた場合、「ソフト18」のハンドとも呼びます。これに対してエースを含ないハンドのことを、あるいはエースを1として数えた手を「ハードハンド」と呼びます。6とジャックの組み合わせはハード16です。

ゲームの進行方法

まずはテーブルにつきましょう。ブラックジャックに使うテーブルは、 通常6~7人が座ることが出来ますが、オンラインカジノでも同様です。ゲームを始めるには、まず賭金をサークルの位置に置かなければなりません。ルールは前述したように3枚以上のトランプのカードの合計が21に近ければ勝ちです。まずはカードの数え方を覚えましょう。

初めにディーラーは、それぞれのプレーヤーに2枚のカードを配る。また、ディーラー自身には、1枚のカードを裏向きに、もう一枚を表向きに配る。裏向きのカードのことをホールカード(hole card)、表向きのカードをアップカード(up card)と呼びます。

通常1,2デッキの場合には、全てのカードをディーラーが手に持ったままでゲームを進行しますが、これをハンドヘルド(HandHeld)ゲームと呼んでいます。

一方、シュー(Shoe)ゲームとは、4デッキ以上の場合、シュー(Shoe)と呼ばれる未使用のカードを入れておくボックスからカードを配るゲームのことです。

カードの数え方
2〜10の場合
2〜10は、トランプの数字と同じでそのまま番号通り数えます。トランプのカードが「2」であれば、そのまま2と数え、「5」であればそのまま5と数えます。当然「10」であれば10と数えます。

J11 Q12 K13の場合

J(11)、Q(12)、K(13) の絵札は、トランプの数字でなくすべて「10」で数えます。この点は、普通のトランプと違いますので事前に暗記しておきましょう。

A(エース)
エースは特別のカードでブラックジャックでは、「1」もしくは「11」と数えます。手持ちのカードを見て、エースを「1」と数えるか「11」と数えるかをプレイヤーが決めることができるので、非常に有利なカードといって良いでしょう。

ブラックジャックの勝敗はどう決まるの?

必ずプレイヤー(自分)から手を確定させ、全員完成してからディーラーの番になる為、21を越えた場合は、バースト(バスト)と呼び、無条件で負けが確定します。仮に、双方がバーストでも、先に負けが確定してる為、引き分けにはなりません。

ブラックジャック(10「J,Q,K含む」と「A」の組み合わせの事)と、3枚以上で21を作った場合では、ブラックジャックが優先勝ちになります。さらに、ブラックジャック同士の場合は引き分けでは無く、ディーラーの勝ちになります。また、引き分けの場合はプッシュ(スタンドオフ)と呼び、全額払い戻されます。

プレーヤーのカードは数字が見えるように表向きに配られてると以前に言いましたね?またディーラーのカードは1枚は上に向いており、もう1枚は下に伏せてあるとも言いましたね?これがブラックジャックというゲームを面白くさせているポイントなのです。最初に配られた時点ではディーラーの2枚のカードの合計がいくつあるのかプレイヤーからは分かりません。プレイヤーはディーラーのアップカードの数字を見ることによって、自分のカードをさらに追加するかしないかを考えて勝負するのです。

ブラックジャック ストラテジー・カードカウンティング

簡単なカードカウンティングの手順

カウンティングとはデッキの状態がユーザーにとって有利か不利かを見定めるためのストラテジーです。そのためには残りのデッキにハイカードが相対的に多いか少ないかを知ることが重要です。カードカウンティングカウンティングは一般的に難しいスキルと思われがちですが実はポイントさえ把握すれば意外と簡単な技術になります。ここではカウンティングを行うための手順を紹介します。

カウンティングとは何か。

ギャンブルの聖地であるラスベガスでは毎年ブラックジャックのテーブル1台につき25万ドルもの売り上げが立つと言われています。実際はプレーヤーが負けるからこそカジノ産業が儲かる仕組みになっているのですが、適切なプレイを心がければブラックジャックはほぼ高い確率で勝てるゲームといえます。カードカウンティングとは一見非常に難しいイメージを持たれ、プロの人しかできない技と言われがちです。でも理論は至ってシンプルです。

すでにプレイされたカードをじっくり観察することで残りのデッキの状態がユーザーにとって有利か不利かを見極める。それだけです。現在のカードカウンティングのベースはそれぞれのカードに数値を割り当てることです。誰でもできるようシンプルなカウント方法として人気になったのがHigh Lowシステムと呼ばれるものです。

ライブディーラーでカウンティングの利点

カモフラージュの必要性がほとんどないのが大きなポイントです!リアルカジノのカウンターはカウンティングを行っていることをばれないためにたとえカウントがプレーヤーにとって有利であってもベット額の増加をしないです。しかしオンラインカジノの場合、カウントがプラスなら常に最大額をベットできます。

また、カウンティングの情報を入手するのが簡単なため、カウンティング用のソフトウェアを使用してもバレません。効率が上がります。日本人プレーヤーの場合、わざわざラスベガスなどの本場カジノに行かなくてもPCさえあれば本場さながらのカジノ体験ができるので、カウンティングできる環境が揃っています。

blackjack

オススメのブラックジャックは、ベラジョンやジャックポットシティです。ジャックポットシティのブラックジャックはライブディーラーとプレイボーイバージョンと2通りありますが、どちらも条件は同じです。ジャックポットシティは日本語サポートも整っています!

Casitabi 50 USD Bonus - Casinotop5.jp