スポーツベットの始め方ガイド

この記事はスポーツベット(スポーツの結果に対しての賭け)に興味がある方に向けた、スポーツベット入門記事になっています。『カジノゲームはプレイした事あるけど、スポーツベットは試した事がない』『オリンピックも開催されるし今の内にブックメーカーに登録しておきたい!』そんな方達にオススメです。

よく聞くブックメーカー/スポーツベットって何?

ブックメーカー(Bookmaker)とは、簡単に言うと政府公認で公的に賭けを開催している企業のことを指します。賭けの対象は主にスポーツが多いですが、時にはブックメーカーを通して大統領選挙の結果や王室のプリンスの名前などが賭けの対象になることも。テレビのニュースなんかで「英国大手ブックメーカーの予想では…」なんて聞いたことありませんか?

そして、これらブックメーカーを通しスポーツの結果に対して賭ける行為をスポーツベット/スポーツベッティング(Sports betting)と呼びます。日本でこそ一般的に浸透している訳ではありませんが、欧米ではスポーツベットは公的に行われており非常に人気です。街中でブックメーカーを見かける機会も多いですし、サッカーをはじめとするスポーツの試合の日なんか盛り上がり方は尋常じゃないです。

スポーツベットの仕組み

スポーツベッティングのプロセス

①お好きなブックメーカーに登録する
まずは自分好みのブックメーカーを見つけ登録してみましょう(カジノトップ5のおすすめブックメーカーリストをご参考に)。ブックメーカーによっては登録ボーナスを提供している場合もあります。

②入金方法を選択
入金方法にはクレジットカード、電子決算サービス(エコペイズ・アイウォレット等)、ヴィーナスポイント、仮想通貨などがあります。

③ブックメーカーに入金
お好きなブックメーカーと入金方法が決まったら実際に入金してみましょう。スポーツベットも完全に初めての入金の場合は1万円くらいの入金をオススメしています。

④ベットする
いよいよ実際にベットする時です。オッズとリサーチを元に好きな結果にベットしてみましょう。もちろん無理なベッティングは厳禁です。

⑤勝利金を出金する
勝利した皆さんおめでとうございます。勝利金を出金してみましょう。1つ注意点として出金方法は基本的に入金方法と同じである必要があります。

スポーツベットとオッズ

ブックメーカーカジノエックスのオッズ
カジノエックスのスポーツベッティング。矢印先にオッズが表示されています。

スポーツベットを始めて一番聞くであろう言葉が「オッズ(Odds)」です。オッズとは一言で言うならブックメーカーの設定した倍率。例えばオッズが3.1倍の場合、1000円賭けて勝ったら3100円戻ってくるということです。プレイヤーはオッズやリサーチした情報を元にベットしていく事になります。

例えばあるチームのオッズが高かった場合、そのチームは負ける可能性が高い(アンダードック )と予想されている事になります。逆にあるチームのオッズが低かった場合、そのチームは勝つ可能性が高いと予想されている事になります。はじめから勝つ可能性の高い賭けなので勝った際の倍率は低いのです。

FIFAバスケットボール優勝国予想オッズの例:

2019年9月に開催されたバスケットボールワールドカップの優勝国予想オッズを例に見てみましょう。あるブックメーカーがシャアしたオッズでは、世界ランク1位のアメリカのオッズは1.52という圧倒的な数字でした。それほどアメリカが優勝するのは当たり前と予想されていた事になります。逆に日本はどうでしょうか? 今ではNBAのワシントンウィザーズでも活躍しているエース八村塁選手の率いた日本。そのオッズはと言うと…1001倍。優勝する事はありえないと言わんばかりのアンダードック扱いでした。しかし日本のバスケのレベルは確実に上がってきています。日本のオッズが上がる日もそう遠くありません。

スポーツベットする際の落とし穴って何?

スポーツベッティングする際にビギナープレイヤーがハマりがちな落とし穴があります。それはブックメーカーが公表しているオッズだけを元に賭ける事です。確かにオッズの高さには勝敗の確率が大きく関わっていますが、上記で述べた通りオッズはブックメーカーが”調整した”予想であり勝敗の確率を直接的に示す数字ではありません

実施の所、ブックメーカーは勝敗を気にしていません。何故なら事前にどちらが勝っても儲かるように(損が出ないように)オッズを設定し、賭けが分散する様にしているからです。

プレイヤーはどう賭けるべき?

では上記を踏まえた上でプレイヤーはどの様に賭けたらいいのか?

ーまず大切なことはオッズに含まれていない勝敗に少しでも関わる要素を見つける事です。オッズやこれまでの戦歴は簡単に見つかりますし、賭けの対象を判断する上で一番大切な要素なのは間違いありません。しかし、勝利の確率をあげるには更なるリサーチ力が必要となってきます。

例えばですが、FIFAバスケットボールの国際大会にNBAで活躍している3ポイントシューターが参加するとします。これだけ聞くと、そのチームにとって単純に大きなプラスに聞こえます。プラスなのは確かなのですが、賭けをするからにはFIFAとNBAでは3ポイントラインの遠さが50cmも違う事まで考慮に入れられるといいでしょう。もしかしたら50cmの感覚の差が3ポイントシューターの調子を変えるかもしれません。つまり、スポーツベッティングではこの様な小さな要因を見逃さないリサーチ力が勝利の確立を上げるのです。

もちろん単純に応援しているチームに賭けたり運に任せて賭けるのもありですが、この様にスポーツベットには基本的にスポーツに関する知識やリサーチ力が関わってきます。

スポーツベットの種類

スポーツベットの種類

一口にスポーツベットと言っても、実はスポーツベットには沢山の種類があります。そこで、ここでは代表的なスポーツベットの種類を紹介していきます。

フィックスドオッズベッティング

多くのブックメーカーが提供している賭け方が、フィックスドオッズスポーツベッティングです。これはスポーツベットの中で最もスタンダードな賭け方であり、多くの人が利用しています。

フィックスドオッズベッティングでは、ベットをした後にオッズが変動したとしてもベットをした時のオッズに基づいて配当が支払われます。そのため、フィックスド(固定された)という名称がつけられています。

フィックスドオッズベッティングではベットできるのは試合が始めるまでとなります。試合が始まった場合は、一切ベットすることができません。

フィックスドオッズベッティングはすべてのブックメーカーが提供しているシンプルな賭け方です。そのため、スポーツベットを始めたばかりの人は、このフィックスドオッズベッティングからスタートするのがいいでしょう。

インプレーベッティング

インプレーベッティングはライブベッティングとも呼ばれます。インプレーベッティングでもオッズは常に固定されていますが、フィックスドオッズベッティングと決定的に違うところは、インプレーベッティングでは試合開始後にベットができるという点です。

つまり、試合前までにベットするのがフィックスドオッズベッティング、試合開始後にベットするのがインプレーベッティングということです。インプレーベッティングでは結果が出る直前までベットができるのが特徴です。

インプレーベッティングではスポーツベッティングの賭け方としてはまだ新しく、ここ数年で誕生しました。しかし、インターネットの発展により、インプレーベッティングはすぐに人気を集めるようになり、今ではフィックスドオッズベッティングよりもインプレーベッティングを好むベッターも多くいます。

インプレーベッティングでは試合の勝敗を予想するスタンダードなもの以外にも、豊富な種類が用意されています。例えば「次に得点する選手は?」「次にサービスエースを決めるのはどっち?」などスポーツによっていろいろな賭け方が用意されているのが特徴です。そして、インプレーベッティングではたとえ試合中だとしても結果が確定した時点で配当を得ることができます。そのため、ベットしたわずか1分後に配当が獲得できるということもあります。

また、インプレーベッティングを提供しているブックメーカーの多くは試合の様子をストリーミング配信しています。そのため、ベッターは試合を見ながら同時にベットすることができるのです。インプレーベッティングではオッズは常に大きく変動しており、好きなタイミングで賭けをすることができるのです。試合の流れを見ながら賭けをすることができるので、結果を予想しやすくなるのもインプレーベッティングの特徴です。ただし、試合の流れに応じてすぐにベットできる判断力や分析力が求められます。

また、インプレーベッティングでは試合終了間際まで賭けをすることができます。つまり、結果がほぼ明らかな時に確実に配当を狙うために賭けをすることができるのです。この場合配当は少なくなりますが、負けるリスクを最小限まで下げることができます。

エクスチェンジベッティング

エクスチェンジベッティングも、ここ数年で誕生した新しい賭け方です。そして、近年ベッターの間で人気を集めています。エクスチェンジベッティングはフィックスドオッズベッティングと同じようにオッズが固定されており、試合開始前までにベットします。

フィックスドオッズベッティングとの違いは、エクスチェンジベッティングの場合、ブックメーカーが関与していないということです。

エクスチェンジベッティングにおいてはブックメーカーのサービスを一切必要としていません。と言うのも、エクスチェンジベッティングはベッターとベッターの間で行われるからです。つまり、エクスチェンジベッティングでは、自分とは反対の結果に賭けているベッターとの間で行われるのです。

ここでエクスチェンジベッティングの仕組みをよく理解するために、例を見てみましょう。

Joao SousaのDavid Ferrerのテニスの試合に対して賭けをするとします。そして、エクスチェンジベッティングが以下のように設定されているとします。

  • Joao Sousa:バック3.6、レイ3.65
  • David Ferrer:バック1.38、レイ1.39

通常のベットであれば、1つの選手に対して1つのオッズのみが設定されます。しかしエクスチェンジベッティングにおいてはそれぞれの選手に対して2つずつオッズが設定されるのです。そして、それぞれのオッズには「バック」と「レイ」があります。

そして、Sousaが勝つと予想する場合は、Sousaのバック、またはFerrerのレイに賭けることになります。

これらの2つのオッズは、すでにベットした人の賭け分を表しています。エクスチェンジベッティングはベッター間でオッズの売買をしていると考えるとわかりやすいでしょう。

このように考えた場合、バックはベットを買うこと、レイはベットを売ることを意味します。これまでのベッティングではブックメーカーがオッズを受ける側となり、提示されたオッズをベッターが購入しますが、エクスチェンジベッティングではベッター間でオッズの売買が行われ、ブックメーカーは手数料を徴収するだけ、という形式をとります。

スプレッドベッティング

スプレッドベッティングとはストレートベットやハンディキャップベットとも呼ばれます。スプレッドベッティングと名称が似たものにポイントスプレッドベッティングというものがありますが、この2つを混同しないようにしてください。ポイントスプレッドベッティングは主にアメリカで人気の賭け方ですが、正確にはスポーツベッティングの賭け方の1つでありません。

スプレッドベッティングとは、トータルベッティング、またはオーバー/アンダーベッティングにいくつかの点で似ています。トータルベッティングでは、最終スコアがブックメーカーが設定した数字よりも高いか低いかを予想します。

例えば、バスケットボールでのスコアを想定してみましょう。そして、ブックメーカーがトータルスコアを191.5と設定したとします。そして、オーバーに賭ける場合は、スコアが192点以上になると予想したことを意味します。スコアが191点以下だと予想する場合は、アンダーに賭けます。つまり、トータルベッティングでは予想が正しいか、正しくないかによって勝敗が決まります。

そして、予想が的中した場合は、設定されていたオッズに基づいて配当が支払われます。予想が外れた場合は、賭け金は没収となります。

一方でスプレッドベッティングでは、単に予想が正しいか正しくないかで賭けの結果が決まりません。スプレッドベッティングでは、どれくらい正しいか、どれくらいまちがっているかによって賭けの結果が決まるのです。

例えば、バスケットボールの試合で以下のようにトータルポイントが設定されていると仮定します。

トータルポイント190:192

この時、190:192という数字はスプレッドと呼ばれます。そして、ベッターは192でスプレッドを購入するか、190でスプレッドを売るかの2つから選択することができます。この時、オッズは固定されていないのが特徴です。

そして、スプレッドベッティングをする際は、1つのユニットに対してどれくらい賭けたいかを決めなければいけません。勝敗は最終スコアがスプレッドからどれくらい離れているかによって決定されます。

192を10ドルで買った場合、ポイントが192よりも大きければ1ユニット=1ポイントにつき10ドルずつ獲得することができます。つまり、最終スコアが195の場合は、30ドルの利益が出るということになります。一方で190を10ドルで購入した場合、190より少ない分だけ10ドルが獲得できます。例えば最終スコアが185の場合は、50ドルを獲得できるということです。

また、スプレッドベッティングにおいては賭けに負けた場合、単に賭け金が没収されるのではなく、スプレッドに応じて資金が没収されます。192を10ドルで買って最終スコアが185だったとしましょう。この場合、賭けがはずれであり、最終スコアと7点の開きがあります。この場合、70ドルを支払うことになります。賭け金に関係なく没収金額が無限に大きくなってしまうので、スプレッドベッティングは非常にリスクが大きい賭けだといえます。

このようにスプレッドベッティングは他のベッティングとは方法が全く異なり、オッズが設定されておらず、負けた場合に支払う金額が賭け金よりも大きくなることがあるのです。

ファンタジースポーツ

ファンタジースポーツとはスポーツベットとは種類が異なります。試合の結果に対して賭けるわけではなく、まったく新しいスポーツの楽しみ方となります。

ファンタジースポーツでは、実在するスポーツ選手の中から好きな選手を自由に選んで、自分だけのチームを作ります。現在ファンタジースポーツの対象となっているスポーツにはサッカー、F1、MMA(総合格闘技)、テニス、ホッケーなどがあります。

そして、自分が選んだ選手の現実世界の選手の活躍状況によって、チームにポイントが加算されたり、減点されたりします。例えば、サッカーの場合はPKを決めると〇点獲得、レッドカードで〇点減点、アシストで〇点獲得、ファウルで〇点減点などのように設定されています。そして、シーズンが終わった時に自分のチームが合計で何ポイント獲得しているかによって、勝敗が決まります。

また、1週間程度の短い期間で獲得ポイント数を競うデイリーファンタジースポーツというものもあります。

デイリーファンタジースポーツでは、コンテストという形で行われるため、参加料が取られます。そして、この参加料から賞金が支払われる仕組みとなっているので、参加者が多ければ多いほど賞金額も大きくなるのが特徴です。

その他、トーナメント形式ではなく、シーズン中に1対1で他のプレイヤーのチームと定期的に勝負することもあります。

ファンタジースポーツではシーズン中に選手の調子などのよって、登録メンバーを変更することもできます。そのため、選手の活躍具合をうまく分析しつつ、チーム編成をする判断力が求められます。

さらに、ファンタジースポーツには独占スタイルとオープンスタイルというものがあります。独占スタイルとは選手を重複して獲得できない形式のことをいいます。

この独占スタイルでは、すでに他のプレイヤーのチームに所属している選手は、自分のチームに含めることができません。同じように、自分が選んだ選手は他のプレイヤーは選ぶことができません。

一方でオープンとは独占スタイルとは逆で、自分の好きな選手を自由に選んでチームを構成することができる形式を指します。すでに他のプレイヤーが選んでしまった選手であっても自由に選択肢して、ファンタジーチームを作ることができます。

パリミュチュエルベッティング

パリミュチュエルベッティングとは、フィックスドオッズベッティングに次いで古い賭け方であり、19世紀に誕生しました。これは、Joseph Ollerという男性が考え出した賭け方であり、ブックメーカーのマージンを減らす目的で誕生しました。そして、ブックメーカーがいなくても賭けができるようにしたのです。

パリミュチュエルベッティングのやり方はとてもシンプルです。パリミュチュエルベッティングでは、ベッターの賭け金を賞金プールとして、ここから賞金を支払います。これによってブックメーカーがいなくてもスポーツベットをできるようにしたのです。

例えば、チームAとチームBが試合をしたとしましょう。この時、100人がチームAに10ドルを賭け、50人がチームBの勝利に10ドルを賭けたとします。

この時賞金プールは1500ドルとなります。そして、試合が終了しチームAが勝利したとします。この場合、賞金プール1500ドルがチームに賭けた100人のベッターで山分けされます。つまり、それぞれのベッターが15ドルを獲得できるということになります。もしもチームBが勝利した場合は、1500ドルが50人で山分けされることになるので、1人あたり30ドルを獲得します。

実際には1人1人の賭け金は異なるのでこれほどシンプルにはなりませんが、これが基本的なパリミュチュエルベッティングの考え方となります。

Eスポーツベッティング

Eスポーツベッティングは、スポーツベットの中でも最も新しい賭け方です。Eスポーツベッティングではその名の通り、通常のスポーツに賭けるのではなく、Eスポーツベッティングの結果を予想します。

Eスポーツのトーナメントは1970年代から始まり、現在では世界中で開催されるほど人気になりました。そして、ブックメーカーでもEスポーツベッティングが賭けの対象として取り上げられるようになり、優勝者を予想したりなどギャンブルとして楽しめるようになったのです。

Eスポーツの中でもCall of Duty、Dota 2、Counter Strike: Global Offensive、Hearthstone、World of Tanks、Starcraft II、League of Legends、Smiteなどが人気のゲームとして挙げられます。これらのゲームの中にはEスポーツ向けに開発されたもののあり、the Electronic Sports League (ESL)、the International E-sports Federation 、the World eSports Association (WESA)などの世界規模の大会でプレイされています。

どんなブックメーカーがある?

さて実際にどんなブックメーカーが人気なのでしょうか?ここでは日本人の間でも知名度が高くオススメできるブックメーカーをリストにしました。どのブックメーカーもスポーツベッティングだけではなくカジノゲームも楽しめます。

1

人気実力派カジノ

★ 最高20万円の超高額ボーナス
★ 日本円でプレイ可能
★ クレカ/仮想通貨多数

2

業界歴が長く安心

★ 当サイト限定登録ボーナス$40
★ 同アカウントでスポーツブック
★ 賞受賞のモバイルサポート

3

超高額ボーナスあり!

★ 最高20万円の超高額ボーナス
★ 仮想通貨・JCBなど幅広い入出金方法
★ 同じアカウントでスポーツブックも

4

広いプレイヤーのニーズに対応

★ 最大ボーナス$1600
★ 出金上限なし
★ 27種類以上の豊富なライブゲーム

5

ミニマリスト系カジノ

★ 当サイト限定登録ボーナス$15
★ シンプルに直感プレイ
★ 1000以上のゲームラインナップ

6

老舗スポーツブック&カジノ

★ 最大$1800入金ボーナス
★ 日本人サポート365日
★クレカ入金可能

よくある質問:スポーツベットについて

ブックメーカーって何?

ブックメーカーとはスポーツの勝敗などのオッズを公開し賭けを開催している海外運営の企業の事です。プレイヤーの予想が的中した際にブックメーカーはオッズに基づいて賞金を払い戻しします。オッズに関しては本記事から。

スポーツベットの流れを教えて

スポーツベッティングの流れは以下の通り:ブックメーカーに登録>入金方法の選択>入金>予想>ベット>結果をチェック>出金

おすすめのブックメーカーは?

カジノエックスチェリーカジノをはじめとするカジノではスポーツベッティングとカジノゲームを1つのアカウントで楽しめます。

どんなスポーツが対象?

バスケットボールやサッカーなどの定番人気スポーツからスカッシュやセーリング、Eゲームまで。ベッティングの対象は幅広いです。

最終更新日: