ビットコイン系カジノ おすすめ一覧ページ

おすすめのビットコイン(+他の仮想通貨)を取り扱っているカジノを比較しやすい様にリストにしました。1位に輝いたのはビットカジノ。仮想通貨系カジノとして匿名性が高く人気を集めているカジノです。

オンラインカジノの中にはビットコインをはじめとする仮想通貨を使用できるカジノも多いです。仮想通貨には様々な種類がありますが、中でも圧倒的な知名度を誇るのはビットコイン。ビットコインには匿名性の高さや手数料の低さ等のメリットが数多く存在し、カジノには打って付けと言う声も多いです。

ジョイカジノ

超高額ボーナスあり!

★ 最高20万円の超高額ボーナス
★ 仮想通貨・JCBなど幅広い入出金方法
★ 同じアカウントでスポーツブックも

    ビットカジノ

    ★ 最高mB100の100%ボーナス
    ★ 本人確認不要
    ★ 24時間日本語サポート

      ビットスターズ

      優秀さお墨付き!

      ★ 初回入金100%キャッシュバック
      ★ 経験年数3年以上のスタッフ
      ★ 仮想通貨多数対応

        カジノミー

        自分好みにカスタマイズできるカジノ

        ★ $1500ボーナス+200FS
        ★ お得なキャッシュバック
        ★ ここだけのゲーム情報満載

          カジノエックス

          監視トーナメントが熱い!

          ★ 最高20万円の超高額ボーナス
          ★ 日本円でプレイ可能
          ★ クレカ/仮想通貨多数

            その他全てのオンラインカジノおすすめ一覧をチェック。

            そもそも仮想通貨とは?

            そもそも仮想通貨って何?と疑問に思う方もいるかもしれませんね。仮想通貨の指す範囲は広いですが、基本的には言葉の通り「仮想」の「通過」全てを指します。仮想ですので、実際に手に取れる通貨が存在する訳ではなく、オンライン上に存在する通貨です。例えばRPGゲーム等で使用する通貨なんかも仮想通貨の一種です。

            仮想通貨はオンラインカジノにも利用されており、入出金スピードが早い事や、手数料が安い事から高い人気を得ています。かつては仮想通貨の使用できるカジノは限られていましたが、最近ではビットコインをはじめとする仮想通貨を導入するカジノも増えてきました。

            ▶︎ おもしろ豆知識|仮想通貨に関する気になる情報まとめ

            ビットコインについておさらい

            ビットコイン(BTC)は世界初の仮想通貨であり、尚且つ最も知名度の高い仮想通貨です。あまりに知名度が高いことからビットコイン=仮想通貨と捉えている方も多いですが、あくまでビットコインは仮想通貨の一種にすぎません。

            ビットコインの歴史は長く、2008年にインターネット上で「Satoshi Nakamoto(サトシ ナカモト)」という人物が仮想通貨に関する論文をシェアしたのがスタートと言われています。日本人っぽい名前ですが、その身元は不明で、そもそも個人だったのか企業であったのかも謎につつまれています。

            ビットコインの使用方法
            ビットコインの使用方法は多岐に渡り、日常生活での買い物・公共料金の支払い・投資目的でも使用されています。

            ビットコインのメリット
            他の仮想通貨も同じですが、ビットコインには以下の様なメリットがあります: ①個人間での直接送金が可能 ②手数料が低い(無料/激安) ③匿名性が高い

            ビットコインのデメリット
            ビットコインの大きなデメリットとして(特にオンラインカジノ目的で使用する際)挙げられるのが価格変動です。ビットコインも通常の通貨の様に価格が変動します。仮に、価格が暴落するとせっかく稼いだ資産の価値が落ちてしまう可能性があります。もちろん逆のパターンもありますが。

            詳細はこちら▶︎【決済方法】ビットコイン

            ビットコイン以外の仮想通貨は?

            ビットコイン以外にもオンラインカジノに使用されている仮想通貨には様々な種類があります。

            イーサリアム(Ethereum)
            時価総額はビットコインに次ぐ第2位の仮想通貨。ビットコインにはない「スマートコントラクト」と呼ばれる機能が特徴的です。スマートコントラクトとは取引で行われる契約をブロックチェーン上で自動的に実行・保存していく機能であり、より安全な仮想通貨取引に繋がっています。

            詳細はこちら▶︎【決済方法】イーサリアム

            リップル(ripple)
            リップルは仮想通貨なのにブロックチェーンを使用していない珍しい仮想通貨。今最も注目されている仮想通貨の1つで、Google社からも出資を受けています。ここ数年価格が落ちてはいますが、将来的には価格が上昇すると見ている方が多い様です。

            詳細はこちら▶︎【決済方法】リップル

            ライトコイン(Litecoin)
            元Googleエンジニアのチャーリー・リー氏により、ビットコインを元に創り出された(派生された)仮想通貨。送金スピードや取引の処理速度など、ビットコインの抱える問題をカバーしています。またマイニングしやすい事や、発行上限枚数が多い事も、ビットコインとは異なる点です。

            詳細はこちら▶︎【決済方法】ライトコイン