ブックメーカー おすすめ一覧ページ

最終更新日:

ブックメーカーおすすめ一覧

カジノゲームも楽しいけど、スポーツベッティングにはまた別の楽しさがあります。皆さんはどっち派ですか?中にはカジノゲームでは遊ぶけどスポーツベッティングは試した事がない方もいるかと思います。その逆もまた。

オリンピックの開催も目前に迫りよりスポーツに注目が集まる日本。スポーツベッティングをはじめるなら今が一番です。そこで!このページではおすすめのブックメーカーを比較しやすい様にリストにしました。ぜひこのページからカジノトップ5おすすめTOP5ブックメーカーをチェックしてみて下さい。

ブックメーカー おすすめTOP5

カジノトップ5が紹介しているオススメのブックメーカーはこちら。入出金方法が豊富で使い勝手もいいカジノエックスとジョイカジノが上位にランクイン。この2つは運営会社が同じ姉妹カジノですね。その他にランクインしたのはサイトがリニューアルして高評価を得ているチェリーカジノ。そしてウィリアムヒルとネットベットです。

1

超高額ボーナス有り!

✔ 最高20万円の超高額ボーナス
✔ 日本円でプレイ可能
✔ 出金上限なし

2

超高額ボーナスあり!

✔ 最高20万円の超高額ボーナス
✔ 仮想通貨・JCBなど幅広い入出金方法
✔ 同じアカウントでスポーツブックも

3

業界歴が長く安心のカジノ

✔ 当サイト限定登録ボーナス$40
✔ 同じアカウントでスポーツブックも
✔ モバイルオペレーターオブザイヤー受賞

4

幅広いプレイヤーのニーズに対応

✔ 最大ボーナス$1600
✔ 出金上限なし
✔ 27種類以上の豊富なライブゲーム

5

老舗イギリス系カジノ

✔ 最大$150初回入金ボーナス
✔ 本人確認不要
✔ 年中無休24時間サポート

ブックメーカー その他のおすすめ

おすすめTOP5には入らなかったものの、ラッキーカジノにもブックメーカーセクションがあります。全体的なスポーツの種類で他のブックメーカーには劣っていますが、メジャーなスポーツは一通り揃っています。今後もリストは追加されていくのでお見逃しなく。

1

ミニマリスト系カジノ

✔ 当サイト限定登録ボーナス$15
✔ シンプルに直感プレイ
✔ 1000以上のゲームラインナップ

2

賭けるたびにキャッシュバック

✔ 年中利用可能なキャッシュバック
✔ スポーツブック有り
✔ シンプルな直感操作

その他全てのオンラインカジノおすすめ一覧をチェックする。

ブックメーカーってそもそも何?

ブックメーカー(Bookmaker)とはスポーツ等の結果に対する賭けを取り扱っている企業を指します。ブックメーカーはオッズ*をサイト上に公開し、ベットしたプレイヤーの結果が当たった場合に公開していたオッズに応じて勝利金をプレイヤーに進呈します。

*オッズとは一言で言うとブックメーカーが設定した倍率の様な物です。例えばAチームのオッズが2.0と設定されているとします。Aチームに1000円ベットして勝つと、その2.0倍である2000円が賞金として貰えます。

ブックメーカーについての基本的な情報はこちらの記事でも詳しく説明しています>スポーツベッティングの始め方|ブックメーカーって何?

ブックメーカーの歴史

ブックメーカーの歴史

ご存知ギャンブルの歴史は非常に長く、諸説ありますがその起源は人類が文明を築き始めた頃まで遡ると言う意見もあります。もちろんブックメーカーの歴史はそこまで長くないのですが、それでもその歴史は1790年代まで遡ります。

1795年イギリス・サフォーク州のある競馬場でハリー・オグデン(Harry Ogden)という人物が各馬にオッズを振り当て始めた事がはじまりでした。まさに現代のブックメーカー同様、彼は馬の実力に合わせてトゥルーオッズを導き出し、利益が出る様にオッズを調整したと言われています。

次第にハリー・オーデンを真似する人達が現れ、当時ブックメーカーの数はどんどん増えていったそうです。しかし反対の声が多かったのも事実で、1845年には競馬を対象としたギャンブルを禁止する法律がイギリス議会を通過します。これによりブックメーカーの粛清が期待されていましたが、ブックメーカーの勢いは法を持ってしても止まる事はありませんでした。その数は増え続け、全盛期には15,000以上の店舗があったと言います。

結局政府はギャンブルの禁止を断念、ライセンスを発行し規制する方針に変えました。正式にビジネスとして認められたブックメーカーはそのマーケットを広げ続け現在に至ります。

ブックメーカーの楽しみ方は人それぞれ?

ブックメーカーを利用する人は大きく分けて2通り。まずはブックメーカーを利用してお金を本気で稼ぎたい方。そしてエンターテイメントとしてスポーツベッティングそのものを楽しみたい方です。このページを読んでいるあなたはどちらのタイプでしょうか?ちなみにこのページを担当している私は後者になります。

エンターテイメント目的

ブックメーカーをエンターテイメント目的、つまり単純に楽しみたいタイプの人はまず以下の質問に答えてみて下さい。1つでも答えがNOだった場合はブックメーカーの利用を控えることをオススメします。

  • お金を失う事を受け止められる?
  • 責任を持ってギャンブルができる(自分をコントロール)?

2つとも大丈夫な方は予算を設定してブックメーカーを楽しみましょう。ここで言う予算は最大で負けてもいい額です。その額を超えてしまったらそれ以上のベットは控えましょう。ベットするスポーツはやはりランダムで選ぶより、自分が好きなスポーツを選ぶといいです。当然ですが知識もあるし楽しさも倍増です!

お金を稼ぐ目的

ブックメーカーを利用して生計を立てていく!と言う方。スポーツベッティングの経験がある方はお分かりですが、これは簡単な事ではありません。大抵の人は長い目で見ると負けている事がほとんどです。しかし決して不可能な事ではありません。実際にスポーツベッティングだけで生計を立てている人は世界にたくさんいます。

また生計を立てるまではいかずとも、新たな収入源としてスポーツベッティングからお金を稼いでいく事は大に可能です。カジノトップ5ではブックメーカーの攻略記事もこれからどんどんシェアしていくのでお見逃しなく!

ブックメーカーのオッズの見方

ブックメーカーカジノエックスのオッズ
デジマルオッズの例

さて、いざブックメーカーに行くとオッズが小数点表記じゃない!と気がつく時が来るはずです。実はスポーツベットにはオッズの表記方法が「デジマルオッズ」「ファラクショナルオッズ」「アメリカンオッズ」の3通りあります。表記方法を1つに定めているブックメーカーもあれば、表記方法を切り替えられるブックメーカーもあります。

デジマルオッズ(例:1.97)
小数点で表記される最も一般的なオッズ。競馬や競艇等の公営ギャンブルではデジマルオッズが採用されています。

ファラクショナルオッズ(例:6/5)
分数で表記されているオッズ。イギリス系のブックメーカーで採用されている事が多いです。

アメリカンオッズ(例:+120)
+ーで表記されていて100を基準に利益を表すオッズ。+は$100賭けた際に獲得できる金額。ーは$100獲得するのに必要な賭け金額を表しています。

ブックメーカーで投資:両建て(アービトラージ法)とは?

ブックメーカーではオッズが高いチームに賭けると大きな利益が見込めますが、当然負ける可能性も高いです。反対にオッズが低いチームに賭けると勝つ可能性は高いが、小さい利益しか見込めません。大切なのはいかに低いリスクで利益を生み出せるか。

そこで紹介したいのが両建て(アービトラージ)と言う賭け方です。アービトラージは投資の世界では有名な戦略で “本来なら同じ価値をもつ物が別の場所では価値が異なっている時”に使用されます。日本語ではサヤ取りとも言われ、今なお実際に使用されている戦略です。下の画像をご覧下さい。

ブックメーカー アービトラージの例1

同じリンゴが王国Aでは50円で取り引きされていて、王国Bでは500円で取引されています。
価値の低い王国Aで低価格でリンゴを買い、価値の高い王国Bで高価格でリンゴを売るとどうでしょう?差額の450円分利益を生み出す事ができます。これがアービトラージの基本です。

アービトラージはスポーツベッティングにも活かす事が可能です。以下の例を見てみましょう。

ブックメーカー アービトラージの例2

ブックメーカーAでは錦織選手の方がオッズが高く、ブックメーカーBではジョコビッチ選手の方がオッズが高いです。ここでブックメーカーAでは錦織選手に10万円、ブックメーカーBではジョコビッチ選手に10万円それぞれベットしたとします。

錦織選手が勝った場合:勝利金(25万円) – ベット額(10万円+10万円) = 利益(5万円)
ジョコビッチ選手が勝った場合:勝利金(37万円) – ベット額(10万円+10万円) = 利益(17万円)

結果がどちらに転ぶにせよ利益が生まれるのが分かります。これがブックメーカーにおける両建て(アービトラージ法)です。

ローリスクベットは危険?

ブックメーカーでベットしていると1.01倍や1.05倍と言った限りなく1に近いオッズを目にする事があります。これらのオッズは高確率で的中するので利益は少ないですが、勝てる可能性は非常に高いです。こう言ったオッズに賭けることをローリスクベットと呼びます。

『一回の利益は少ないけど勝てる可能性は大。だったら1.01倍から1.1倍程度の試合だけに賭け続けて利益を確実に増やそう。』

当然こう考えつく人は多いですし、ローリスクベットを必勝法として紹介しているサイトも多いです。
確かにローリスクベットはそもそも賭けに勝つ可能性が高く魅力的なのですが、長い目で見ると危険なベット方法でもあります。

と言うのも勝負に絶対はないからです。どんな試合にも所謂番狂わせの可能性はあります。2019年のラグビーワールドカップもいい例です。日本が世界ランク2位の優勝候補アイルランドに勝利した際は”番狂わせ”と言う見出しのニュースが多く見られました。

例えば1.03倍のオッズに10,000円ベットして300円の利益を出し続けていたとします。10連勝すれば3,000円です。確かに一回の利益は少ないですが、高確率で稼げている事は間違いないです。

しかし!上記の日本対アイルランドの様な番狂わせは遅かれ早かれ起こります。するとどうでしょう、一回負けただけで1万円がのみこまれ、10連勝どころか30連勝していたとしても勝利金が全て水の泡となってしまいます。

ブックメーカーで人気のスポーツは?

さてブックメーカーでは様々なスポーツを取り扱っていますが(スポーツ以外にもゲームや政治も)、最も人気のあるスポーツは何でしょう?

ー答えは国によっても変わりますが、世界的に人気があるのはバスケットボールとサッカー。まあ予想通りですね。日本人の間ではこの2つに加えて公的ギャンブルとして認められている競馬も人気です。オンラインでも競馬できるんです!さて、これらのスポーツには以下の様な共通点があり、それらが人気の秘密となっている様です。

  • ベットできる機会が多い
  • 情報が手に入りやすい
  • テレビなどのメディアに露出する事が多い
  • ベッティングの選択肢が多い

やはり上記の点をカバーしているスポーツは、ベッティングもしやすいしスポーツ自体の盛り上がり方も違います。特にサッカーはベットしてスポーツバーに行くと応援に熱がこもります。

ブックメーカーで稼ぎやすいスポーツは?

ブックメーカーで扱っているスポーツの中で稼ぎやすいスポーツってあるのでしょうか?

ー比較的にですが、チームで行われるスポーツより1対1で行われる個人スポーツの方が情報が活きてきます。例えば選手のシーズンの出来/体調をリサーチする場合、バスケットボールなどのスポーツはチーム全体を把握する必要がありますが、テニスなどのスポーツの場合は個々の情報を集めるだけで大丈夫です。

またテニスの試合は基本的にトーナメント形式の為シード権が存在します。大会序盤は実力差のあるシード選手対ノンシード選手の試合が行われるので狙い目です。もちろんオッズは低くなりますが、番狂わせの可能性は低く勝率は高いです。