利益はどう生まれる?ブックメーカーの仕組み

スポーツベッティングの世界の中には何十億円という金額を稼ぐ人もいます。そんな時、『ブックメーカーは利益を得ることができているのか?』と疑問に思う人がいるのではないでしょうか?確かに、ベッターに高額な配当ばかりを支払っていると、ブックメーカーは損益ばかりが膨らんでしまいますよね。

そこでこの記事では、どのようにブックメーカーが利益を獲得しているのかについて紹介します。ブックメーカーの仕組みを理解することで、ベットする際の注意点も見えてくるようになるので必見です。

還元率について

ブックメーカーの利益を考える際に重要となるのが、この還元率と言う言葉です。還元率はペイアウト率、RTPとも呼ばれ、賭け金のうちいくらがプレイヤーに還元されるかを数値で示したもののことを言います。

例えば、還元率が80%の場合、プレイヤーが100ドルと賭けた時に、80ドルをプレイヤーに還元、20ドルはブックメーカー側が利益として獲得することになります。

還元率は決して100%に設定されることはなく、スポーツブッキングにおいては95%前後に設定されています。そのため、全ベッターの賭け金の5%ほどが常にブックメーカーの利益となっているのです。このように還元率を調整することで、ブックメーカーは利益を得ています。

この還元率はブックメーカーによって異なります。ベッターが有利なサイトもあれば、ブックメーカー側に有利なサイトもあります。そのため、より稼ぎやすいブックメーカーを見つけるためには、この還元率を見比べることが大切です。

還元率の設定方法とハウスエッジ

ブックメーカーが還元率によって利益を生み出しているのはわかりましたが、では具体的にブックメーカーはどのように還元率を調整しているのでしょうか?

この時に重要になるのが、還元率と対になる言葉である、ハウスエッジです。還元率が80%の時、残りの20%がハウスエッジとなります。つまり、ハウスエッジとはブックメーカー側の取り分のことであり、マージン(Margin)、コミッション(Commission)、ジュース(Juice)、ビゴリッシュ(Vigorish、略してVig)などとも呼ばれます。

ブックメーカーは利益を得るためにオッズを設定する際に、あらかじめこのハウスエッジを計算しています。

例えば、コイントスをした場合、結果は「表」か「裏」の2つで、両方の確率は50%となります。つまり、的中率は50%であるため、オッズは2倍と設定するのが通常です。ただし、オッズを2倍に設定した場合、ブックメーカーが利益を出すことができません。

例えば、AさんがBさん、Cさんにコイントスのギャンブルを持ち掛けたとします。つまり、Aさんがブックメーカーということです。

この際、勝った人には、オッズ2倍の配当が与えられます。そして、Bさん、Cさんがそれぞれ1万円を賭けると、以下の状態になります。

  • Aさん:2万円の預かり
  • Bさん:表に1万円の賭け
  • Cさん:裏に1万円の賭け

そして、結果が裏だったとします。すると、Bさんが2万円を獲得し、Cさんは賭け金を失います。この時のポイントが、ギャンブルを提供したブックメーカー役のAさんにまったく利益が発生していないということです。

もちろんBさんと、Cさんの賭け金が同額でない場合は、Aさんに利益が生じることもあります。しかし、このように利益を獲得したとしても、ゲームを続けるにつれて収支は0に近づいていきます。そのため、オッズと確率が同じの場合、ブックメーカーとしては利益を得ることができないのです。

このようなマーケットのことをギャンブル業界ではトゥルーマーケット(True Market)、トゥルーチャンス(True Chance)、100%マーケットなどと呼びます。そして、ブックメーカーは利益を生み出すことを目的としているため、オッズと確率を一致させず、これには含まれません。

そこでブックメーカーがどうしているかというと、オッズを設定する際に、ハウスエッジを含ませているのです。ハウスエッジを含んだ場合、オッズが単純に2倍となるのではなく、1.9倍などと設定されます。

先ほどと同じように、BさんとCさんが1万円を賭けたとします。そして、オッズが1.9倍の時で、Bさんが賭けに勝利した場合は以下のようになります。

  • Aさん:1000円の利益獲得
  • Bさん:1万×1.9倍=19,000円の払い戻し
  • Cさん:1万円の損失

オッズを1.9倍にした場合、全額を払い戻す必要がなくなり、Aさん、つまりブックメーカーが利益を得ることができるのです。これはオッズを2倍から1.9倍にすることによって、払い戻し金額より全プレイヤーの賭け金の合計が大きくなったからです。そして、この利益はゲームが繰り返されるにつれて、増えていくため、ブックメーカーは利益を継続して獲得できるのです。

ハウスエッジの計算方法

ここまでブックメーカーがオッズを設定する際にハウスエッジを含んでいるということを解説してきました。ここでは、ハウスエッジは実際にどのように計算できるのかを紹介します。

先ほどの解説で使用したコイントスを例にすると、ハウスエッジは以下の計算式で導くことができます。

(1 ÷ 表のオッズ) × 100 + (1 ÷ 裏のオッズ) × 100

最初の例のようにオッズが2倍の時は以下のような計算になります。

(1 ÷2倍) x 100 + (1 ÷2倍) x 100 = 100%

この時、100%を超えた分がハウスエッジ、つまりブックメーカー分の取り分となります。オッズが2倍の時はブックメーカー側に利益がないため、上記の計算式の結果は100%となります。

次にオッズが1.9倍の時の計算式は以下のようになります。

(1 ÷1.9倍) x 100 + (1 ÷ 1.9倍%) x 100 = 105%

この式で導き出された数値の100%を超えた分がブックメーカーの取り分となります。

つまり、オッズを1.9倍にすると、ハウスエッジは5%となり、賭け金の5%を利益として得ることができるのです。

通常ブックメーカーでは5%前後のマージンが設定されています。また、稀にこのハウスエッジが20%ほどに上げられることもあります。この場合はオッズが低く設定されるということなので、プレイヤーにとっては不利となります。スポーツベッティングにおいては賭け方によってオッズのハウスエッジの設定方法が異なるのが特徴です。

コイントスの場合は結果の確率が一定であるため、確率方式と呼ばれ、常に一定のハウスエッジが組み込まれています。

一方で試合の結果にように結果の確率が異なる、または予想できない場合、運営者が賭け手の嗜好や判断を考慮してオッズを設定します。そのため、ハウスエッジは常に異なります。これはブックメーカー方式と言われています。

スポーツベッティングにおけるハウスエッジの決め方

オッズを決定する際には、まずはハウスエッジを気にせずに合計値が100%になるようにそれぞれの確率を決定します。

例えば、アメリカンフットボールのボルティモア・レイブンズとピッツバーグ・スティーラーズの試合を例にとってみましょう。それぞれのこれまでの試合結果、選手のコンディション、試合が行われるスタジアム、その日の天気など様々な要素を考慮し、確率を以下のように設定したとします。

  • ボルティモア・レイブンズの勝利:56%  
  • ピッツバーグ・スティーラーズの勝利:31%
  • 引き分け:13%  

合計100%

そして、最近の試合結果やチームの人気によって、プレイヤーがどのように賭けるかを予想して、ハウスエッジを追加していきます。ここではハウスエッジを110%まで上げるとします。

  • ボルティモア・レイブンズの勝利:61%  
  • ピッツバーグ・スティーラーズの勝利:34%
  • 引き分け:15%

合計110%

すると、ブックメーカーは総賭け金の10%と利益として設けることができます。

ハウスエッジを追加する際には、オッズコンパイラー(Odds Compiler)が決定します。オッズコンパイラーとはブックメーカーの重要なポジションであり、オッズを作ることを専門にしています。彼らは計算知識とスポーツに関する専門知識を持っているため、バランスよくハウスエッジを加えることで、ブックメーカーが安定的に利益を生み出せるように調整しているのです。

このようにブックメーカーでは利益を得るために専門職を設け、計算してオッズを設定しているのです。

プレイヤーがどう活用するべき?

ここまでブックメーカーがどのように利益を獲得するのかについて解説してきましたが、ではプレイヤーはこれらの知識をどのように活用すればいいのでしょうか?

まず一番重要なことはオッズ=確率と認識しないことです。ブックメーカーがオッズを設定する際は、試合の結果だけではなく、チームの人気度、予想される賭け金、獲得したい利益など、細かな要因が考慮されプロが設定しています。そのため、単純に「オッズが低い方は確率的に勝ちやすい」と判断して賭けるのはリスクがあります。オッズを基準にして賭けをするのではなく、自分で過去の試合結果や選手の状態などを分析し、試合の結果予想をすることが重要です。

次にベットをするときは常にハウスエッジを念頭に置くことが重要です。ハウスエッジが高ければ高いほど、プレイヤーにとって不利になります。オッズの設定方法が不公平ではないか、どちらのブックメーカーの方がハウスエッジが低いか、など実際に賭ける前に下調べをすることは欠かせません。プレイヤーに有利なオッズを見つけることもできるので、そのようなオッズに賭けることでスポーツベッティングで勝ちやすくなります。

最終更新日: