ビットコインとは|価格相場・税金 (確定申告) について徹底解説!

オンラインカジノの入金方法としてよく知られているのは、エコペイズなどのオンライン決算サービス、クレジットカード、銀行振込などですが、最近では仮想通貨を使用して入出金できるオンラインカジノも増えてきました。

そこで、この記事では仮想通貨の中でも最も知名度の高いビットコインに注目していきましょう!

その他の決済方法についてはこちら▼
【初心者向け】オンラインカジノ入金・出金|決済方法まとめ

仮想通貨対応カジノはこちら▼
ビットコイン系カジノ おすすめTOP5

仮想通貨とは?

ここ数年、一躍耳にする事が増えた仮想通貨と言う言葉。
ビットコインも仮想通貨の1つというのはご存知の人も多いと思います。

仮想通貨って一体なんなんでしょう?

仮想通貨とはその名の通り、「仮想」の「通貨」です。仮想ですので実際に手に取れるビットコインが存在する訳ではありません。オンライン上に存在する通貨、またはゲーム内に存在する通貨とイメージするといいかも知れません。

実際に存在しないとは言ったものの、仮想通貨も立派なお金です。
今はまだ仮想通貨と聞くと、馴染みのない感じがする方も多いかも知れません。

でも、「今では雑誌よりwebページの方が多く読まれている。」「ビデオカセットよりストリーミングが便利。」と聞くと仮想通貨ももっと浸透してくるんではと思ってしまいますね!

1

仮想通貨系オンラインカジノ

★ 最高mB100の100%ボーナス
★ 本人確認不要
★ 24時間日本語サポート

ビットコインとは?

次はビットコインいついて説明していきます!
ビットコインは仮想通貨の中でも少し特殊で、ある特定のゲームやWEBサイト内で使われている通貨という訳ではありません。

ビットコインは円やドルなどど同じく日常生活で使用することを目的に作られています。ですのでビットコインはオンラインカジノはもちろんのこと、様々な用途で使用する事ができます。例えばビットコインを使って投資活動を行う人も多いです。ビットコインを含む仮想通貨は、これからの経済や私たちの生活にも影響してくるであろう注目の存在なんです!

ビットコインの設立

ビットコインの設立の話が個人的にかなり面白いと感じました!
ビットコインは実は創設者が定かではありません。2008年に「サトシ・ナカモト」名義で発表されたビットコインの論文に興味を持った人達がコードを書き始めたのがスタートと言われています。

サトシ・ナカモトはあくまで論文上の名義であり、その人物が日本人だったのか、1人だったのか複数人だったのか全ては謎に包まれています。

論文はわずか9ページでしたが、その9ページが世界に変化をもたらしているから驚きです!

5月22日は「ビットコイン・ピザ・デイ」

5月22日はビットコイン関係者たちにとって重要な日なんです。
実はこの日はビットコインが初めて実際に使用された日で、ビットコイン・ピザ・デイと呼ばれています。

なぜピザなのか?
フロリダのプログラマーがビットコインの開発フォーラムに「ビットコインでピザを頼んでみたい」と投稿したのが発端でした。

当時、これに応じたピザ屋さんとの間でピザ1枚=1万BTCで取引が成立します。
この出来事こそがビットコインの世界最初の取引、ビットコインが初めてその役割を果たした日でした。

なんと1万BTCは現在のレートで65億ほどというから驚きです!

おすすめ ビットコインカジノランキング トップ5 バナー

ビットコインのメリット

メリット1.中央管理者が存在しない

ビットコインでは法定通貨における国のように中央管理者が存在しません。

中央管理者が存在する場合、すべてのデータがそこで管理されていることになります。その場合、もしそこが攻撃されてしまえば、利用者の情報がすべて漏洩してしまう可能性があります。しかし、ブロックチェーンを利用したビットコインであれば中央管理者が存在せず、情報分散型となっています。そのため、ハッキングなどのリスクが低く、安全性が高いといえるのです。

また、中央管理者が存在する場合、中央管理者と利用者の間に力関係が生じてしまいます。例えば銀行と利用者を想像した場合、銀行が規定を変更すれば、利用者はそれに従うしかありません。そして、利用者は中央管理者に依存しなければいけないため、何かと不利になることが多いのです。

しかし、ブロックチェーンを利用したビットコインであれば、中央管理者のような力を持つ存在がなく、システムの中で力関係が生まれないのです。そのため、利用者の権利が守られやすいといえます。

さらに、中央管理者がいないことにより、個人間で自由に取引をすることができるようになります。これにより、銀行の仲介手数料のようなものが発生することがないので、余計なコストが発生せず、手数料を含まない正規価格で取引ができるようになるのです。

メリット2.安全性が高い

ビットコインの仕組みであるブロックチェーンは安全性が高い点がメリットとして挙げられます。ブロックチェーンを使用した場合、ネットワークに接続した複数のコンピューターにより、すべてのデータを共有することになります。

そして、データを保存したブロックはそれぞれチェーンでつながっており、中に含まれているデータも連鎖している仕組みになっています。

このようなブロックチェーンの仕組みにより、1つのブロックのデータを改ざんしたい場合、後続のすべてのブロックのデータを変更しなければならなくなります。そして、ブロックの数は膨大であるため、それらのデータをすべて変更することは事実上不可能となります。これにより、データの改ざんが不可能だといえるのです。

万が一、1つのブロックのコンピューターのデータが他と異なる場合、すべてのコンピューターとの多数決によって正しい取引データが選ばれる仕組みとなっています。そのため、データの修正が可能であり、不正を防ぐことができるのです。

メリット3.リスクヘッジとして保管できる

ビットコインはデジタルゴールドとも言われており、資金の逃避先として人気を集めています。預金封鎖が起こった場合や、アルゼンチンやベネズエラのように法定通貨の価値がなくなってしまう場合、銀行によって管理されていないビットコインを保有しておくことで、自分の資産を維持することができます。

日本でも過去に預金封鎖が起こったことがあり、今後同じことが起こらないとは断言できません。そのような時に備えて、自分の資金を守る1つの手段としてビットコインを購入することができるのです。

メリット4.制限がない

ビットコインは銀行や国によって管理されている通貨ではありません。そのため、煩わしい制限や手続きが一切存在しないというメリットがあります。

例えば、法定通貨の場合、国ごとに管理されているため、国境を越えて手続きをするには、両替、為替手数料の支払いなどの手間が発生します。しかし、ビットコインでは国境が存在しないので、自由に資金の移動を行うことができるのです。

また、銀行のように管理者がいないため、ビットコインを購入する際に、細かな手続きが発生しないのです。

今すぐビットカジノでプレイする

メリット5.24時間365日取引が可能

通常、資金の取引をする際は、銀行の営業時間内でなければ決済を行うことができません。しかし、ビットコインには、営業時間という概念が存在しないため、土日祝日含め24時間365日取引を行うことができます。

そのため、深夜や早朝であっても、いつでも好きな時に取引をすることができるのです。

銀行の場合、普段仕事をしていると、自分の都合に合わせて取引ができないことも多いですよね。わざわざ有休を取得して平日に銀行窓口にいかなければならないこともあるでしょう。しかし、ビットコインではいつでも取引が可能かつオンラインでの手続きが可能なので、非常に自由度が高いのです。

メリット6.匿名性が高い

これまでインターネットでショッピングをする際、クレジットカード情報を入力したりなど、個人情報をネット上に入力しなければいけませんでした。

これにより、クレジットカード情報が盗まれ、不正に利用されてしまったというケースは少なくありません。

ビットコインを使用した場合、クレジットカードのように個人情報を入力するのではなく、ビットコインアドレスを入力します。このアドレスからは個人を特定することが不可能なので、ビットコインで支払いを行ったとしても、個人情報が一切漏れる心配がないのです。これにより個人情報の漏洩、不正利用などのリスクが一切なくなるのがビットコインのメリットといえます。

メリット7.自分でマイニングをすることができる

ビットコインは取引所や販売所で手に入れる以外にも、自分でマイニングをして手に入れることが可能です。マイニングというとスーパーコンピューターを使用して大規模に行っているイメージが強いですが、実はマイニングマシンを購入すれば個人でもマイニングを行うことができるのです。マイニングにはそれなりの労力が必要になるので誰でも簡単に行えるというわけではないですが、それなりに努力をすれば成功することも可能です。

また最近では大手マイニングプールに個人で参加できる、「クラウドマイニング」というサービスが誕生しています。クラウドマイニングでは、マイニング会社に投資した額に応じて、マイニングによる配当が得ることができます。このサービスを利用すれば、マイニングの知識がない場合でも、利益を得ることができます。

メリット8.極めて少額から取引が可能

取引所にもよりますが、ビットコインは0.00000001BTCから取引をすることができます。これは日本円にして1円以下のわずかな金額であり、極めて少額から取引が可能なのです。

株やETFなどの多くの投資商品は、少なくとも数万円の資金が必要となります。しかし、ビットコインはそれらよりもはるかに少ない金額で取引を行うことができるため、非常に敷居が低いといえます。

メリット9.入出金のスピードが早い

ビットコインを利用するメリットの1つが、入出金のスピードが早いということです。

銀行送金を使用した場合、手続きをしてから実際に着金するまで早くても数時間、長い場合だと数日かかります。

これは円やドルを使用する場合、銀行を仲介する必要があるからです。また、銀行の営業時間にしか取引をすることができないという制限があります。これにより時間がかかってしまうのです。

しかし、ビットコインの場合はそのような中央管理者がいないため、24時間365日、いつでも好きな時間にビットコインを送金することが出来るのです。ビットコインであれば早い時は数分で出金が完了します。

おすすめ ビットコインカジノランキング トップ5 バナー

ビットコインのデメリット

これまで解説してきたとおり、ビットコインにはたくさんのメリットがあります。しかし、メリットだけではなく、デメリットもいくつか存在します。

デメリット1.ボラティリティが高い

ビットコインのデメリットとしてまず挙げられるのが、ボラティリティが高いということです。ボラティリティが高いとは、価格変動が激しいことを意味しています。

ビットコインはこれまで暴騰暴落を繰り返しており、1日で数万円も価値が変わることは少なくありません。

特にレバレッジをかけてビットコインの取引をした場合、利益も損失も数倍になります。かつてビットコインが急騰したときに「億り人」をいう言葉がはやり、ビットコインでかなりの資金を儲けた人が注目されました。しかし、ビットコインにはそのように稼ぐチャンスがある反面、大損をする可能性もあるのです。

他の投資と比較してギャンブル性が高いので、その点にはよく注意する必要があります。知識のない状態でビットコインを購入してしまうと、大きな損をしてしまうことがあります。

デメリット2.国による価値の担保がない

例えば、銀行に資金を預けている場合、万が一銀行が倒産した場合でも、国が預金額の1000万円までを保証してくれます。そのため、預金額の1000万円まであれば、失うリスクがないのです。これが銀行に預金するメリットだといえます。

しかし、ビットコインは国によって管理されている資産ではないため、取引所が破産してしまった場合でも国による補償制度はありません。そのため、自分に一切非がない場合でも、倒産などの外部要因によって保有しているビットコインがすべてなくなってしまうことがあるのです。

最近では補償制度を取り入れている取引所も存在します。銀行のように1000万円まで補償するという充実した内容のものはないですが、取引所を利用するのであれば、なにかしらの保証制度を提供しているものを選ぶのがいいでしょう。

デメリット3.アクセスできなくなってしまうことがある

ビットコインを購入した場合、ウォレットで管理することが一般的です。このウォレットではプライベートキーを設定することで、情報が洩れることを防ぐことができます。

このプライベートキーは本人しか知ることができず、ウォレットの管理会社側も一切把握していません。

そのため、もしもこのプライベートキーを忘れてしまった場合、2度と自分のビットコインにアクセスできなくなってしまうのです。

また、ビットコインの所有者が他界してしまった場合など、他の人がプライベートキーを知るすべがないため、ビットコインを相続できないことになってしまいます。

デメリット4.マネーロンダリングに使用される危険性

マネーロンダリングとは日本語で「資金洗浄」と呼ばれ、麻薬売買や詐欺など違法に得た資金を、偽名・匿名口座を活用して異なる口座へ移したりすることで、資金源をつかめなくすることを言います。資金を移動することで、原点をわからなくするため、違法の資金を合法の資金に変えるという意味合いで、資金洗浄と呼ばれているのです。

マネーロンダリングをする際には、その大元がどこかを知られないようにするために、匿名性が高いことが重要です。そのため、ビットコインアドレスだけで取引ができるビットコインは身元が特定されず、マネーロンダリングに最適なのです。

実際これまで、ビットコインをマネーロンダリングに使用したとして、ロシア人の男がギリシャで拘束されるというケースがありました。

デメリット5.決済が取り消しできない

クレジットカードをした場合、購入した商品を返品したい場合や、不正に使用された場合に、チャージバック制度を利用して決済を取り消すことができます。

しかし、ビットコインにはこのような制度はなく、一度決済された取引は取り消すことができません。ビットコインは不正利用されるリスクは極めて低いですが、自分で誤って決済をしてしまうということはあるでしょう。このような場合、ビットコインではそれを取り消すことができないので、オンラインショッピングなどにおいて不便だといえます。

今すぐビットカジノでプレイする

ビットコインのチャート

ビットコインは2020年10月31日現在、1,451,135.76円となっており、上昇トレンドにあります。

ビットコインは本日31日に2019年につけた最高値14,000ドルを一時上回り、最高値を更新したことになります。

まだまだ上昇トレンドが続いているため、さらに記録を更新し続けることが予想されています。

ビットコインの半減期

ビットコインの半減期とは、1ブロックあたりに新規に生成されるコインの枚数が減少するスケジュールのことを指します。ビットコインの発行枚数は上限が21,000,000枚と決まっており、マイニング作業が可能だとしてもこれ以上の枚数のビットコインを発行することができません。

これはビットコインの枚数が増えすぎて希少価値が下がることにより、同時に価値が下がってしまうことを防ぐためです。法定通貨の場合、発行数に上限が設けられていないため、政府が必要な時に紙幣を印刷し続けています。これにより、紙幣の価値が下がり、インフレが進行しているのです。このような法定通貨の二の舞にならないようにするために、ビットコインでは明確に発行枚数が21,000,000枚と決まっているのです。

そして、ビットコインは一定にペースでこの上限に近づくようプログラムが定められており、インフレが急速に進まないよう定期的に新規発行枚数を減少させているのです。これが半減期の仕組みです。

この半減期は4年に一度のペースで行われており、直近では2020年の5月12日に3度目の半減期を迎えました。この時はマイナーが獲得する報酬が「12.5BTC」から「6.25BTC」へ半減しました。

この半減期を迎えると、マイナーは少ないビットコインを販売して同じ利益を得ようとするため、ビットコインの価格は上昇しやすいといえます。実際に過去4回の半減期を迎えた後には、ビットコインの価格が上昇する動きがみられました。

ビットコインの使い方

ビットコインを始めるためには、仮想通貨の取引所に登録する必要があります。

仮想通貨の取引所とは株式でいう東京証券取引所のようなもので、ここでビットコイン自由に売買することができます。

現在ビットコインを購入することができる取引所として、日本で人気を集めているものには以下のようなものがあります。そのため、初めてビットコインを購入するのであれば、以下の取引所から選ぶことをおすすめします。

  • bitflyer
  • coincheck
  • BITPoint
  • Zaif など

これらの取引所はすべてビットコインを扱っていますが、その他の取り扱いのある仮想通貨(アルトコイン)や手数料が異なります。そのため、どのような仮想通貨を購入したいか、どれくらいの頻度で取引をしたいかなどによって最適な取引所を選ぶようにしましょう。

これらの取引所には、誰でも簡単に登録することができます。では、具体的にどのような手順でアカウント登録ができるのかを見ていきましょう。

アカウント登録手順

bitflyerを例に登録手順を紹介します。

  1. メールアドレスの登録

    まずはbitflyerの公式サイトにアクセスしましょう。そうすると、トップページの分かりやすい位置に「無料アカウント作成」という表示があるはずなので、そこをクリックします。
    そして、指示の通りに、メールアドレスの入力欄があります。
    「送信」を押すと、そのメールアドレス宛に「bitflyerアカウント登録確認メール」が届きます。
    メール本文に登録画面のURLが記載されているので、そのページにアクセスしましょう。
    そして、指示に従いながら、アカウント登録を進めていきます。

  2. 二段階認証の登録

    必要な情報の登録を終えたら、二段階認証の登録を必要があります。これはセキュリティのためのステップなので、必ずこの最初の段階で完了するようにしましょう。
    二段階認証で使用する確認コードは、アプリまたはSMSで受け取ることができます。
    二段階認証を使用する項目として、「ログイン時」「外部アドレスの登録時」「日本円の出金時」「仮想通貨の外部還付時(必須)」がありますが、セキュリティのためすべての項目にチェックを入れるようにしましょう。

  3. 本人情報の登録

    二段階認証の登録が完了すると、本人情報の登録への画面に移ります。ここでは氏名、性別、生年月日の情報を入力します。
    これらの情報は後程提出する本人確認書類と一致している必要があるので、誤りがないように入力しましょう。

  4. 本人確認書類の提出

    bitflyerでは本人確認書類として以下の書類の提出が必要となります。このうち、1つのみ提出しましょう。
    ・運転免許証
    ・健康保険証
    ・住民票の写し
    ・特別永住者証明
    ・マイナンバーカード
    ・パスポート
    ・各種年金手帳
    ・各種福祉手帳
    ・印鑑登録証明書
    ・外国公的者書類(海外外国人のみ)

  5. 銀行口座の登録

    bitflyerに日本円を入金したり、ビットコインを購入したりするには銀行口座の登録が必要となります。そのため、アカウント登録時に同時に銀行口座を登録する必要があります。

  6. 住所確認

    アカウント作成が完了すると、住所確認のためにははがきが送られてきます。このはがきの受け取りをもって、すべての手続きが完了となります。
    ここまでの手順を終えると、アカウント登録が完了し、bitflyerでビットコインを購入できるようなります。「ビットコイン販売所」メニューから、ビットコインを購入しましょう。

今すぐビットカジノでプレイする

ビットコイン 換金方法(手数料)

保有しているビットコインを現金化するには、取引所でビットコインを売買するだけです。手順としてはとてもシンプルですが、換金するタイミングには注意が必要です。

すでに解説した通り、ビットコインはボラティリティが高いので、価値が高いタイミングを狙って換金をする必要があります。そのため、チャート分析をして、どのタイミングで売るべきなのかを判断するようにしましょう。

そして、ビットコインを現金化するには手数料が発生します。その代表的なものが、取引手数料と、個人の銀行への出金手数料です。

また、レバレッジを使用した場合は、借入手数料やスワップ手数料などもかかります。

具体的な手数料は各取引所によって異なるので、どのような手数料がいくらかかるのかを事前に確認しておくようにしましょう。

ビットコイン 確定申告・税金

日本では仮想通貨により利益を得た場合は、確定申告が必要となります。2017年12月に発表された国税庁の「仮想通貨に関する所得の計算方法等について(情報)」により、仮想通貨の取引による売買損益は雑所得に分類されると定められました。そして、主婦や学生など扶養されている方は33万円以上、それ以外の場合は利益が年間20万円を超える場合は確定申告が必要と定められています。

万が一確定申告をしなかった場合、国税庁によりペナルティが課せられることがあります。

ビットコインの使えるオンラインカジノ

1

仮想通貨系オンラインカジノ

★ 最高mB100の100%ボーナス
★ 本人確認不要
★ 24時間日本語サポート

2

人気実力派カジノ

★ 最高20万円の超高額ボーナス
★ 日本円でプレイ可能
★ クレカ/仮想通貨多数

3

超高額ボーナスあり!

★ 最高20万円の超高額ボーナス
★ 仮想通貨・JCBなど幅広い入出金方法
★ 同じアカウントでスポーツブックも

4

優秀さおすみつき!

★ 初回入金100%キャッシュバック
★ 経験年数3年以上のスタッフ
★ 仮想通貨多数対応

5

シンプルにカジノに集中

★ 賭け金還元リベートボーナス
★ 登録から出金までがシンプル
★ Blitzで6倍速プレイ

ビットコインカジノおすすめ一覧
まとめ
価格の変動が激しいのがメリットでもありデメリットでもありますが、オンラインカジノとビットコインの相性は非常にいいです◎

そのほか仮想通貨・入出金システムについて

そのほかの仮想通貨・入出金システムについても詳しく知りたい方は、以下をご確認ください。

▶︎ ビットコインから派生した「ライトコイン」とは?

▶︎ 安全な支払サービス「エコペイズ」とは?

▶︎ 利便性が良く、安全に資金管理できる「アイウォレット」とは?

▶︎ よく耳にする「ヴィーナスポイント」とは?