ウィナーズ投資法とは?|利点欠点・やり方等を徹底解説

この記事では数列を利用したシステムベッティング「ウィナーズ投資法」について徹底解説。ウィナーズ投資法の利点や欠点は勿論の事、やり方や損切りポイントもシミュレーションと付きで説明していきます。

ウィナーズ投資法とは?

カジノゲームでよく使用されるシステムベッティングの1つにウィナーズ投資法というものがあります。ウィナーズ投資法はモンテカルロ法によく似たシステムベッティングで、数列を使用するのが特徴です。そんなウィナーズ投資法は、確実に利益を出すことができるため、オークションで戦略内容が売買されたこともあるほど人気があります。

ベラジョンカジノ$30アド

ウィナーズ投資法の利点

ウィナーズ投資法には「賭け金の増え方が緩やか」「テーブルリミットを気にする必要なし」「利益の出る確率が高い」等の利点があります。

利点1:賭け金の増え方が緩やか

ウィナーズ投資法では、数列の左端の数字の2倍の金額を賭け金とするため、緩やかに賭け金が上昇していくのが特徴です。例えば、ウィナーズ投資法で最初の賭け金を1ドルとすると、10連敗してしまった場合でも賭け金は常に2ドルと一定となり、損失額が膨らむ心配もありません。

そのため、少ない資金であっても取り組みやすいシステムベッティングだといえます。リスクを取らずにゲームをプレイしたいという初心者にもおすすめです。

利点2:テーブルリミットを気にしなくてもいい

テーブルゲームでは、1ゲームに賭けることができる最高金額が設定されています。これはテーブルリミットと呼ばれます。マーチンゲール法のように賭け金が急激に増加していくシステムベッティングでは、このテーブルリミットに達してしまい、ゲームを継続できなくなってしまうことがあります。そうすると、損切りをしなければならず、損失が確定してしまいます。

しかし、ウィナーズ投資法では賭け金が極端に大きくなることがないので、テーブルリミットを気にせずにゲームをプレイできます。そのため、強制的に損切りをさせられる心配がありません。

利点3:利益がでる確率が高い

ウィナーズ投資法は勝ち負けの結果が五分五分の時に利益が出るシステムベッティングです。そのため、勝率が50%の2倍配当のゲームをプレイした場合、ほとんどの場合で利益を出すことができます。

また、ウィナーズ投資法には、連敗後の連勝に強いという特徴があり、その場合は勝ち負けのバランスが悪くても利益を出せます。例えば5連敗して損失が出ていても、その後3連勝すれば損失分を取り戻すことが可能です。

そのため、数学的に考えると、ウィナーズ投資法ではかなり高い確率で利益を獲得できます。

ウィナーズ投資法の欠点

ウィナーズ投資法には「高い利益を狙えない」「連敗すると長期戦になる」「勝ち負けが交互になるとベット額が大きくなる」「紙とペンが必要」等の欠点があります。

欠点1:高い利益を狙うことができない

ウィナーズ投資法は賭け金が緩やかに上昇します。これはローリスクというメリットですが、同時に払い戻し金が少ないということも意味します。つまり、ウィナーズ投資法では長くゲームを続けたとしても、最終的に得られる利益が少ないのです。

ウィナーズ投資法は長期戦になることがほとんどですが、費やした時間に対して得られる利益が少ないといえます。そのため、短時間で大金を稼ぎたいという方には向かないでしょう。

欠点2:連敗すると長期戦になる

ウィナーズ投資法では負けが続くと、数列の数がどんどんと増えていきます。そのため、勝ってそれらの数列を0にするまでに時間がかかってしまいます。

最初に負けが続いてしまった場合ゲームが長期化してしまい、最終的に数列が0にならないこともありえます。その場合、損切りをしなければいけなくなります。

欠点3:勝ちと負けが交互になるとベット額が大きくなる

ウィナーズ投資法は2倍配当のゲームで利用するため、勝率は50%です。つまり、勝ち負けが交互に続く可能性があります。

この場合、数列の左端の数字を1つずつ削除していくため、負けの数が多くなればなるほど賭け金が大きくなってしまいます。

勝ちと負けが交互に続く場合、セッションがなかなか終わらずに、賭け金ばかりが大きくなるというのがウィナーズ投資法の欠点として挙げられます。

欠点4:紙とペンが必要

ウィナーズ投資法は数列が増えたり、減ったりを繰り返すので、必ず紙とペンが必要となります。頭の中で計算して簡単に活用できないので、面倒に感じることもあるでしょう。

ウィナーズ投資法のやり方

ウィナーズ投資法ではモンテカルロ法と同じように数列を使用します。そのため、紙とペンを用意しましょう。

まず、ウィナーズ投資法を始める前には任意の賭け金を設定します。この金額は資金に合わせて好きな金額を選びましょう。ここではわかりやすいように1ドルを最初の賭け金として設定します。

ウィナーズ投資法は他のシステムベッティングのようにいつでも好きなタイミングで始めるのではなく、ゲームで2連敗した時に開始します。ゲームで勝利した場合は、最初の賭け金を変更することなくゲームを継続させます。そして、2連敗したタイミングでウィナーズ投資法を利用します。

ウィナーズ投資法では、ゲームに負けた時にそのゲームの賭け金を数列の右側に追加していきます。そのため、2連敗した時の数列は(1,1)となります。これがウィナーズ投資法開始時の数列となります。そして、数列の左端の数字を2倍にした金額を賭け金と設定します。この場合、2連敗した後の3ゲーム目では、1×2=2ドルを賭け金とします。

ゲームに勝った際は、数列の左側の数字を1つずつ削除していきます。ウィナーズ投資法では連勝し、すべての数列の数字がなくなった時が勝ちポイントとなり利益が出ます。1セッションが終了した後は、再度最初の賭け金から同じようにゲームをスタートしましょう。

どんなゲームに使える?

ウィナーズ投資法は、2倍配当のゲームでのみ利用することができます。カジノゲームの中で2倍配当のゲームには、バカラ、シックボーの大小、ブラックジャック、クラップス、ルーレット(赤・黒、奇数・偶数)が挙げられます。

3倍配当のゲームや、ビデオスロットやポーカーなどの勝率が異なるゲームではウィナーズ投資法を利用できません。

ウィナーズ投資法のやり方まとめ

  • 最初の賭け金は好きな金額を設定
  • 2連敗した時がウィナーズ投資法の開始タイミング
  • 賭け金は、数列の左端の数字を2倍にした金額
  • ゲームに負けた場合は、賭け金を数列の右端に追加
  • ゲームに勝った場合は、数列の左端の数字を1つ削除
  • 数列の数字が無くなった時が勝ちポイントで、1セッションが終了

ウィナーズ投資法 シミュレーション

ここではルーレットでウィナーズ投資法を使用した際の例を紹介します。

1ゲーム目:

まずゲームを始める前に、最初の賭け金を設定します。ここではわかりやすいように、最初の賭け金として1ドルとしましょう。ウィナーズ投資法を始めるには、まずは2連敗する必要があります。そのため、この1ゲームでは負けたとしましょう。すると、賭け金1ドルは没収され、損益は-1ドルとなります。

賭け金の1ドルを数列に追加するので、1ゲーム目終了時の数列は(1)となります。

 2ゲーム目:数列(1)

ウィナーズ投資法では、2連敗するまで最初に設定した金額を賭け続けます。そのため、2ゲーム目の賭け金も1ドルとなります。そして、この2ゲーム目でも負けたとしましょう。ウィナーズ投資法で負けた場合は、賭け金を数列の右側に追加します。

2ゲーム目終了時の数列は(1、1)、累計損益は-2ドルとなります。

3ゲーム目:数列(1、1)

1ゲーム目、2ゲーム目で連敗したので、ここからウィナーズ投資法を始めることになります。ここでの賭け金は数列の1番左側にある1の2倍である、2ドルとなります。そして、このゲームでも負けてしまい、3連敗となったとしましょう。

賭け金を数列の右側に加えるので、数列は(1、1、2)となります。そして、ここまでの累計損益は-4ドルです。

 4ゲーム目:数列(1、1、2)

ここでの賭け金は3ゲーム目と同じように2ドルです。ウィナーズ投資法で連敗した場合、数列の1番左の数字に変化はないので、賭け金は一定となります。この4ゲーム目で始めて勝利したとしましょう。4ドルが払い戻され、累計損益は-2ドルとなります。ウィナーズ投資法では勝利した時に数列の左端の数字を1つ削除するので、数列は(1、2)となります。

5ゲーム目:数列(1、2)

このゲームでは賭け金は2ドルとなります。そして、このゲームでも勝利したと仮定します。その場合、払い戻し金は4ドルで、累計損益は0ドルとなります。

そして数列は左端の数字を削除した(2)となります。

6ゲーム目:数列(2)

ここでは数字が1つしかないので、単純にその数字に2を賭けた4ドルを賭けます。そして、この6ゲーム目でもゲームに勝利したとしましょう。

そうすると、配当金は8ドルであり、累計損益は+4ドルとなります。さらに、数列の数字がすべてなくなります。そして、これまでの損益をすべて回収することができたことに加えて、利益が確定します。

これまでのゲームの流れを表にすると以下のようになります。

ゲーム回数 開始時数列 賭け金 勝敗 配当 損益
1ゲーム目 $1 × 0 -$1
2ゲーム目 1 $1 × 0 -$2
3ゲーム目 1、1 $2 × 0 -$4
4ゲーム目 1、1、2 $2 4 -$2
5ゲーム目 1、2 $2 4 $0
6ゲーム目 2 $4 8 +$4

このようにウィナーズ投資法で1セッションが終了した時、必ず利益が出ます。さらにゲームを続けたい場合は、最初の1ドルからもう一度始めます。

ウィナーズ投資法の損切りポイント

ウィナーズ投資法で最初のうちに連敗が続いてしまった場合は、早めに損切りをしてしまいましょう。連敗して数列が長くなってしまうと、最終的に数列がなくなるまでかなりの時間がかかってしまいます。もしくは、いつまでもセッションを終えられないこともあります。そのため、あらかじめ〇連敗したら新しくセッションを始める、数列が〇個にまで増えたら損切りをする、などルールを設けておくといいでしょう。

よくある質問:ウィナーズ投資法

ウィナーズ投資法におすすめのゲームは何ですか?

ウィナーズ投資法は勝ちと負けが交互に続いた時など、比較的ゲームが長期化しやすいシステムベッティングです。そのため、ウィナーズ投資法を利用するのであれば、長期戦を見越して1回のゲームが短いものを選ぶのがいいでしょう。2倍配当のゲームの中でもブラックジャックやバカラではなく、比較的すぐに結果が出るルーレットの方がおすすめです。

ウィナーズ投資法はどんな人におすすめですか?

ウィナーズ投資法はシステムベッティングの中でも、守りを重視したものであり、利益を狙ったシステムベッティングではありません。そのため、リスクを取らずにゲームを長く楽しみたいという方におすすめです。一方で短時間で一気に稼ぎたいという方にはおすすめできません。利益獲得を目的とする場合は、攻めのシステムベッティングであるパーレー法がおすすめです。

ウィナーズ投資法は競馬やスポーツベッティングでも利用できますか?

ウィナーズ投資法は競馬やスポーツベッティングでも利用できます。ただし競馬やスポーツベッティングではルーレットやブラックジャックのように「2倍配当」などとオッズが一定ではありません。そのため、スポーツベッティングなどでウィナーズ投資法を利用する場合は、オッズが2倍前後(1.7~2.3倍ほど)のものに賭けるようにしましょう。

ウィナーズ投資法はカジノで禁止されていますか?

一部のランドカジノでは.ウィナーズ投資法などのシステムベッティングの使用を禁止していることもあります。しかし、ウィナーズ投資法はカジノを倒産させるほど影響力のあるシステムベッティングとみなされてないため、ほんとのどランドカジノで使用できます。また、オンラインカジノは基本的にシステムベッティングに関して利用規約に記載していないので、問題なく使用可能です。

ベラジョンカジノ$30アド