オリンピックとカジノの関連性

日本政府観光客局によると、2014年の訪日外客数はこれまでの過去最高であった2013年の1,036万人を大きく300万人余り上回ったとあります。このままのペースでいくと、2020年の東京オリンピックまでうなぎ上りになっていくと予想されるでしょう。しかし、政府が掲げる目標といえばオリンピックまでに2,000万人、その10年後には3,000万人という数なのです。実現に向けて、オリンピック終了後もいかに収益を上げるかというのも今後の課題といえるでしょう。今ニュースで注目されているのはカジノです。オンラインカジノもかなり人気があがってきている今、今後ランドカジノの行方はどのように変わってくるのでしょうか?

olympic-japan

焦点とされるカジノ合法化が実現すればオリンピック年を皮切りにその後も大きな収益を見込めるでしょう。実現するまではそうそう時間の猶予がなく今国会でカジノ法案が見送られれば、IR施設の建設は間に合わなくなるでしょう。現時点でもギリギリの状態ではあります。また、それ以外に実現ができる代替案がないのも問題として残ります。今後の動向に注目する必要がありますよね。よってランドカジノより、もしかしたらオンラインカジノの方が人気がでるのかもしれませんね。

カジノのデメリット

カジノ法案では、カジノ開業で起こりうるであろうデメリットを無くすために、いろいろな対策が盛り込まれています。暴力団の立ち入り禁止や、防犯カメラ設置や警備員常駐強化対策など。安全面にも力を入れているようです。しかしそれだけではまだ不十分との声も大いにあるのも事実なので試行錯誤してあらゆる対策を講じなければなりません。

物騒な世の中になってきたとはいえ、世界的に見ればまだ安全大国というイメージの強い日本。カジノ参入により安全神話の崩壊は回避しなければなりませんね。ラスベガスなどの外国のカジノでは、全般的にエンターテイメントの充実性が高い娯楽施設という印象大ですが今後の日本でカジノを開業に向けて海外カジノをモデルケースにするのかもしくわ、日本独自の文化を織り込んで開業するのかが争点となっていくでしょう。

カジノ合法化とは?

近年、カジノ参入に向けてカジノ法案、複合リゾート(IR)といった言葉を頻繁に聞くようになり、日本国内におけるカジノの重要性が問われていて論点は必要不可の議論がなされています。カジノ導入案は最近言い出したのではなくもう十数年も前から議論しています未だにその結論は出ないままですがカジノ参入にあたり重要ポイントは経済効果ですから、のらりくらりと論議をしてもそう時間が余りないような気がしますよね。何故なら日本は危機的状況にありそれをあまり痛感しない人達が多すぎるのです。今回は、日本の未来展望であるカジノ問題と、それに並行して五輪に向けてを取り上げ、今後の日本の未来について真剣に考えていこうと思います。

カジノ合法化可決の行方

メリット

◎メインが富裕層のため、収益が見込める

◎東京オリンピックにより観光客の集客の見込み及び観光地スポットとしての反響

結論からいえば収益観点で大きなメリットが見込めて2020年の東京オリンピックを迎えて追い風となって経済効果が見込めます。

デメリット

◎一部のカジノ反対意見と合わない可能性

◎ ギャンブル依存症の加速人口増加の懸念もある

◎ グローバルなカジノ集客を見込み日本土壌でのカジノが浸透疑問視

結論から言いますと国民感情としてカジノ建設は賛否両論なのも事実です。ギャンブル依存症に特化した専門家たちもカジノ法案に反対派が多いのも事実です。

Casitabi 50 USD Bonus - Casinotop5.jp