オンラインカジノ業界ニュース

2023年開業を目指す統合型リゾートの建設を目途に日本政府はIR法案の法令整備がまだ不十分である上、ギャンブル依存症から自国民を守るため厳しい規則を導入していく過程で海外を含めて国内企業がいかにこのカジノ実現に参入できるか否かのビッグプロジェクトとなるでしょう。又、海外からの旅行客を取り込む上で今後の課題も大きくなるでしょう。何故なら日本は旅行先としてアジアで6位、全世界では22位とおくれをとっているのが現状だからです。オンラインカジノで遊ぶには最初にアカウントを作成する必要があります。その後各会社の必要事項を入力し準備完了です。あとはお好きなゲームを選びプレーするだけです。無料でも有料でも遊べます。

online-casino

オンラインカジノの魅惑と展望

オンラインカジノの魅惑と展望 数多くのギャンブルの中で、還元率に関していえば、オンラインカジノに勝るものはありません。スタイルは 違いますがカジノ以外のギャンブルはすべて高い控除率=主催者が得る利益が多く設定されて還元率が低いのが現実です。競馬や競輪では賭けた金額の75%、ロト、 toto、宝くじでは50%以下しか購入者に分配されないのが実情ですが当ページでご紹介するオンラインカジノでは95 -98%を誇る高い還元率と言えるでしょう。これらの数値は国際的会計監査機関が発表している数値です。カジノというとギャンブルの典型とも考える人が多いと思いますが、変換率を見てみれば一番有利なギャンブルと言えるでしょう。 知っておきたい基礎知識 適法性についてはオンラインカジノの運営側の法律に基づいて...
online-casino

オンラインカジノと法律性

オンラインカジノと法律性は?? オンラインカジノをこれから始めようと思ったときに一番気になる事はやはり法律的にきちんと明確になっているか知りたいですよね?オンラインカジノはインターネットを活用するという日本だけではなく世界の環境に簡単につながることができるということからも、グローバリゼーションと言えます。日本の法律が今までカジノについて想定していなかったので、今現在ではオンラインカジノは違法とも適法ともいえないグレーゾーン状態であります。このページではオンラインカジノで安全に楽しむための基礎知識としてライセンスに関する情報をマスターすることを目的としています。 オンラインカジノの運営に必要なラインセンス オンラインカジノは、合法とされているカジノライセンスを発行している国、例え...
mobile-casino

ランドカジノとオンラインカジノ

ランドカジノとオンラインカジノ 最近のオンラインカジノは、スマホやタブレットでもカジノのゲームをプレイすることができ、通勤の移動時間や寝る前、暇な時間にいつでもどこからでもカジノのゲームを楽しむことができます。もしオンラインカジノの初心者であれば、当社の完全総合ガイドを読んで、オンラインでプレイできるゲームをチェックすることをお勧めいたします。最初は定番のブラックジャックやルーレットのような、クラシックゲームから始めてもよいですし、上級ならバカラやクラップス、プントバンコ、カジノホールデムから始めてもいいでしょう。ポーカープレイヤーは、ビデオポーカーはもちろん、ディーラーを前に、まるで本物のランドカジノでプレイしているかのような体験ができる、ライブカジノも試してみると面白いでしょう! ...
mobile-casino

iphone 及びAndroid対応のモバイルカジノ

iphone及びAndroid対応のモバイルカジノ スマートフォンが普及し、Wi-Fiスポットでインターネットに接続できるようになると、携帯電話で簡単にカジノを利用できるようになりました。 しかしながら、モバイルカジノが完全に普及したのは、このほんの数年のことです。デスクトップ型のコンピューターの代わりに、携帯電話でオンラインカジノを楽しむことが、ネットカジノ利用者の間でますます流行してきました。数年前までは、たくさんのオンラインカジノがありましたが、携帯電話でスロットやゲームを楽しむためのカジノプラットフォームを提供するオンラインカジノは、ほとんどありませんでした。今では事実上、全てのオンラインカジノがプロフェッショナルなモバイルプラットフォームを提供しています。利用者はカジノアプリをダ...

MICEの切り札

MICEの切り札 MICE施設のMICEとは会議(Meeting)、研修旅行(Incentive Travel)、国際会議(Convention)、展示会・イベント(Exihibition/Event)の頭文字をとった略語です。MICE施設とはこれらの催しを行う施設のことを指します。カジノ法案(統合型リゾート(IR)整備推進法案)が正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」が連日ニュースになり着々と法案成立に向けて論議が繰り広げられている模様です。本場カジノで実戦する前にオンラインカジノで腕を磨いておきましょう!! この統合型リゾート(IR)はどういった施設かというと、国際会議場・展示施設といったいわゆるMICE施設、ホテル、劇場、映画館、アミューズメントパー...
fifa

ワールドカップ間近!!推奨ブックメーカー

ワールドカップ間近!!推奨ブックメーカー いよいよ来月に迫ったワールドカップ。この日を楽しみにしてきた人も沢山いることでしょう。そんなあなたにお勧めのスポーツベットができるブックメーカーをご紹介しましょう。 今回お勧めはブックメーカーのオリジナリティー溢れるソフトウェア やプラットフォームを独自に持っているかがキーポイントです。 最近の傾向としては独自のプラットフォームを持つカジノとブックメーカーが一体化したハイブリット系のサイトが多く、ほとんどのサイトはこのハイブリット型になっています。ほとんどのサイトが他社のソフトウェアを網羅しておりカジノゲームもスポーツブックも提供しています。その中でもウィリアムヒルとベットビクターの2社はスポーツベット を独自のプラットフォームを持...
pachislot

パチスロハウツー編

パチスロハウツー編 ギャンブルの種類も数ある中、日本ではパチスロはパチンコに次いで人気の遊びですが巷ではパチスロなんて絶対に負けるとよく言われる言葉があります。確かに闇雲に仕組みも知らず、勝ち方も知らずにやると負けるのは必然です。逆に、それらを熟知している事で勝算があるので面白いかもしれません。何故ならパチプロで生計を立てているプロフェッショナルは実在しているからです。では何故勝ち続けられるのでしょうか?それは設定5・6だけを打ち続けているからなのです。パチスロには設定というものがあり、1~6段階があり6にいくほど良い設定となり、多く出ます。それは「高設定」と呼ばれており、誰もが打ちたい台になっているようです。ただ、この設定はもちろん外観では判別する事は困難です。が、しかしプロフェッショナ...
game-centre

ゲーセンVSパチスロ

ゲーセンVSパチスロ あなたはゲーセンで遊ぶとあっという間にコインがなくなった経験がありますか?何故ならコインゲームは絶対に増えない仕組みになっているからです。あくまでも仕組みではありますがコインゲームは出玉率が100%を超えない仕組みにできています。よって、100枚入れたら帰ってくるのは80~90枚となります。
1000円で100枚程度。しかも一瞬で無くなるという仕組みにカッカ来た人も多いのではないのでしょうか?ではいかにコインを増やせばいいのか?実はそう難しいことではありません。コインをそうそう買いだめすることはもったいないので増やし方を知っておくと良いでしょう。一台を朝からずっとやると、間違いなく減る仕組みです。なお、昔は攻略で100%を超えるものがよくありました。 で...
dice

紅一点の謎

紅一点の謎 前回ではダイスの世界観をご紹介しましたが今回はサイコロの目について疑問に思ったことを解説しましょう。皆さんは何故、サイコロの1が赤く塗られているのかお解りでしょうか?そんなこと初めから付いているから疑問に思った事はないと言う人が殆どでしょう。では、なぜ塗られているのでしょうか?当社のお勧めするオンラインカジノ、カジノエックスをプレイしてみましょう!ダイスに似たゲームがありますよ。 なぜ1だけ赤く塗られているのか?この理由は諸説あり不明確ですが、
ある説によると1926年(大正15年)に和歌山のサイコロ製造業者が、1の目を日の丸に見立て赤く塗ったところ大ヒットしたことからと言われています。
そこから赤く塗られるようになったという経緯があるようです。因みに1が赤く塗ら...
genting-group

ゲンティングループの躍進

ゲンティングループの躍進 日本のカジノ市場への進出を狙うのは、シンガポールや英国、米国でカジノを運営する同社だけではないようです。世界数カ所で総合カジノリゾートを運営する米カジノ大手、ラスベガス・サンズの幹部もシンガポールに持つマリーナ・ベイ・サンズよりも大型のカジノ施設を日本で建設したいとの意向を示しました。 そして香港、マカオの銀河娯楽集団も日本の関係者と会い、カジノ運営が地域にもたらすビジネスチャンスについて売り込んだ模様です。そんな中マレーシア資本財閥、Genting Groupゲンティン・グループは、現在、IRリゾートリゾートワールドをマレーシア、シンガポール、フィリピン、アメリカ、イギリス、バハマで展開しており、2017年9月20日にはゲンティン・シンガポールによって日本支店の...