ダランベール法とは?|やり方やメリットを徹底解説!

この記事ではリスクを抑えるのに有効なシステムベット方法「ダランベール法」について徹底解説していきます。比較的シンプルな仕組みで、ビギナーの方でも簡単に覚えられるます。是非この記事でダランベール法をマスターしてみましょう。

ダランベール法とは?

ダランベール法は、18世紀にフランスの数学者・物理学者・哲学者であるジャン・ル・ロン・ダランベール(Jean Le Rond d’Alembert)によって開発されたカジノゲームの必勝法です。開発されてからすでに300年が経ちますが、今でも有効な必勝法として多くのギャンブラーに愛されています。

ダランベール法はカジノゲームの中でもルーレット(赤・黒、奇数・偶数)、バカラブラックジャックなど、2倍配当のゲームで利用することができます。ダランベール法は、ゲーム数を増やしながら、長期的に収支をプラスに持っていくことができる実力のあるシステムベッティングとして人気を集めています。また、賭け金の設定の仕方も非常にシンプルなので、初心者でも簡単に実践で利用することができますよ。

ベラジョンカジノ$30アド

ダランベール法のメリット

ここではダランベール法の利点と欠点について紹介します。ダランベール法には利点ばかりではなくもちろん欠点もあるため、ここでしっかりと理解しておきましょう。

メリット1. リスクが少ない

ダランベール法はゲームの勝敗に応じて賭け金が1ユニット分ずつしか増減しません。1ユニットの金額を1ドルなどと低くしておけば、金額が大きく動かないので、賭け金が一気に増えてしまうということはありません。

カジノゲームの必勝法には負けた時に賭け金に2倍にしていくマーチンゲール法など、リスクのある必勝法もたくさんあります。一方で、賭け金の増減が緩やかであるダランベール法は一気に大金を損失してしまうことがないので、リスクが少ないといえます。精神的なプレッシャーを感じることなくカジノゲームを楽しみたい、という方はダランベール法を利用するといいでしょう。

メリット2. 少ない資金で始めることができる

ダランベール法では賭け金が一気に大きくなることがないため、資金が少ない方でも十分楽しむことができます。1ユニットを1ドル以下にすれば、20ドルほどの資金であっても長時間ゲームを楽しむことができます。そのため、リスクを取りたくない初心者の方や、十分に資金がない方でも、ダランベール法は利用することができます。

メリット3. テーブルリミットを気にしなくてもいい

ダランベール法では1ユニットの金額を小さくしている限り、賭け金が大きく変動することがありません。そのため、連敗して賭け金が徐々に増えていったとしても緩やかに増えるだけであるため、テーブルリミットに達してしまう心配がありません。

テーブルリミットに達してしまった場合、強制的に必勝法が終了となってしまいますが、ダランベール法に関してはそのような心配をする必要がない点がメリットとして挙げられます。

ダランベール法のデメリット

上記の様なメリットがある反面でダランベール法にはデメリットも存在します。

デメリット1.2倍配当のゲームでしか利用できない

ダランベール法が利用できるゲームは、2倍配当のゲームに限定されています。バカラ、ブラックジャック、ルーレットが2倍配当の代表的なゲームですが、ルーレットに関しては賭け方も限定されてしまうため、よりゲームの楽しみ方が制限されてしまいます。

ダランベール法をプレイする場合は、自由にゲームがプレイできなくなってしまうため、それがデメリットとして挙げられます。

デメリット2. 勝ち負けを繰り返していると利益が出ない

ダランベール法で勝ち負けを交互に繰り返した場合、同じ金額を増減させるだけなので、利益を出すことができません。そして、2倍配当のゲームでは勝ち負けが交互に続くことが高い確率で起こるため、長時間プレイしたとしても最終的に資金に変化がないということもあります。

ダランベール法は賭け金が大きく動かないため、利益を出すためにはある程度連続して勝利しなければいけないのです。

ダランベール法のやり方

ダランベール法のルールは非常に簡単で、負けた時に賭け金を1ユニット分増やす、勝った時に賭け金を1ユニット減らす、というものです。  例えば、5ドルからゲームをプレイし始めて3連敗した場合は、以下のように金額を増やしていきます。この時、1ユニット=1ドルとして設定します。

5ドル→負け→6ドル→負け→7ドル→負け→8ドル

一方で3連勝した場合は、以下のように賭け金が減っていきます。

5ドル→勝ち→4ドル→勝ち→3ドル→勝ち→2ドル

賭け金が1ドル(またはミニマムベット)となった時点で勝った場合は、それ以上賭け金を減らすことはできません。その場合は、賭け金1ドルを維持したままゲームを継続します。もしくは、その時点で利益を確定するために、ダランベール法を終了するのもいいでしょう。最初の賭け金を50ドルなど大きくした場合は、賭け金が0になるのを待つことなく、途中で利益を確定してしまっても問題ありません。

ダランベール法の改良

ダランベール法にはいくつかのバリエーションがあります。ダランベール法は賭け金の増加が緩やかであるため、勝った際の賞金もそこまで多くありません。通常の方法で思うように稼げない場合は、以下の方法を試してみるのもいいでしょう。

賭け金の10%ずつ増減させる

通常のダランベール法では1ユニットずつしか資金を増減させませんが、改良法として賭け金の10%ずつ増減させるという方法があります。この方法では資金が多い時は賭け金も大きくなるため、より稼ぎやすくなります。

例えば、10ドルからゲームをスタートして50ドルまで資金が増えたとします。この時、賭け金の増減は1ドルから5ドルに変動することになります。これにより通常のダランベール法よりも、賭け金と利益のバランスが良くなります。

バーレー法との組み合わせ

ダランベール法をパーレー法と組み合わせて利益を狙うのもおすすめです。パーレー法とは、勝った際に次のゲームで2倍の金額を賭ける攻めのシステムベッティングで、連勝することができれば一気に資金を増やすことができます。そのため、ダランベール法を利用していて調子がいいと感じたときは、パーレー法を織り交ぜて賭け金を2倍にするなど、一気に資金を貯めていくのもいいでしょう。

ダランベール法の使用例

ここではダランベール法の使用例を紹介します。このシミュレーションでは2倍配当のゲームであるブラックジャックにて、ダランベール法を使用したと仮定します。このシミュレーションでは最初の賭け金を10ドル、1ユニットの金額を1ドルとします。では、勝ち負けのパターンによってどのように賭け金が増減するのかをいくつかのシミュレーションで見ていきましょう。

勝ち負け交互に続いた場合(5勝5敗)

ここでは勝ち負けを交互に繰り返した場合、どのように資金が変動するかを見ていきます。

ゲーム回数賭け金勝敗配当損益
1回目10ドル20ドル+10ドル
2回目9ドル×18ドル+1ドル
3回目10ドル20ドル+11ドル
4回目9ドル×18ドル+2ドル
5回目10ドル20ドル+12ドル
6回目9ドル×18ドル+3ドル
7回目10ドル20ドル+13ドル
8回目9ドル×18ドル+4ドル
9回目10ドル20ドル+14ドル
10回目9ドル×18ドル+5ドル

このシミュレーションのように勝ち負けを交互に繰り返した場合、賭け金が10ドルと9ドルを行き来しているだけなので、大きな利益を得ることができません。最終的な収支は+5ドルと利益が出ていますが、10回プレイしてわずか5ドルしか利益を得ることができないのです。2倍配当のゲームで勝ち負けが交互に続く場合は、このように資金を増やすことは難しいといえます。

連勝からの連敗した場合(5勝5敗)

このシミュレーションでは、最初に連勝をして後で連敗した場合にどのように資金が動くかを見ていきます。

ゲーム回数賭け金勝敗配当損益
1回目10ドル20ドル+10ドル
2回目9ドル18ドル+19ドル
3回目8ドル16ドル+27ドル
4回目7ドル14ドル+34ドル
5回目6ドル12ドル+40ドル
6回目7ドル×0ドル+33ドル
7回目8ドル×0ドル+25ドル
8回目9ドル×0ドル+16ドル
9回目10ドル×0ドル+6ドル
10回目11ドル×0ドル-5ドル

このシミュレーションの場合、最初のシミュレーションと同じように5勝5敗ですが、最終的には損益-5ドルが確定してしまっています。つまり、このシミュレーションは、ダランベール法における負けパターンということになります。

このようにダランベール法では、どのタイミング勝つか負けるかによって、ゲームの結果が異なるのです。そのため、早い段階で勝ちパターンなのか負けパターンなのかを判断し、戦略を練ることが大切です。このように最初に勝っていても流れが変わってしまったようであれば、利益を確定するために早めにゲームを切り上げてしまった方がいいでしょう。

連敗からの連勝(5勝5敗)

ここでは最初に5連勝した後に5連敗した場合、損益がどのように変動していくかを見ていきましょう。

ゲーム回数賭け金勝敗配当損益
1回目10ドル×0ドル-10ドル
2回目11ドル×0ドル-21ドル
3回目12ドル×0ドル-33ドル
4回目13ドル×0ドル-46ドル
5回目14ドル×0ドル-60ドル
6回目15ドル30ドル-45ドル
7回目14ドル28ドル-31ドル
8回目13ドル26ドル-18ドル
9回目12ドル24ドル-6ドル
10回目11ドル22ドル+5ドル

このシミュレーションの場合、最初に5連敗をしてしまって損益が膨らんでしまいましたが、後半に5連勝をすることで最終的には収支が+5ドルになっています。これはダランベール法を使用した際の勝ちパターンであり、最初に連敗した後に連勝すると、利益が出るようになっています。

ただし、連敗してしまった場合は、それ以上損失額を増やさないようにするためにも、早めに損切りをしてしまいことも大切です。このシミュレーションにように後半で連勝できるということは頻繁にあることではないので、このパターンを期待して無駄にゲームを継続してしまわないように注意が必要です。

10連敗した場合(10勝0敗)

めったにないことですが、もしもダランベール法を使用して10連敗してしまった場合は、どのくらい損失額が増えていくのかを見ていきましょう。

ゲーム回数賭け金勝敗配当損益
1回目10ドル×0ドル-10ドル
2回目11ドル×0ドル-21ドル
3回目12ドル×0ドル-33ドル
4回目13ドル×0ドル-46ドル
5回目14ドル×0ドル-60ドル
6回目15ドル×0ドル-75ドル
7回目16ドル×0ドル-91ドル
8回目17ドル×0ドル-108ドル
9回目18ドル×0ドル-126ドル
10回目19ドル×0ドル-145ドル

10連敗した場合、賭け金はそこまで上がっていませんが、損失額の合計は-145ドルまで増えてしまっています。賭け金が少ないからと言って損切りをせずに負けを繰り替えてしていると、このように損失額が膨らんでしまうのです。そのため、連敗してしまった時は早めに損切りをしてゲームをやめるか、一度最初の賭け金にリセットをするのがおすすめです。

ダランベール法で両建て

ルーレットで使用することができるカジノ必勝法の1つに両建て法戦略というものがあります。両建て法とは、2倍配当のゲームで両方の結果に対して賭けることで、どちらの結果が出ても勝てるようにすることを言います。ブックメーカーでもよく耳にする戦略ですね。ルーレットで両建て法を使用する際には、ダランベール法を使います。この方法では、2つの予想に対してダランベール法を使用しつつ、累計損益を合算していきます。これにより、片賭けで負けた際の損失に対してリスクヘッジをすることができます。

ダランベール法を両建て法で使用した場合、同時に2ゲームをプレイしていると同じことになるので累計損益の計算がややこしくなりますが、通常のダランベール法よりもリスクをおさえることができます。

ただし、オンラインカジノの多くでは両建て法を禁止しています。両建て法を使用してそれぞれに対して同じ金額を賭けた場合、勝ち負けに関係なく、資金は変わりません。そのため、これを利用してボーナスの賭け条件を満たそうというプレイヤーが多いためです。

そのため、この両建て法を使用したい場合は、まずは各オンラインカジノの利用規約をよく読み、両建て法が禁止されていないかを確認しましょう。

よくある質問:ダランベール法

ここではダランベール法に関するよくある質問をまとめました。

ダランベール法ではどれくらいの金額からゲームをプレイするのがいいですか?

ダランベール法で最初に賭ける金額は、資金の1~5%が良いとされています。資金が十分にあり高配当を狙いたいのであれば5%に設定しても問題ないですが、資金があまりなければ1%で始めた方がリスクを抑えることができます。

ダランベール法はランドカジノでも使用することができますか?

ランドカジノによっては、ダランベール法などのカジノ必勝法の使用を禁止していることがあります。ルールに違反してしまった場合は、勝利金が没収されたり、出入り禁止になってしまったりすることがあります。
そのため、ランドカジノでダランベール法を使用したいのであれば、使用が禁止されていないかどうか、事前に確認をすることをおすすめします。

ダランベール法はどんな人におすすめですか?

ダランベール法はリスクを取らずにゲームを楽しみたいという方におすすめです。ダランベール法は賭け金の増減が少ないため、利益が得にくい分、損失も大きくなりにくいのが特徴です。そのため、お金を稼ぐことが目的ではなく、リスクを取らずに長くゲームを楽しみたいという方にダランベール法はおすすめです。

ダランベール法で損切りをするタイミングはいつですか?

ダランベール法では明確に損切りをするべきタイミングは決められていません。そのため、ゲームを始める前に、損失額が○○に達したらゲームをやめる、という自分のルールを決めておくといいでしょう。
同じように利益確定をするタイミングを事前に決めておくこともおすすめです。

ピラミッド法とダランベール法の違いは何ですか?

ピラミッド法とはダランベール法の別名です。そのため、内容は全く同じです。

ベラジョンカジノ$30アド