フラワーベット法とは|やり方をシミュレーション付きで解説

オンラインカジノの中でもベット方法が多く、戦略を活かせるのがルーレットです。この記事ではフラワーベット方と呼ばれるベット方法をシミュレーション付きで学び、今後のルーレットに活かしていきましょう。

▶︎ルーレットの基本ルール

フラワーベット法とは

フラワーベット法とはカジノゲームの中でもルーレットで使用することができる必勝法です。フラワーベット法では最大144倍の配当を獲得することができるため、ルーレットでガッツリ稼ぎたい、というプレイヤーからも人気を集めています。また、的中率が高く、高配当も狙えるため、バランスがいい戦略として初心者にも人気です。

フラワーベット法とは、その名の通り、まるで花びらが開いたかのようにチップを置くことからこの名称がつけられています。フラワーベット法では決められた通りに賭けをするだけなので、初心者でも利用することができます。

では早速、フラワーベット法について学んでいきましょう。

ランキング ライブカジノ
ベラジョンカジノ$30アド

フラワーベット法の利点

ここではフラワーベット法の利点を紹介します。

144倍の配当を獲得することができる

フラワーベット法の一番のメリットは、予想が的中した場合144倍の配当を獲得することができるという点です。ルーレットでは通常通りに賭けをした場合、獲得できる最大配当はストレートベットの36倍です。

しかし、フラワーベット法を利用すれば144倍まで配当を上げることができるのです。そのため、よりゲームを楽しむことができるでしょう。カジノゲームの中でも144倍という高額配当を獲得できるものはほとんどないので、一気に稼げる方法を探している方にフラワーベット法はとてもおすすめです。

誰でも簡単に利用できる

フラワーベット法ではどのように賭けるかが具体的に決まっています。そのため、最初に本命の数字と賭け金を決めてしまえば、特に何かを変更する必要なく、そのままゲームを継続することができます。オンラインカジノの場合、特になにも操作する必要がないので、マルチプレイを楽しむこともできます。

フラワーベット法では具体的にどう賭けるかが明確に決まっているので、初心者にもおすすめできます。

フラワーベット法の欠点

ここではフラワーベット法の欠点を紹介します。フラワーベット法には利点だけではなく、いくつかの欠点もあるので、以下の点についてもしっかりと理解しておきましょう。

勝率が高いとは言えない

フラワーベット法では37個の数字のうち、9個の数字に賭けます。そのため、ゲームに勝利できる確率は24.3%となり、4ゲームに1回に勝利できる計算となります。そのため、連敗してしまうことも十分に考えられ、その場合、損失が膨らんでしまうリスクがあります。

なかなかゲームに勝つことができないと、ゲームを楽しむことができないので、勝率の低さについてはあらかじめ理解しておきましょう。

資金力が必要

フラワーベット法では毎回9ユニット分の賭け金が必要となります。1ユニット=1ドルとした場合は9ドル、1ユニット=2ドルとした場合は18ドル、1ユニット=3ドルとした場合は27ドルと、少しユニットを高くすると、必要な賭け金が大きくなります。

そのため、ある程度の利益を得たいのであれば、その分まとまった金額の資金が必要となります。

ランキング ライブカジノ

フラワーベット法のやり方

以上のようにルーレットはアウトサイドとインサイドベッドにわかれています。そして、フラワーベット法では、インサイドベッドの中でも「ストレートアップ・スプリットベット・コーナーベット」の3つを組み合わせてベットをします。

まず、フラワーベット法では、1~36までの数字の中から1つを選びます。そして、その数字を囲むように、8か所にチップを置いていきます。この様子が、まるで花が咲いているように見えるのです。

では、どのようにフラワーベット法を使用するか具体的に手順を解説していきます。

1.ストレートアップ

まず、本命の数字を1つ選んで、チップを1枚置きます。ここでは例として「5」を選んだとしましょう。

2.スプリットベット

次にストレートアップで選んだ数字「5」の上下左右に1枚ずつ、4枚のチップを置きます「5」を本命の数字として選んだ場合は、その上下左右「2-5」「4-5」「6-5」「8-5」にベットすることになります。

3.コーナーベット

最後にストレートアップした数字の角に1枚ずつ、合計4枚のチップを置きます。

「5」を本命の数字として選んだ場合は、「3625」「6958」「2514」「5847」にベットすることになります。

これでフラワーベット法のチップの置き方は完了です。フラワーベット法では賭け金を自由に設定することができるため、好きな金額を設定しましょう。また、やめるタイミングにもルールはありません。目的の金額に達したタイミング、損失が膨らんでしまったタイミングなど、個人の目標や資金に合わせて、好きなだけフラワーベット法を続けましょう。

フラワーベット法の配当

そして、フラワーベット法ではルーレットの結果でどのベットエリアに球が入るかによって、配当が9倍、36倍、144倍と変化します。

コーナーベットが的中した場合

フラワーベット法でチップを置いた合計9個の数字うち、コーナーベットをした4つの隅の数字に当たった場合は、配当が9倍となります。「5」を本命の数字として選んだ場合の4つの隅の数字は、3、9、1、7となります。

これらの数字には、コーナーベットがかかっているので、いずれかの数字に入れば9倍の配当が獲得できるのです。

上下左右のいずれかの数字が的中した場合

次に、フラワーベット法の上下左右のいずれかの数字に当たった場合は、配当が36倍となります。「5」を本命の数字として選んだ場合、2、4、6、8が上下左右の数字に該当します。

この場合、それぞれの数字には配当9倍のコーナーベットが2つ、配当が18倍のスプリットベットがかかっているので、これらの数字に当たれば36倍の配当となります。

本命の数字が的中した場合

フラワーベット法で本命の数字に当たった場合、配当は144倍となります。フラワーベット法では、本命の数字に対して4つのコーナーベット、4つのスプリットベット、ストレートアップが賭けられています。

そのため、(9×4)+(18×4)+36=144倍という計算となります。

このようにフラワーベット法では1度の勝利で、大金が獲得できるチャンスがあるのです。それぞれの配当が獲得できる確率は以下の通りです。

  • 9倍:21.6%
  • 36倍;10.8%
  • 144倍:2.7%

フラワーベット法では1度の配当が大きいので、連敗してしまったとしても、1度の勝利で損失額をすべて回収することが可能です。

ランキング ライブカジノ

フラワーベット法注意点

ここではフラワーベット法を利用する際の注意点を紹介します。実際にフラワーベット法を利用する前に、以下の点を押さえておきましょう。

144倍の確率は低い

フラワーベット法を利用して144倍の配当を獲得したい!という方が多くいることでしょう。しかし、実際には144倍の配当を獲得できる確率は2.7%である、非常に低くなっています。

一方でフラワーベット法では毎回9か所分の賭け金が必要になります。そのため、連敗してしまうと、損益ばかりが増えてしまうことが考えられます。

144倍の配当というのがフラワーベット法の魅力ですが、実際に獲得できる確率は非常に低いということをしっかりと押さえておきましょう。

ヨーロピアンルーレットを使用する

ルーレットにはヨーロピアンルーレットとアメリカンルーレットの2つがあります。ヨーロピアンルーレットは1~36の数字に加えて0、アメリカンルーレットには1~36の数字に加えて0、00の区画があります。

つまり、アメリカンルーレットの方が一か所区画が多いことを意味します。そのため、フラワーベット法を利用した際の本命に当たる確率が、ヨーロピアンルーレットの場合1/37、アメリカンルーレットの場合1/38となり、ヨーロピアンルーレットの方が高くなっています。

フラワーベット法を使用する際には、ヨーロピアンルーレットを使用するのが鉄則です。

やめるタイミングをしっかりと設定する

フラワーベット法は自由度がシステムベッティングであり、やめるタイミングは決められていません。そのため、自分自身でしっかりとやめ時を決めておく必要があります。

フラワーベット法ではなかなか勝利することができず、9ユニット分の賭け金を続けて失ってしまうことがあります。そうなってしまった場合、損失額が膨らんでしまいます。

そのため、フラワーベット法を使用する際には、始めにいくら損失したらゲームをやめる、という明確なタイミングを決めておくことが必要です。一度144倍の配当が獲得できれば挽回できる、という考えでゲームを継続していると、延々と勝てずに損失ばかりが膨らんでしまうことがあります。調子が悪いと感じたら、早めにゲームを切り上げてしまうのがいいでしょう。

フラワーベット法シュミレーション

ここでは実際にフラワーベット法を利用した際のシミュレーションを紹介します。シミュレーションを通じてどのようにゲームを進めていくかを確認し、フラワーベット法をマスターしましょう。

このシミュレーションでは1か所に賭ける金額を1ドルとします。

1ゲーム目

1ゲーム目では14を中心とした9か所の数字10~18に賭けることにします。この時、それぞれの賭け金は1ドルであるため、合計賭け金は9ドルです。

そして、結果が4だったとします。この場合、負けとなるので賭け金は没収となります。そして、累計損益は-9ドルです。

2ゲーム目

2ゲーム目も同じように9か所の数字に賭けます。1ゲーム目と同じように、数字10~18に賭けて、合計9ドルを使用したとします。この時、コーナーベットをした12に球が入ったとします。この場合、9倍の配当が獲得できるので、9ドルが払い戻されます。

そのため、ここでは単純に賭け金が戻される計算となり、累計損益は1ゲーム目と同じ-9ドルとなります。

3ゲーム目

3ゲーム目でもこれまでの同じように数字10~18に賭けたとしましょう。3ゲーム目では34に球が入り、ゲームに負けてしまったとします。

この場合、賭け金は没収となるので、ここまでの累計損益は-18ドルとなります。

4ゲーム目

4ゲーム目でもこれまでと同じように、数字10~18に賭け、9ドルを使用したとします。

ここで本命の数字である14に球が入ったとします。この場合、ストレートベット、スプリッドベット、コーナーベットの配当が獲得できるため、144ドルが払い戻されます。

そうすると、累計損益は一気にプラスに転じ+126となります。

5ゲーム目

4ゲーム目でもこれまでと同じように、数字10~18に賭け、9ドルを使用したとします。そして、ゲームに負けてしまい、9ドルが没収されたとしましょう。

この際、累計損益は+115ドルとなります。これらのゲームの結果を表にすると以下のようになります。

ゲーム数賭け金勝敗累計損益
1ゲーム目9ドル負け-9
2ゲーム目9ドル9倍の配当を獲得-9
3ゲーム目9ドル負け-18
4ゲーム目9ドル144倍の配当を獲得+126
5ゲーム目9ドル負け+115

このようにフラワーベット法ではリスクを抑えつつ、一気に高額配当を狙うことができます。本命の数字が出れば、それまでの損失を一気に取り戻すことも可能です。

ただし、コーナーベットで的中した場合は、賭け金が払い戻されるだけなので、利益を得ることはできません。

フラワーベット法改良

ここではフラワーベット法の応用法を紹介します。通常のフラワーベット法では損失ばかりが増えてしまう、より大きな利益を狙いたい、という方は以下の方法を試してみるといいでしょう。

アウトサイドベッドを活用する

フラワーベット法はインサイドベッドのみを使用した必勝法です。配当が獲得できる確率は9/37であるため、そこまで高いというわけではなく、連敗が続いてしまうこともあります。

そのため、少しでもリスクを抑えたい場合は、アウトサイドベッドを活用するのがおすすめです。

フラワーベット法の9つの数字に加えて、ダズンベッドやカラムベッドなどもしましょう。そうすることで、負けた場合はわずかに損失額が軽減され、勝利時にはわずかに配当がアップします。

複数のフラワーベット法を使用

通常フラワーベット法では、1つの本命の数字を選んで、9つの数字に賭けます。しかし、よりリスクをとって、144倍の配当を狙いたいのであれば、フラワーベット法を多用することもできます。

例えば、本命の数字を5、11、17、23、29、35とすると、51か所の数字に賭けることで、すべての数字をカバーすることができます。そして、10/37の確率で72倍、もしくは144倍の配当が獲得できます。この方法では賭け金が大きくなるのでリスクをとることになりますが、その分高額配当獲得のチャンスが高まるので、よりスリリングにゲームを楽しみたいという方におすすめです。

ランキング ライブカジノ
ベラジョンカジノ$30アド