ゲンティングループの躍進

ゲンティングループの躍進

日本のカジノ市場への進出を狙うのは、シンガポールや英国、米国でカジノを運営する同社だけではないようです。世界数カ所で総合カジノリゾートを運営する米カジノ大手、ラスベガス・サンズの幹部もシンガポールに持つマリーナ・ベイ・サンズよりも大型のカジノ施設を日本で建設したいとの意向を示しました。 そして香港、マカオの銀河娯楽集団も日本の関係者と会い、カジノ運営が地域にもたらすビジネスチャンスについて売り込んだ模様です。そんな中マレーシア資本財閥、Genting Groupゲンティン・グループは、現在、IRリゾートリゾートワールドをマレーシア、シンガポール、フィリピン、アメリカ、イギリス、バハマで展開しており、2017年9月20日にはゲンティン・シンガポールによって日本支店の設立も発表され、今後は日本カジノへの参入を視野に入れた事業展開を行っていくようです。日本ではあまり馴染みのないゲンティングループではありますが近年急成長して躍進している企業なのです。

casino

1964年に林梧桐により設立されたゲンティン・グループは、ゲンティン(Genting Berhad)、ゲンティン・マレーシア(Genting Malaysia Berhad)、ゲンティン・シンガポール(Genting Singapore PLC)、ゲンティン・プランテーション(Genting Plantation Berhad)からなる、マレーシアのリゾート開発企業グループです。マレーシア、シンガポールを中心に娯楽・カジノ、ホテルリゾートなどを展開しています。 ゲンティンはマレーシア証券取引所(BURSA)に上場させている主な企業で
ゲンティン・マレーシアはカジノ・リゾートやゲンティン・プランテーションとして農園大手をてがけています。シンガポール証券取引所(SGX)に上場させている主な企業では
ゲンティン・シンガポールシンガポールのセントーサ島でリゾート・ワールド・
セントーサを運営しています。まさに今、話題である米朝首脳会議の舞台としてセントサアイランドが注目されています。さて、オンラインカジノで大きく設けてシンガポールのカジノに行くのもいいですね!

マレーシアの首都・クアラルンプールに本社を置き車で約1時間の場所にある一大エンターテインメントリゾートゲンティン・ハイランドを運営しており政府公認カジノやホテル、アミューズメント施設、テーマパーク、ショッピングモール、コンベンションセンター、ゴルフ場などを総合的に手掛けています。日本人観光客にも人気のある観光地の一つで大手旅行会社のパンフレットにもしばしば記載されています。

ゲンティン・シンガポール(カジノ・リゾート開発) ではサムライ債(円建て外債)を発行して200億円を調達しました。同社は日本市場への投資を視野に入れており、日本でのカジノ解禁に備えて資金を確保したもようです。同社は証券取引所に提出した資料で、表面利率0.669%の5年物円建て債を発行したことを明らかにしました。マレーシアで唯一のカジノ運営会社であるゲンティン・グループ傘下の同社は、日本でのカジノ解禁に備えて東京支店を開設して免許の申請準備を進める他の外国企業に追随して遅れをとらない事を意識している様です。この様にゲンティンは着々と構想をねってIR実施法案の「行方を見守っている」と表明しました。さて、オンラインカジノで大きく設けてシンガポールのカジノに行くのもいいですね!

最終更新日: