ギャンブル運と手相|ギャンブルで勝負強い線とは

自分がギャンブルに向いているかのかどうか…誰でも気になりますよね。そんな時は、手相を見てみるのはいかがですか?手相からは金運や勝負運を見ることができるので、自分がギャンブルに向いているかどうかの判断基準のひとつにもなり得ます。

この記事では、これからギャンブルを始めたい、という方に向けてチェックするべき手相を紹介します。

手相は本当に当たるの?

手相は必ずしも当たるというわけではないですが、人生において、いつ頃・どんな出来事が起こるのか予測を立てることができます。例えば、結婚や出世のタイミングなどは定番であり、手相を読むことによって時期を予測することが可能です。

手相では生命線、知能線、感情線、運命線の4つがベースになっており、これを基に人生における運勢をある程度予想することができると考えられています。

  • 生命線:親指と人差し指の付け根の間から手首の方向に掛けてのびている線
  • 知能線:生命線の上に位置するように、親指と人差し指の付け根の間から掌中央に向かってのびている線(頭脳線とも呼ばれる)
  • 感情線:小指の下、手の側面から人差し指に掛けてのびている線
  • 運命線:掌中央に中指下から手首にかけて縦にのびている線

ギャンブルに役立つ手相

ではここでは実際に、自分がギャンブルに向いているかを知るために、どの手相を見るべきかを紹介します。手相を見る際には自分の左手を使用します。

1.長い直感線

まずは「右手の薬指と小指の間から縦に長い線」が走っているかを確認しましょう。この線は神秘的な力を持っていることの証拠であり、何かの才能に目覚めた時に現れる線だとされています。この線を持っている人は芸術の分野で活躍することが多く、画家などのアーティストの中にこの長い直感線を持っている人が多いとされています。

そして、この直感性はすでに説明した通り神秘的な力を表す線でもあるため、ギャンブルにおいて奇跡を起こす可能性も!?普段は負けていても、大きな勝負で勝って一攫千金を獲得できることもあるかもしれません。

2.神秘十字線が2つ

「感情線」と「知能線」が左手の中心で交わり、十字架が2つある場合は、スピリチュアル的な才能があると言われています。この十字線は霊感がある、祖先に守られている線だと言われており、直感が働きやすいといえます。

そのため、ギャンブルにおいても直感が重要であるルーレットキノなど運任せのゲームでの勝負に強いといえます。また、神秘十字線が2つある場合、カジノ以外にも宝くじや競馬でも強運が期待できます。

今日はついている気がする、など直感で何かを感じ取った時には、宝くじなどを買ってみるといいでしょう。

3.ますかけ線

強運の手相として知られているものの代表が「ますかけ線」と呼ばれるものです。ますかけ線とは「掌の中心を横一色線に走っている線」のことを指し、「知能線」と「感情線」が1つになったものを指します。

このますかけ線は天下取りの手相として知られ、つかんだ運は絶対に放さないと言われています。そのため、この線がある人は勝負運が強いといわれており、ここ一番の勝負どころで勝てるとされます。

ギャンブルにおいても、大きな勝負で勝ちを逃さないといえます。実際にプロのギャンブラーにはこのますかけ線を持っている人が多く、信憑性が高いといえます。

4.覇王線

覇王線」とは「左手の中央を縦に走り、上半分が3本に分かれている手相」のことを言います。この3本の線はそれぞれ運命線、太陽線、財運線と呼ばれ、これが中央で1つに束ねられているのが覇王線の特徴です。この覇王線は強い金運を示しており、これがある人はギャンブルに限らず、お金に関することがすべて思い通りになると言われています。

この覇王線を持っている人は努力家でもあり、ちょっとした失敗ではくじけない強い精神力を持っています。そのため、ギャンブルで勝つための素質が十分にあるといえます。

5.財運線

財運線」とは「掌の左側にある短い縦の線」のことを言います。この線はその名の通り、金運が高いことを示しています。お金が自然と入ってくることを意味しているので、ギャンブルなどでも自然と勝利してしまうなど、金運の良さを発揮することでしょう。

積極的にギャンブルに投資すればその分大きなリターンを得られるはずです。

6.勝負線

勝負線」とは「掌の左上に短く走っている横の線」のことを言います。この線は勝負ごとに強いことを示しており、ここ一番に力を発揮することができます。そのため、ギャンブルなどの勝負事にも強いと考えられます。

この線がある場合、失敗を恐れずに積極的に勝負をすることが大切です。時にはリスクを恐れずに、大金を賭けて勝負してみては!?

7.ラッキーM

ラッキーM」とは「掌に大きくM字を描くように線が走っている手相」を指します。これは知能線、感情線、生命線、運命線の4つが重なってできるものであり、人柄がよく調和がとれた性格であることを示しています。そして、自分の願い事がかないやすい手相として知られています。そのため、ギャンブルで勝ちたいと願えば、それを叶えてくれるかもしれません。

さらにラッキーMが知能線からもなるため、頭脳明晰な人の手相によく現れます。そのため、ギャンブルでコツをつかんでポーカーブラックジャックなど戦略が重要なゲームで勝てるようになる可能性が高いといえます。

ラッキーMは幸運を呼び寄せるとも言われているので、頭脳に加えて運も良ければ、ギャンブルで怖いものはないでしょう。

8.福つかみ

福つかみ」とは「掌の中央にあるホクロ」のことを言います。手を握った時に自然と隠れた位置にホクロがある場合、これは金運が高いことを意味します。そのため、人生において福を手にするとされており、一度手にしたら手放さないとも言われています。

特にホクロの形がいい場合は、より大金が迷い込むとされています。

手相チェックのおすすめツール

これまで自分で手相を見たことがないという方は、自分で見ても自信がないということもあるでしょう。かといって、占い師に手相を見てもらうのであれば、高く費用がかかってしまいます。

そんな時におすすめなのが「手相アプリ」です。最近では掌の写真を撮るだけで手相をチェックしてくれるアプリがあり、誰でも簡単に自分の手相について知ることができます。

特に「銀座の母 的中鑑定」「島田秀平 手相占い」「AI手相占い – Palam -」などのアプリは人気を集めているのでおすすめです。これらのアプリはもちろん無料でダウンロードすることができるので、ぜひ活用してみては?

手相は書いても効果あり?

いかがでしたか?ここではギャンブルに強い手相を紹介しましたが、どの線にも自分の手相が当てはまらない…と、落胆してしまった人もいるのではないでしょうか?

そんな人に朗報です!なんと、手相は自分で書いてもその効果が得られるのです。

手相を書く際に使うペンは、何でも構いません!濃く書いても、薄く書いても、どちらでも良し!消えてしまった場合は、また新たに手相を書くようにしましょう。

自分で手相を書くのはちょっとインチキでは…?と思う方もいるかもしれませんが、これでも十分運勢を上げることができると言われています。インチキというよりは、その手相を書くことによって自分でも運を意識することで、幸運を自発的に引き寄せる…というような法則と考えられます。

最終更新日: