岡本詩菜がポーカー世界大会で賞金1700万円獲得!AI並みにかわいいと話題に

,

日本人女性ポーカープレイヤーの岡本詩菜さんが2023年の世界的ポーカー大会「WSOP(World Series Of Poker)」女性限定イベント(LADIES Championship)にて、世界第2位という偉業を成し遂げました。

この活躍により一躍時の人となった岡本詩菜さん。ポーカーの腕前だけではなく、その容姿がまるでAIの様に美人と話題です。オンラインカジノプレイヤーの中でも知ってる人は多いのではないでしょうか?

今回はそんな岡本詩菜さんの年齢や学歴などのプロフィールの他、ポーカー歴やWSOP2023での活躍についてご紹介します。

こちらからポーカーのルールについてもあわせて是非ご覧ください。

岡本詩菜のプロフィール

岡本詩菜さんのプロフィールをまとめてみました。

名前岡本詩菜(おかもと しいな)
生年月日1989年
年齢33歳(2023年8月現在)
在住エリア東京都港区
プレイヤー歴3年
主な戦歴・TPC season4 Main Event 優勝・JPF All Night Dragon 優勝・KK LIVE POKER FINALE KO Bounty 優勝・Masters-S1 5cards PLO 優勝・WSOP LADIES Championship 2023 第2位

年齢が33歳に見えないと話題に!

岡本詩菜さんの年齢は2023年8月現在で33歳ですが、とても年齢相応の容姿に見えないと話題です。整った顔立ち、美しく透き通るような肌、サラッと伸びたストレートヘア、そして大人の雰囲気を醸し出しながらもどこか幼い雰囲気から、20代と言われても納得の美しさです。

まるでAIが描いたかのような美しさは、33歳には到底見えません。ポーカーの実力だけでなく美貌も併せ持つ岡本詩菜さんは、まさに天は二物を与えずを覆す存在です。

京都大学出身の高学歴

岡本詩菜さんは京都大学工学部建築学科出身という高学歴の持ち主です。京都大学は「京大」という敬称で親しまれ、工学部の偏差値は62.5〜67.5と、東京大学と肩を並べる国内最難関国公立大学の1つです。

世界大学ランキングでも総合68位とTOP100にランクインし、日本を代表する大学と言えるでしょう。

運要素が少なく頭脳とテクニックが重要視されるポーカー。岡本詩菜さんが世界レベルの大会で活躍するのも納得です。

かわいいと話題に

岡本詩菜さんは若く見えるだけでなく、かわいいとも話題です。ポーカーのゲーム中こそ真顔で真剣そのものですが、トーナメントで見事優勝した時の写真に収められた笑顔がとってもかわいく、ゲーム中のキリッとした真面目な表情と同一人物とは思えないほどです。

美しく綺麗で落ち着いた雰囲気のある大人の女性の表情と、ニコッとかわいい無邪気な笑顔のギャップは多くの男性を虜にしています。

こちらから世界の美人ポーカープレイヤーに関する記事もあわせてご覧ください。

岡本詩菜のインスタは?

岡本詩菜さんのインスタを調査してみたところ、残念ながら開設していないようです。しかし数々の画像と共に、X(旧Twitter)へ自身のプライベートや近況、ポーカーの大会情報などを投稿しています。

岡本詩菜のポーカー経歴は?

偉業を成し遂げた岡本詩菜さんですが、実はポーカー歴はたったの3年と、決して長きに渡ってポーカーに携わっているわけではありません。

しかし国内で開催されたポーカー大会「TPC season4 Main Event」「JPF All Night Dragon」「KK LIVE POKER FINALE KO Bounty」「Masters-S1 5cards PLO」で優勝するなど、この3年の間に数々の素晴らしい経歴を残しています。

元々ポーカーの才能があったのか、これほど国内での経歴を持ち、なおかつWSOP2023で世界第2位の座を獲得した岡本詩菜さんは、真のポーカー実力者と言えるでしょう。

岡本詩菜のポーカー世界大会WSOP2023での活躍

岡本詩菜さんのポーカー世界大会WSOP2023での活躍についてもう少し詳しく触れてみましょう。

WSOPと言えば1970年に初めて開催され、世界で最も権威あるポーカー大会として有名です。2023年は史上最多となる1295名の女性ポーカープレイヤーが参加し、4日間に渡って行われました。

最終日まで1位で進出し、岡本詩菜さんはチップリーダーとして決勝のテーブルに着きます。アブラハムさん(Tamar Abraham)とのヘッズアップとなったターンでお互いにワンペアという状況。

岡本詩菜さんがオールインを宣言し、アブラハムさんのコールでリバーを迎えます。5枚目のコミュニティカードがスペードの6と判明した瞬間、アブラハムさんにフラッシュが完成し優勝が決定します。

ヘッズアップで破れた岡本詩菜さんは惜しくも第2位という結果になりましたが、11万8768ドル(約1700万円)の賞金を獲得し、日本人女性ランキングで第3位に上り詰めました。

ゲーム終了後、岡本詩菜さんはXを更新。

こんなに分散の高いトナメで運良くここまで来れることは、人生でもう二度とないかもしれない。

メンタルコントロール含め実力不足を感じたけど、きっとみんな一度は通る道だと思って、もっと勉強して経験を積んでまたこの場に戻ってきたいです。

応援ありがとうございました。

これは第一章です。

これだけの偉業を成し遂げたのにも関わらず自身の実力不足だと反省し、さらなる勉強と経験を積みWSOPでのリベンジを宣言しています。

今後の岡本詩菜さんの活躍に期待しましょう。

ポーカーブーム

世界的に広く親しまれているポーカーですが、ここ最近になってZ世代を中心として、国内で空前のポーカーブームが到来しています。

日本で最も有名なポーカーと言えば各プレイヤーに5枚のカードを配り、1回のカード交換で役の強さを競い合うドローポーカーが一般的で、幅広い世代で遊ばれています。

しかしポーカーブームが訪れてからはテキサスホールデムポーカーにその地位を譲ります。世界的にはポーカーと言えばテキサスホールデムポーカーを指すため、日本も世界に追いついた形です。

芸能人やYouTuber、スポーツ選手などの著名人がこぞってポーカーを始め、それと平行して日本全国にポーカーテーブルが設置されたアミューズメントカジノが続々とオープンしてきています。

最近では人気YouTuberのシバターさんがWSOPに参加し、見事インマネ(イン・ザ・マネー)したことが話題になりました。

日2029年の大阪IR開業とポーカーキャッシュプレイ解禁に向け、今後もまだまだ日本でのポーカーブームは続きそうです。

英国生まれの帰国子女。2014年より英国の某大学で国際ビジネスを専攻し、カジノ業界に大きな可能性を見出す。大学卒業後はIRやオンラインカジノをテーマに取り上げた執筆活動に取り組む。現職ではこれまでに100以上のオンラインカジノを検証し、プレイヤーに沿った意見を専門家として展開。