オンラインカジノで勝ち続けるための攻略ガイド

オンラインカジノで勝ち続けるためには、ベッティングシステムが最も重要ですが、それらに肩を並べるくらい正しい心構えを持ちましょう。。今回は、稼ぎ続けるために常に頭に入れておくべき心構えをお教えしましょう!

1.止め時を決めよう!

オンラインカジノに限らず、株やギャンブルにも当てはまることですが、あらかじめ、利益・損失がここまでになったら止めるという日々のルールを設定しておき、そこに到達したら、どんな状況であろうとやめましょう。如何なる状況であっても止めることが最大重要ポイントです。今日は利益が出た!この利益を資金にして倍に増やそうなどと思ってはだめです。負けたから、今日中に何とか取り返そうと考えてプレイし続けると、利益は消し飛び、損失はさらに膨らむことになるでしょう。

しかし、適切な止め時とは、資金に対してどれくらいの割合の利益・損失なのかは、実績をもとに綿密に計算しないと答えの見つからない難しい問題です。私の考案した攻略法では、数十万件のデータから算出した勝ち逃げ・損切りルールをお伝えしています。

2.確率論を意識しよう!

例えばコイン投げで、何度も裏が続いているから、そろそろ表だろうとの誤った予想をしがちになる心理現象のことです。表・裏の発生確率が1/2のコイン投げにおいて、それまでに何度裏が連続して出ていようとも、次に表が出る確率は1/2です。一時的に発生率が上がるという事は決してありません。例えば、バカラでバンカーが続いていて、そろそろプレイヤーがきそうだから、次はプレイヤーに多めに賭けようという賭け方をする人がいますが、これは、プレイヤーの勝率は変化していないにも関わらず、突然賭け金を上げた危険な行為です。オンラインカジノのバカラをプレイしたいならカジ旅ベラジョンをお勧めします。

カジノの王様とよばれるバカラは優雅なセレブたちのゲームとして始まり、今ではアジアで一番人気のカジノゲームとなっています。単純なゲームでありながら大金が動くこともめずらしくないこのゲーム、世界中のどのカジノでも人気のあるバカラですが、アジアでは最も人気のあるカジノゲームとなっています。自分自身で戦略を組み立てていくというよりは、あくまでも予想に重きを置いたゲームです。

bacarat

コイン投げと違い、トランプを使ったゲームの一部では、それまでに出たカードの偏りによって、わずかに勝率が変動するものもありますが、賭け金を上げるほど勝率が上がる様なことは絶対にありません。そのゲームの確率論上の勝率は、常に不変であることを頭に入れておく必要があります。さて、以上で書いたようにバカラは単純なゲームですのほぼ1/2の確率で勝敗が決まりますがペ確立的には、胴元が勝つ確立がわずかですが高いです。

それでも、確立は確立、あなたが勝つための方法を考えてみましょう。バカラが生まれてから今日まで、数かぎりない人々がこのストラテジーを生み出してきました。

基本中の基本のストラテジー

必ず「バンカー」か「プレイヤー」に賭け、絶対に「タイ(引き分け)」には賭けない、ということです。ハウスエッジを考えると簡単に説明できます。ハウスエッジは日本語だと控除率とも呼ばれていて、要はカジノ側の取り分のことです。基本的にどんなギャンブルでも、主催側は取り分があります。ハウスエッジが低いほど賭け側に有利です。

ちなみにハウスエッジが日本で一番高いのは宝くじで55%、パチンコが50%前後です。インターネットカジノの魅力的な点の一つとして、基本的にこのハウスエッジが低いことが挙げられます。さてオンラインカジノのバカラのハウスエッジは基本的なルールだと「バンカー1.01%」「プレイヤー1.29%」「タイ15.75%」となっています。この数字をみてもわかるとおり、一般的にはバンカーに賭けるのがもっとも有利となっています。

bacarrat

ちなみにプレイヤーよりもバンカーに賭ける方がハウスエッジが小さいため理論的にはバンカーに賭ける方が僅かに有利となりますが、差が微小なため実際にプレイする際は気にするほどのものではありません。しかし、どちらかに迷った時にバンカーに賭けることは確率的に有利な選択です。

マーチンゲール法

マーチンゲール法古くから伝わる有名なギャンブルの賭け方です。この方法は簡単に言うと、勝つまで倍賭けし続けるというもので、必勝法とまで言われています。特に負けているときに、有効な方法だといわれています。

勝率が1/2のゲームを想定します。最初に1ドル賭けます。勝てば1ドルを得ますね。負ければ次の賭けでは倍の2ドル賭けます。2ドルの時点で勝てば4ドル、今までの掛け金は1+2=3ドル賭けたので、やはり1ドルを得ます。負ければ次にさらに倍の4ドル賭けます。今までの掛け金1+2+4=7ドルに対して次のリターンは8ドル。このようにして、勝つまで続ければ、必ず1ドル勝てるという方法です。

数学的に計算すると掛け金の合計2n-1(ドル)、勝ったときに得るものが2n(ドル)で

2n-1 -2n =1 で常に1ドル多いことになります。

ですので勝つまで続け、1回でも勝てば、勝ち逃げで勝負を終わります。そうすることで少なくても1は勝つことができるというものです。この必勝法にも注意が必要です。というのも一度の勝ちで全ての損失額を取り戻せると言っても、この方法は負けるごとに繰り返し倍賭けしていくため、連敗が続いてしまうと賭け金が一気に膨れ上がります。賭け金が膨れ上がると、各テーブルに設定されているテーブルリミットに到達してしまい、それ以上倍賭けをすることができなくなってしまいます。

 

 

Casitabi 50 USD Bonus - Casinotop5.jp