2018ワールドカップの行方

今年もいよいよワールドカップがロシアで開催される事になり世界中が熱い戦いを繰り広げて頂点を目指して躍起になっている事でしょう。ワールドカップの歴史と言えば1930年にウルグアイでこの大会を企画・発案した当時のFIFA会長のジュール・リメの寄贈したジュール・リメ・トロフィーをかけて試合が行われました。

国際サッカー連盟である「FIFA」が設立されたのが1904年であり、その際の要綱には世界選手権を行う旨が記載されていたのがきっかけとなります。そして、1928年のFIFAのアムステルダム総会において大会名称を「ワールドカップ」とすることが定められ、1930年に第1回大会が開催されました。そして、1928年のFIFAのアムステルダム総会において大会名称を「ワールドカップ」とすることが定められ、1930年に第1回大会が開催されました。

また、1946年にはFIFA第25回ルクセンブルク総会で「ジュール・リメ杯世界選手権大会」と正式名称として変更されましたが、ジュー・リメカップがブラジルにより永久保持となったことをきっかけに、それ以降の大会はFIFAワールドカップと制定されました。
2018年6月14日~7月15日に開催されるFIFAワールドカップブックメーカー予想もサッカーファンも見逃せないのではないでしょうか?

sports-betting

◎ 日本との時差に関して
• カリーニングラード / 6時間遅れ
• エカテリンブルク / 4時間遅れサッカー
• その他の9つの開催都市は全てモスクワ時間 / 5時間遅れ

◎ 気候に関して
• 大会開催中の気温では 10.9℃~26.6℃」となり、それぞれ開催地での違いもあるが、日中を通して深夜早朝と昼間の気温差が高いという特徴

まず、ワールドカップでおすすめのブックメーカーですが、有名どころでは下記のブックメーカーが人気のサイトです。

sports-betting

Bet Victor: 世界中に顧客を抱える最大規模のブックメーカー。スポーツブックに力を入れており内容も充実。イージーデザインで、初心者にもおすすめです。入金すれば、全世界のスポーツのライブストリーミングが視聴可能になります。そのため、ライブベットが好きな人にも愛されています。Top10ブックメーカーでは、トップクラスのサイトです。

ベラジョン: 業界でもトップクラスのオッズを設定していiいてビッグに稼ぎたい方におすすめです。プロモーション費用などを節約することによって、高いオッズを実現しています。アービトラージを許可していることでも有名です。ブックメーカー中級者以上の方に特に向いていると言えるでしょう。

William Hill :ブックメーカーといえば、1番に挙がるのが1934年創業のウィリアムヒル。バラエティー豊富な賭けが人気。スポーツだけではなくて、大統領選の結果や皇室の子供の名前が賭けられることも有名です。

各ブックメーカーのオッズとは?
・各試合の勝敗オッズ

・優勝オッズ

・得点王オッズ

・各グループ内オッズ

・決勝進出チームオッズ
などが挙げられ、各グループ内のオッズでは、順位・グループ通過 などのオッズも付けられます。

また、各試合のオッズでは、

・得点予想付き、勝敗

・ハンディキャップ付き、勝敗

・前半(or 後半)のみの、勝敗

・得点数

・最初の得点チーム

・カードの数
さらに、
・ライブベッティング:現在進行中の試合に、賭けるなど。

・マルチベット:好みの試合を自由に組合わせて、賭けるなど。

Casitabi 50 USD Bonus - Casinotop5.jp