知らないと損!バカラで勝つための4つの戦略

最終更新日:

貴族の間で人気だったことから「カジノの王様」と呼ばれるバカラ。
しかしオンラインカジノでは誰もがプレイすることができます。

戦略よりも運、そんな印象を持つシンプルなルールで人気です。
特にアジア圏では、カジノで一番人気のゲームとして知られていて、日本人プレイヤーの間でも一番遊ばれているゲームはバカラと言われています。

でも、本当にバカラはホントに運まかせだけなのでしょうか?
この記事ではバカラで勝つための4つの戦略をご紹介します!知らないと損です!

バカラのルールをさらっとおさらい

戦略を紹介する前にさらっとルールをおさらいしておきましょう!それくらい簡単なんです。

バカラは、「バンカー」と「プレイヤー」どちらのカードが9に近いか予想するゲームです。
プレイヤーとありますが、ゲームをプレイしている人を指すわけではなく、ただの名称です。
プレイヤーはバンカーとプレイヤーどちらに賭けることも可能です。

あわせて読みたい>>>バカラのルール徹底ガイド

#1タイ(TIE)にベットするのは避けましょう!

おさらいタイとは引き分けのことで、当たると配当が8倍とかなり高めに設定されています。

プレイヤーにベットした際の配当は2倍、バンカーにベットした際の配当は1.95倍、それに対して、タイにベットした際は配当が8倍とかなり高いです。魅力的なのでついついベットしたくなりますが、バカラにおいてタイにベットするのは、あまり得策ではありません。

というのもタイで当たりが出る確率はかなり低く、10回に1回程度です。
当然、当たらないとベットした金額は回収されてしまいますし、タイで当たり待ちをし、ベットし続けるのはリスクが高いと言われています。

#2ベットするのはバンカーが一番いい??

タイはリスクが高いと説明しましたが、一番リスクが低いのは?
それはバンカーです。バカラにおいてバンカーでの勝ちは50%より少し高め、プレイヤーにベットして勝つ確率よりも若干高いと言われています。
プレイヤーとバンカー、どちらにベットするか迷った際は、どうせならバンカーにベットしちゃいましょう。

バンカーで当たったらバンカーにベット

基本的に当たりが出やすいのは、バンカーです(微々たる差ですが)。バンカーに最初にベットして当たったなら、そのままバンカーにベットし続けましょう!もちろん、当たりがずっと続くわけではないのを念頭に、アグレッシブになりすぎるのは避けましょう!

#3ミニバカラには注意!

伝統的なバカラでは、プレイヤーは1時間に平均40回の決断をすると言われています。その一方で、ミニバカラは伝統的なバカラよりテンポが早いゲームです。そのため、ミニバカラでは1時間に平均150回以上の決断をするそうです。最低ベット額がバカラに比べて低いとは言え、1.06 ~ 1.24 のハウスエッジで150回負けが続くと痛手になってしまいます。

ミニバカラをプレイする際は、負けが出るまでバンカーにのみにベットする戦略をオススメします。その次はプレイヤーに負けが出るまでベット、その次はバンカーにベット、これを繰り返してみましょう。

#4バカラでは資金管理を大切に

バカラをプレイているのは、ある意味コイントスをしているようなものです。勝つも負けるも紙一重なんです。次は勝てる!と思い込み、ついつい使いすぎてしまうこともあると思います。

そこで、プレイする前に、あらかじめそのセッションで使う最高額を決めておきましょう。そして額を超えたら必ず休憩を取ることを心掛けてください。ここでいう休憩は”席を立って少しストレッチ”ということでは有りません。1回外に出て気分転換しましょう。散歩に出て、紅茶でも飲み、リラックスして気持ちが落ち着くまで十分な時間をあけることオススメします。

バカラで賞金を得たら?

バカラで賞金を得たけど、まだゲームを続けて更に稼ぎたい!そんな嬉しい状況もあります。
その場合、まずは賞金の半分のみ使うようにするのが得策です。
もしもその半分で手持ちがプラスにならず、半分そのまま消えてしまったとします。その場合残り半分の賞金を持って休憩しましょう。

まとめ
他のポーカーやブラックシャックに比べたら、バカラに勝率をあげる戦略はそう多くはありません。しかし、この記事で紹介した4つの戦略はバカラをプレイする上で基本的なことでもあり、多くのプレイヤーが行なっています。試した事がないという方はぜひ試してみてください◎

バカラをプレイできるオンラインカジノ: