世界の迷信|ギャンブルにまつわる言い伝えとは?

世界にはギャンブルに関するいろいろな迷信があります。この記事ではその中から特に面白いものを集めました。ぜひ他の人が知らないギャンブルに関する知識を身につけて、周りの人とシェアしてみませんか?

では早速、迷信について見ていきましょう。

赤は「行動」の意味

迷信 赤

これはおそらくギャンブルの迷信において、最も有名でしょう。中国において赤は勝利を意味する色であり、カジノゲームにおいても幸運を意味しています。

そして、この迷信は中国だけではなく、世界中のプレイヤーに信じられています。カジノでは赤いカーテンやレッドカードを見ることが多いでしょう。さらには、壁に赤い絵や写真が飾られていることもあります。それほど赤はカジノにおいてポジティブなイメージがある色であり、多くの場所で見かけることが多いのです。

ギャンブラーの中にはランドカジノに行く際に、赤いアイテムを身につける人も少なくありません。

ベラジョンカジノ$30アド

サイコロに息を吹きかける

迷信 サイコロ

サイコロ(クラップス)に息を吹きかけるというのは、ランドカジノでよく見かける光景です。多くのプレイヤーは実際にサイコロを投げる前に、周りにいるきれいな女性にサイコロに息を吹きかけるようにお願いします。こうすることによって勝てる、と信じている人が大勢います。

ギャンブルの迷信の中にはばかばかしく聞こえるものがたくさんありますが、特にこの迷信はばかげていると考える人も多くいることでしょう。

ランキング ライブカジノ

テーブルでお金を数えてはいけない

迷信 テーブル上のお金

Kenny Rogers (ケニー・ロジャーズ) の曲「The Gambler (ザ・ギャンブラー)」で取り上げられているように、テーブルでお金を数えることによって、後で運が悪くなってしまうという迷信があります。そのため、プロのギャンブラーであれば、ゲームの途中でお金を数えるということはしません。お金を数えていいのは、完全にゲームを終わりにするときのみです。

幸運を呼ぶ蓮の花

幸運を呼ぶといわれている花にはいくつかありますが、その中でも特に有名なのが蓮の花です。これは蓮の花が仏教と関係しているからであり、お釈迦様の仏像や絵画などに蓮の花が多く見られます。

これによって蓮の花を持っていると幸せになれると考えられています。そのため、蓮の花を家の中に置いたりすることで、ギャンブル運や金運が上がると信じられているのです。

ランキング ライブカジノ

幸運のお守り

ギャンブルにはいくつかの幸運のお守りがあります。これらを身につけておくことでギャンブルで勝てると信じられており、プロのギャンブラーの中には頻繁に持ち歩いている人が多くいます。幸運のお守りとして知られているものには、以下のものがあります。

馬蹄

最も効果的な幸運のお守りとして知られているのが馬蹄です。馬蹄は鉄から作られているため、呪いを払ってくれるお守りとして古くから信じられてきました。

つまり、悪魔を追い払ってくれると信じられていたのです。そのため、馬蹄は現在でも運気を上げてくれるアイテムとしたギャンブラーから人気を集めているのです。

うさぎの足

うさぎの足は1940~1960年代にアメリカで幸運を招くお守りとされていました。そして、現在ではヨーロッパ全土でもラッキーアイテムとして知られています。

これは、うさぎがたくさんの子供を産むことから繁栄のシンボルとして扱われていたことに加えて、穴を掘ることから地下の霊と交流があるなどという言い伝えがあるからです。

うさぎの足はキーホルダーとして持たれるのが一般的ですが、化粧のときに使うパフとしても使用されています。また、ハリウッド俳優のジョニー・デップがうさぎの足を愛用しているという話も有名です。

1セント硬貨

ペニーとも呼ばれる1セント硬貨はアメリカで幸運のアイテムとして知られています。1セント硬貨は結婚式や教会の祝福の時などに配られており、ネックレスにしたり、服の装飾に使用されたりなどしています。

50ドル紙幣で遊ぶのはタブー

迷信 50ドル紙幣

アメリカにおいて50ドルは「縁起が悪いお札」として知られています。これは昔に流通していた偽造紙幣などの問題が関係しているなど、様々な言い伝えがあります。

そのため、プロのギャンブラーはゲームをプレイする際に50ドル紙幣を利用するようなことはしません。

足や指をクロスさせる

一般的には足や指をクロスさせるのは幸運の印だとされていますが、ギャンブルにおいては反対となります。これをすることによって、負けが続いてしまうとされています。

ランキング ライブカジノ
ベラジョンカジノ$30アド