クラップスとは?

日本人にはあまり馴染みの薄いクラップス。皆さんは基本ルールたるものを知っていますか?ここでかいつまんで説明すると以外と簡単でプレーヤーがサイコロを2つ投げて、その出目の合計値で勝ち負けが決まるという単純ゲームなのです。当社のオンラインカジノでぜひクラップスをプレイしましょう!

craps

◎ 必勝法は我慢、我慢の連続 とにかく我慢さえすれば必勝あるのみ!!!
◎ 価値観の共有に大喜び。他のユーザーも同じ目に賭けるので、みんなで分かち合える。
◎ スーパーシューターになったときの主役感に感銘を受ける。
◎ 比較的大連敗が少ないのでダメージが少ない。
◎ 一発大逆転が期待できる。
◎ プレイヤーがサイコロを振る信頼感。

カジノ体験では一人で繰り広げてプレーするパターンや友人や家族と一緒にカジノを体験することが一般的ですが、自分にはツキが回りいい手が入りグッドコンディションの状況にあり隣の友人には悪い手が入ってばかりで破産寸前なんてバッドコンディションを目の当たりにするシチュエーションも無きにしも非ず。当社のオンラインカジノでぜひクラップスをプレイしましょう!それはそれで結構気まずいものです。友人が勝つまで自分もプレイし続けするとそのうちこちらもマイナス状況に陥りなんとなくギクシャクした雰囲気を経験した方もいらっしゃるかもしれませんよね。

クラップスならば、そんな心配ご無用!!多少の個人のわざがあったとしても、基本部分は同じ目に賭けますので、大体同じ成績になります。今回紹介する賭け方は単純で特徴的。賭け間違いリスクも低くもしあってもすぐに気がつくのでお互いに掛け方が違っている事を指摘しあってとフォローしあえます。

craps

カジノ体験談としてカジノに行って感動する事は他人と喜びを共有できることはなんて素晴らしい事でしょうか。お互い言葉が通じなくとも勝ったときにお互いハイタッチしたりするだけで、本当に心地よい一体感が生まれます。また、海外において英語でコミュニケーションが出来ればそれはそれで喜びも倍増できますよね。カジノは欧米において、大人の社交場という認識が強く、エンターテインメント産業がメジャーな文化として根付いており日本とは断然の違いを感じます。日本のカジノ議論は、とかく猜疑心やギャンブル的な偏見があるのが残念でなりませんよね。一度実際にプレイを、特にクラップスをやってみたらその偏見をきっと、覆す事でしょう。日本人でクラップステーブルを囲めたらそこにはきっとエンターテインメントパラダイスを体感できることでしょう。当社のオンラインカジノでぜひクラップスをプレイしましょう!

ブラックジャック

日本人にも良く知られたブラックジャックですが低ハウスエッジで基本的に100回プレイすると勝敗は45勝55敗の割合になるそうです。ブラックジャック分で五分五分に持ち込むというイメージです。たまに大連敗に遭遇する場面も無きにしも非ず。それは単純に計算嫌いが災いしてストラテジーどおりにやらないとクレームする人も出現するので息抜き程度にやる事をお勧めします。補足ですがベガサスのストリップ地区では最近ルール改悪がすすみ(ブラックジャック時の配当が1.5倍から1.2倍に)変更されたそうです。

※ブラックジャックのベガス通算成績 7勝3敗 -31ドル
クレイジー4・アルティメットテキサスホールデムでは
このゲームはラスベガスでこの二つ(特に3カードポーカー)で完敗した後試行錯誤して勝つ方法模索しながら研究しつくした結果見出されたゲームです。どちらもポーカーをベースとしたディーラー対プレイヤーでポーカーの役の知識さえ認識していれば簡単にルールを覚える事が出来ます。
最初にクレイジー4というゲームを見つけだしトライアルすると意外と簡単に勝てることを認識するでしょう。

しかし、残念ながらクレイジー4もアルティメットテキサスホールデムも、未だ日本人でこのゲームをやっている人を見かけたことが無いのです。ディーラーからも、何故にこのゲームを知っているのか?と不思議がられたりしてもっと言えば、ディーラーがルールを間違えることもしばしば起こりうるゲームです。しかしそうは言えアルティメットテキサスホールデムは、ここ数年でラスベガスでの存在感が高まってきておりゲームとしても勝敗は別としてエキサイティングするゲームと言えるでしょう。将来的に日本語初のルール解説がされるのもをそう、遠くないでしょう。