欧州カジノ旅行

現在、日本人たちが思い浮かべるカジノと言えば、ラスベガスをや、世界一に君臨しているマカオをや更には、超近代国家のシンガポールを連想しがちですが、日本ではあまり知られていないのが歴史的にみても「カジノ」を語るのであればヨーロッパのカジノがルーツといっても過言ではないでしょう。もし初めてカジノに行くならぜひ、ヨーロッパに行ってみましょう!!今はわざわざヨーロッパでカジノ巡りをしなくても、オンラインカジノでゲームをプレイすることができます。

europe

中でもヨーロッパといっても国数も多く、各国内のカジノホテルもたくさん存在している。ヨーロッパ諸国の中でカジノが1番多い国がなんどフランスです。一見オシャレなフランスからカジノのイメージからすると程遠いフランス。フランスと言えば首都パリの象徴的な名所となっているエッフェル塔はフランス革命100周年を記念して1889年に開催された万国博覧会のために建造されているのも周知のとおりです。

世界遺産やフランス料理にワイン、スイーツと魅力あふれる観光地として日本でも人気の高い国フランスですがそのフランスではカジノが1,800店舗以上も存在しているから驚きですよね。中心地パリだけではなく地方のブザンソン、ベノデ、ビアリッツ、ブロッツハイム、ボルドー、ブリアンソン、カンヌ、カルナック、カリールルエ、カシ、シャモニー、ダクス、ドーヴィル、ディナール、アンジャンレバン、ジョンザック、ラボール、ラロシェル、レザーブルドロンヌ、ルテュケパリプラージュ、ルカート、リール、マントン、ニース、ニーデルブロンレバン、 ウイストルアム、ペロスギレック、リボヴィレ、ロワイヤン、サントマキシム、 サンラファエル、サンマロ、トゥールーズ、トゥルヴィルシュメールなどなど数えたらきりがありません。

europe-casino

勿論、フランスではカジノ運営が政府から合法的に認められており、その中でも格式高い5つ星ホテルカジノがルシアンバリホテル&カジノが有名です。このルシアンバリホテル&カジノには25台以上のテーブルゲーム、250台以上のスロットマシーンが装備されて人気を博しているカジノと言えるでしょう。

以前のフランスのカジノでは、世界中からプレイヤーが簡単に出入りしていましたが2006年頃からセキュリティ対策の強化に力を入れて入り口でしっかり年齢や指紋をチェックされるようになりました。ドレスコードにおいてもフランスのカジノでは、格式が高く厳しくチェックされジャケットを着用していないと入場拒否をされるなどたとえ中に入れたとしても周りと比較すると自分が浮いて引け目を感じるかもしれません。

この世界有数の世界遺産登録数を誇るフランスはローマ時代からの古代遺跡の世界遺産が南仏を中心に南半分の地域に集中する一方で、大聖堂や修道院などの宗教的な世界遺産は北半分の地域に多く集まっているようです。パリの中心を東西に流れる知らずと知れたセーヌ川、ルイ14世、マリー・アントワネットが贅を尽くしたゴージャスな時代を象徴するベルサイユ宮殿や頂上の修道院をめざす巡礼地として中世に繁栄したモンサンミッシェルなど。

美術に関してみても規模、内容、歴史ともに世界トップクラスである誰もが知っているルーブル美術館やオルセー美術館、ポンピドゥー現代美術館、オランジュリー美術館などが世界中から観光客が押し寄せています。そんな優雅な気分を味わいながらオンラインカジノもオシャレに社交界にいるような感じでプレイしてみては如何でしょうか。歴史に触れ、美食を味わい、美味しいワインを嗜みまがら大人のお遊び、オンラインカジノを楽しむことをお薦めします。

Casitabi 50 USD Bonus - Casinotop5.jp