韓国のカジノを徹底解説|おすすめカジノやホテルを紹介!

カジノと言えばラスベガスと思い浮かべる方もいるかと思いますが、韓国でもカジノを楽しむことができます。韓国は日本からとても近い国で、飛行機を利用すれば2時間程度、九州からフェリーでは1時間程で首都であるソウルに行くことが可能です。東京~大阪の移動が新幹線で4時間と考えるととても短い時間で韓国へ行けるのがわかるでしょう。韓国のカジノは釜山、ソウル、済州島に数十箇所あり、アジアだけではなく、世界各国から観光客が訪れています。

韓国でカジノ!オススメの理由

韓国 街並み

韓国のカジノは1967年に観光客向けに解禁され、2000年には15箇所以上のカジノが設立されました。済州島に最も多くのカジノがありますが、首都ソウル市はアクセスが良いため、多くの観光客はソウルのカジノに訪れる傾向があります。

韓国のカジノがオススメな理由として1番に挙げられるのが、日本語を話せるディーラーが多いということです。

海外のカジノでは、言葉が通じず、ゲームの進行やルールが分からなく怒られたり、いやな顔をされたりすることがあります。その点、韓国のカジノのディーラーは日本語でアドバイスをくれたり、サポートをしてくれたりするので安心してプレイすることができます。また、韓国は日本から近いこともありカジノにも日本人の利用者が多いため、あまり不安にならずに利用することができる点もメリットとして挙げられます。

韓国のカジノはラスベガスを除けばミニマムベットが安い点も魅力の一つになります。

ランキング ライブカジノ
韓国まで足を運ばずにカジノを体験!画像をクリックしてカジノトップ5のTOP5ライブカジノランキングをチェック!
ベラジョンカジノ$30アド

韓国 オススメのカジノ

韓国にはいくつかのカジノがありますが、その中でも特にオススメのカジノを紹介します。

パラダイスカジノ・ウォーカーヒル(Paradise Casino walkerhill)

パラダイスグループが運営する本格派カジノで、1968年にオープンした50年以上の歴史と伝統があるカジノとして知られています。パラダイスグループは2002年に上場した一流企業で、韓国の国内だけで5店舗カジノを運営しています。パラダイスカジノ・ウォーカーヒルには日本が話せるスタッフが多く在籍し、非常に高レベルな施設と接客が有名です。パラダイス・ウォーカーヒル・カジノでは、バカラ、ブラックジャック、ルーレットなどをプレイできます。

セブンラックカジノ・ミレニアム ソウルヒルトン(Seven Luck Casino Millennium Seoul Hilton)

セブンラックカジノ・ミレニアム ソウルヒルトンは、ソウルのカジノの中では老舗と呼ばれるカジノになります。日本のテレビ番組でも取り上げられることが多いので、名前を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

他の韓国カジノと比べて少し小さめであるため、カジノ内は混みあっていることが多く、中国人富裕層の利用者が騒いでいることもあります。そのため、初心者には向いていないかもしれません。

セブンラックカジノ・ミレニアム ソウルヒルトンでは、ルーレット、ブラックジャック、バカラ、タイサイ、セブンラックポーカー, カジノウォー、スロットマシーンなどの多種多様なゲームが楽しめます。同じ運営の江南よりベット金額が低く遊びやすいカジノになります。

セブンラックカジノ・江南 COEXモール(Seven Luck Casino COEXMall)

こちらはセブンラックカジノ・ミレニアム ソウルヒルトンと同じく、セブンラックグループが運営するカジノです。COEXモールのカジノの方が利用客が少ないので、落ち着いた雰囲気の中でカジノが楽しめます。セブンラックカジノ・江南は3フロアと広大な面積を誇り、365日24時間営業となっています。韓国人の出入りは許可していない外国人専用カジノで、約100台のマシンゲームがあります。

セブンラックカジノ・江南 COEXモールはソウル最大のショッピングモールが併設されており、他の韓国のカジノに比べると欧米人の客層が多いのが特徴です。カンナムスタイルという曲にも登場する地名で、現地の人達から見ると江南は成り上がりのイメージが強いエリアです。

パラダイスシティ・ホテル&リゾート(Paradise Hotel&Resort)

パラダイスシティ・ホテル&リゾートは日本のセガサミー資本で運営されており、韓国にあるカジノホテルの中では最大級の規模を誇っています。ここは仁川唯一のカジノとして人気を集めています。

オープンしてから日が浅く、日本語を話せるスタッフが沢山います。英語だとほぼ全スタッフに通じるので安心して利用できます。可愛い女の人のディーラーや、ゲームの種類も多く、幅広く楽しむことができます。リゾート地にあるカジノなだけあり、面積は広めですが、最低ベット金額は高めに設定されています。そのため、初心者にもおすすめのカジノです。

パラダイスカジノ・チェジュグランド(Paradise Casino Jeju Grand)

パラダイスカジノ・チェジュグランドは済州のカジノの中では最も豪華で日本人から人気を集めています。内装もパラダイスグループらしい作りになっており、食事も無料で楽しむことができるのが特徴です。また、ディーラーに頼むとレストランのチケットが貰えます。日本語が通じるスタッフが多いですが、テーブル数は多い訳ではないので少額で長く楽しみたい方は週末を避けて利用してください。

パラダイスカジノ・チェジュロッテ(Paradise Casino Jeju Lotte)

パラダイスカジノ・チェジュロッテはリゾート感が魅力のホテルになります。カジノエリアは意外と狭く、バカラのテーブルが20卓、ブラックジャックとルーレットが1卓ずつというつくりになっています。メインはホテルのリゾート感でカジノはおまけでいいと思う方にはオススメです。

マジェスター・チェジュ・シーラカジノ

このカジノは韓国では珍しいラスベガスのような雰囲気になっています。元々はカジノフロアも広々としていた様ですが、最近になり規模を縮小してしまっています。テーブルも木のテーブルを採用した落ち着いた雰囲気で、客層も品の良い人が多いのが特徴です。ホテルの周りにも多くのヤシの木が生えており、南国に来たような雰囲気になっています。

チェジュ・サンホテル&カジノ(Jeju Sun Hotel & Casino)

こちらは場所柄、観光客だけではなくビジネスマンも多く宿泊するホテルになります。少し落ち着いた雰囲気で、カジノ内は真っ赤な絨毯がひかれ、白を基調とした上品な雰囲気になっています。カジノ部分も広めに作られており、ゆったりとした空間で楽しむことができます。

カルホテル・チェジュ(KAL Hotel Jeju)

済州エリアの中でも指折りの歴史を持つ著名ホテルになります。2017年に新たに新設した子会社にカジノ部門の事業譲渡を行い、それに伴い「メガラックカジノ」というカジノ名に変更されました。カジノ部分は1階と2階の両方にあり、面積も広めになっており、赤い絨毯と木のテーブルというシックな空間になっています。ここでは、他にはない珍しいゲーム「Big Wheel」が設置されています。

セブンラックカジノ・プサンロッテ(Lotte Hotel Casino Seven Luck)

セブンラックカジノの釜山店で2階部分にカジノフロアがあります。韓国のカジノの中でも、日本人が多めなので、初心者にもおすすめのカジノの1つです。施設やゲームの種類も変わった所はなく、オーソドックスなカジノを楽しみたい方にオススメです。

パラダイスカジノ・プサン(PARADISE CASINO BUSAN)

どこのホテルでも安定的に高いクオリティのサービスを受けられるパラダイスグループの釜山店です。2017年にリニューアルされ、最先端のカジノを楽しむことができます。

ホテルルインターブルゴ・テグカジノ(Hotel Inter-Burgo Daegu Casino)

韓国カジノの中でも来日客が少ないホテルになります。韓国一と言っていい程の料理の提供があり、カジノも混みすぎていないので週末でも快適にゲームを楽しむことができます。しかし、ディーラーの全員が日本語を話せるわけではないので、ある程度カジノに慣れている人向けとなります。

ランキング ライブカジノ
韓国まで足を運ばずにカジノを体験!画像をクリックしてカジノトップ5のTOP5ライブカジノランキングをチェック!

韓国のカジノに行く前に知っておきたい事

ここでは韓国のカジノを実際に利用する前に知っておくべき基本情報を紹介します。

年齢制限

カジノは大人の遊技場なので18歳という年齢制限が設けられています。また、入場する為には年齢確認のため、身分証となるパスポートが必要になります。パスポートが無い場合、どんなに年齢が高くても入場はできません。年齢が足りてない場合は、付き添いがいても入場はできません。

服装

韓国のカジノはドレスコードを気にする必要はありません。ラフな格好でゲームを楽しむことができますが、逆にしっかりとした格好で行くと浮いてしまいます。しかし、あまりにもラフすぎる格好や奇抜な格好で行くとスタッフに止められてしまう場合があります。

旅行に来たままの格好で問題は無いと思いますが、カジノによってはサングラス禁止などのルールがあるため、カジノごとの注意事項を事前に確認しておくと安心でしょう。

予算

韓国のカジノで使用される通貨はウォンになります。ウォンは日本円よりも安いのでヨーロッパのカジノに比べると低予算でも長く遊ぶことができます。

1時間程度で軽く遊ぶなら1万円で十分に遊ぶ事が出来るので10万円程度あればカジノを満喫する事が出来ます。

入場料

韓国のカジノの入場料は無料です。そのため、空港近くのカジノは飛行機を待つお客さんで賑わったりしています。

ゲームを楽しみたい方は、チップを購入する為に現金(ウォン)かクレジットカードが必要になります。

韓国のカジノではドリンクや軽食も無料になっており、スタッフには1000ウォン程度のチップを渡すのがマナーとなっています。ただで飲食だけして帰るのはマナー違反になりますので気をつけて下さい。

ランキング ライブカジノ
韓国まで足を運ばずにカジノを体験!画像をクリックしてカジノトップ5のTOP5ライブカジノランキングをチェック!

韓国 カジノ ポーカーについて

韓国のカジノでは、ポーカーの中でもテキサスホールデムが主流です。韓国での人気のポーカーは韓国人と中国人で二分している印象があります。

セブンラックやウォーカーヒルでは高額なチップと共に罵声などが飛び交っています。日本人には馴染めない雰囲気のポーカールームになっているかもしれませんが、江川のパラダイスシティでは穏やかにゲームを進められるので安心して楽しむことができます。

韓国 カジノ バカラについて

韓国のほとんどのカジノで遊ぶことができるのがバカラです。簡単に言えば、数字の「9」が1番強いゲームで、「バンカー」か「プレイヤー」のどちらが「9」に近いかを予想してかけるゲームです。

簡単なルールですが奥深さもあり、韓国では最も人気が高いゲームになります。

ランキング ライブカジノ
韓国まで足を運ばずにカジノを体験!画像をクリックしてカジノトップ5のTOP5ライブカジノランキングをチェック!

韓国 カジノ ホテルはここ!

ここではカジノを利用する際におすすめのホテルを紹介します。

シェラトン・グランデ・ウォーカーヒル・ホテル(Grand Walkerhill Seoul)

オススメ度がNo.1ホテルで、カジノ施設はパラダイス・ウォーカーヒル・カジノになります。1968年にソウル東部のアチャサンで開業されたホテルであり、緑に囲まれており、漢江の美しい眺めを一望することができます。

チェックイン/アウト:15:00/12:00

客室情報:デラックス・シェラトンクラブ・ダグラスハウス・ビラ・アストンハウスと5つのタイプの部屋があります。メインタワーの3~11階がデラックスタイプの一般客室、12~17階がクラブルームやクラブスイートルームのあるクラブフロアになっています。

施設:施設内には、コーヒーショップ、カジノ、バー、パブ、テニスコート、ゴルフコース、館内ショップ、屋外プール、サロン、マッサージ、ジムなど多くの施設が完備されています。

ミレニアム・ソウル・ヒルトン・ホテル(Millennium Hilton Seoul)

オススメ度No.2のホテルで、カジノ施設はセブンラクックカジノ・ミレニアムソウルになります。世界最大級の米国ホテルチェーンが手がけた一つであり、1983年にソウル特別市中区である明洞に開業されました。

チェックイン/アウト:14:00~12:00

客室情報:総客室数638室を完備しており、客室は洋風のインテリアにオリエンタルな雰囲気を加えたデザインになります。デラックスルーム・デラックスルーム(マウンテンビュー)・エグゼクティブルーム・エグゼクティブルーム(マウンテンビュー)・スイートの5つがあります。

施設:館内には、コーヒーショップ、カジノ、室内プール、子供用プール、バー、パブ、ゴルフコース、託児施設、サロン、ホットタブ、サウナ、フィットネス、マッサージなどが完備されています。

オークウッド・プレミア・コエックス・センター(Oakwood Premier Coex Center)

オークウッド・プレミア・コエックス・センターはカジノ施設、セブンラックカジノ・江南COEXになります。ビジネスやレジャー客対象のアジア最高のサービス型アパート管理会社が運営している5つ星ホテルとして2006年に江南で開業しました。

チェックイン/アウト:15:00/12:00

客室情報:STUDIO(スタジオ)・1ベッドルーム・2ベッドルーム・3ベッドルーム・4ベッドルーム・ペントハウスの6つのタイプの部屋があります。

施設:館内には屋内プール、カジノ、フィットネスセンター、サウナ、ラウンジ、バー、コーヒーショップ、ティーラウンジ、エステサロン、スポーツジムなどが完備されています。

ロッテ・ホテル・ソウル(Lotte Hotel Seoul)

オススメ度No.4の人気リゾートホテル、カジノ施設名はセブンラックカジノ・釜山ロッテになります。1979年3月にソウル市中区で開業されました。2006年にリニューアルし、超特級ビジネスホテルとして有名になりました。

チェックイン/アウト:15:00/12:00

客室情報:ロッテ・ホテル・ソウルは本館と新館の2つに分かれており、客室数は本館755室、新館365室あり、全館で1120室も完備されています。客室は、スーペリアルルーム、デラックスルーム、クラブフロア、レディース、スイートと5つのタイプに分かれています。

施設:館内はスパ、ジム、スイミングプール、ゴルフ練習場、サウナ、ビジネスセンター、会議室などが完備されています。

ランキング ライブカジノ
韓国まで足を運ばずにカジノを体験!画像をクリックしてカジノトップ5のTOP5ライブカジノランキングをチェック!
ベラジョンカジノ$30アド