ポーカー・テキサスホールデムのルール

最終更新日:

ポーカー・テキサスホールデムのルール

ポーカーをご存知ですか?カジノの代表ゲームと言っても過言ではないこのゲームは、どこのカジノでも必ず存在します。テキサスホールデムは、ランドカジノでも、オンラインカジノでも、最もポピュラーなポーカーゲームです。 初心者はもちろんのこと、プロのポーカープレーヤーにも、幅広いカジノプレーヤー達に愛されています。ここでは簡単にテキサスホールデムとスリーカードポーカーのルールをご紹介します。

まず最初に歴史から。

ポーカーの歴史

1855年に、ドローポーカーと呼ばれるポーカーが普及しました。このゲームは各プレイヤーに5枚のカードが配られ、カードを交換して役を作る形のポーカーでした。これは世界でも馴染みのある方式で、現在でも日本で「ポーカーといえばこのルール」と解釈してる人が多いと思われます。

ポーカーの起源については様々な説が浮上する中、元になるのはペルシャのアス・ナスというゲームだと言われています。現在のトランプを使ったポーカーは、19世紀~20世紀にかけて主にアメリカで普及しました。

その後様々なポーカーが普及し、1930年代にセブン・カード・スタッド・ポーカーが普及します。これは最初に2枚の伏せたカードがプレイヤーに配られ、ラウンドごとに1枚ずつ表向きさらに配られていき(3枚目~6枚目)、最後の7枚目はまた伏せて配られる方式です。最終ラウンドまでいくと、3枚の伏せられたカードと、4枚の表向きのカード、計7枚の中から5枚使って役を作ることになります。

その後1980年代以降になると、セブン・カード・スタッド・ポーカーが発展して、フロップポーカーと呼ばれるテキサスホールデム、オマハなどが普及します。今日のカジノで行われるほとんどのカジノでは現在のテキサスホールデムとなっています。

ポーカーは大きく分けて3つの種類があります。ドローポーカー、スタッドポーカー、フロップポーカーです。

ドローポーカー

日本でも知名度が比較的高いドローポーカーは5枚のカードを使用します。カードが配られ、カードを任意の枚数チェンジして役を作るポーカーはこれに含まれます。ドローポーカーにも種類がありますが、基本的に自分の全てのカードは人に見せないのが特徴です。つまり情報量が少ないため、駆け引きは、交換した枚数、ベットするチップの量や、相手のしぐさ、心理面で判断します。

スタッドポーカー

ドローポーカーのアドバンスバ版です。これも同じくプレイヤーにカードが配られますが、一部のカードが表向きに配られます。例えばファイブ・カード・スタッド・ポーカーは、最初の1枚のみ伏せられており、残りの4枚は表をむいているため、自分のカードの5分の4の情報、相手のカードの5分の4の情報が公になった状態で駆け引きをすることになります。ある程度相手の情報が分かれば、そこから役の強さなどが推測できるため、自分の役との強さの比較が可能となり、ドローポーカーよりも高度な駆け引きが発生します。

フロップポーカー

現在カジノなどで最も主流となっているポーカーです。フロップとはテーブルに開かれたコミュニティカードのことで、全プレイヤーが共通して使えるカードを意味します。プレイヤーには伏せてカードが配られるホールカードで勝負をします。自分の持つホールカード(自分しか見えない)とコミュニティカード(全員が見えて全員が使える)を使って役を作り、ゲームを開始します。

一部の情報が見えているという点ではスタッドポーカーと同じですが、スタッドポーカーは見えてるカードがそのプレイヤーだけしか使えないのに対し、フロップポーカーは、見えているカードは全員が共通して使うため、よりストリクトでシビアな駆け引きが行われることになります。例えばスタッドポーカーで、あるプレイヤーの前にAが4枚表を向いていたら、そのプレイヤーはAの4カードが完成していることがそこにいるプレーヤー全員の目に明らかとなり、ゲームになりません。しかしフロップポーカーでコミュニティカードにAが4枚開いていいると、全プレイヤーがAの4カードになるのです。同じ役がぶつかった場合、キッカー勝負となり(キッカーについては別の章で)、K(キング)を持っているかどうかという駆け引きが行われます。このサイトで解説しているテキサスホールデムは、フロップポーカーの一種で、現在最も世界的に普及しているポーカーです。

テキサスホールデムのルール

texas_holdem_how_to_play

テキサスホールデムでは、各プレイヤーにホールカードが裏向きに2枚配られ、相手がそのカードを見ることが可能です。その後続いて、5枚のコミュニティカードが表向きに配られますが、このコミュニティカードはすべてのポーカープレイヤーが共用できます。2人のポーカープレイヤーが、スモールブラインドおよびビッグブラインドを置くと、ハンドが開始され、ゲームの始まりです。ハンドは4回の ベットラウンドで決まります。テキサスホールデムは、フロップポーカーの一種で、フロップポーカーは、テーブルにコミュニティカードと呼ばれる、参加者全員が自分のハンドとして使える共通のカードがあるのが特徴と覚えておきましょう!

賭けの開始

プ レイヤーは、ディーラーが最初に配る2枚のホールカード(伏せられたカード)と、ボードに開かれた5枚のコミュニティカード、合計7枚のカードから、一番強いものになるように5枚のカードを選択して最強のハンドを作ります。

ホールカードを使わずに、ボードの5枚でハンドを作っても問題ありません。ホールカード配られると、最初のベットラウンドが開始です。 次に、3枚のコミュニティカードが配られ(フロップ)、2回目のベットラウンドが始まります。 次に、4枚目のボードカードが配られます(ターン)。 3回目のベットラウンドが開始され、5枚目で最後の1枚のコミュニティカードが配られます(リバー)。 計5枚のコミュニティカードが配られて、最後の勝負が始まります。ポーカープレイヤーが2人以上残った場合は、ショーダウンでハンドが決まります。

スリーカードポーカーガイド

texas_holdem_three_card_poker

スリーカードポーカーとは、テキサスホールデムのポーカーゲームより簡単なルールです。スリーカードポーカーが一般的なポーカーゲームと違うのは、通常のポーカーはプレーヤー同士の勝負に対して、スリーカードポーカーはディーラー、またはカジノとの勝負になるといったことです。スリーカードポーカーは、2つのゲームを一つに合体させたものです。ここでいう

Ante / Play(アンティ / プレイ)はプレーヤーがディーラーの手と競う際に賭ける場所です。

ゲームの進行速度は比較的速く、気軽に楽しめるスリーカードポーカーは、世界中のランドカジノ、およびオンラインカジノの両方で楽しむことができ、ハウスエッジが2~4%で比較的低いことも、多くのプレーヤーがこのゲームに惹きつけられる理由といっていいでしょう。

ルール

スリーカードポーカーは、プレーヤーが義務付けられたアンティ、またはペアプラスにベットを置くことでゲームが開始します。ここではアンティに置いた場合のルールを説明します。

まずはじめにディーラーが3枚のカードを、各プレーヤーに裏向きに配ります。ここではディーラー自身も含まれます。自分のハンドを確認した後、フォールドして降りるか、プレイ(実際のレイズを意味する)するかを決めます。

•フォールドした場合はアンティベットを失い、プレイする場合はアンティベットと同額の追加ベットをプレイに置きます。そしてその後、ディーラーのカードがオープンされますが、この時ディーラーは、少なくともクイーン・ハイカードを持っていなければ、プレーヤーと勝負はできません。

•ディーラーがクイーン・ハイでない場合には、プレーヤーは自分の手に関わらず、アンティに置いた同額を得ることが出来ます。そしてプレイ・ベットはプッシュとなり、プレーヤーに返却されます。