北欧ギャンブル政策において

ヨーロッパのカジノではほぼ合法な国が多い中、北欧4か国(デンマーク、スウェーデン、 フィンランド、ノルウェー)に関して言えば歴史的に社会風土や文化が類似的で、制度や政策の考え方も似かよっていると思われます。カジノ事情に関してもこれら北欧諸国は賭博規制も過去においてほぼ類似的な政策を採用してきました。

scandanavian-casino

① 賭博行為は原則国による独占により国民に提供すること。

② これに伴い賭博の収益は公共目的の為に使用されて国が独占することという考え方であること。 この理念に基づいて一般的に限られた数の国営会社が様々な賭博アイテムを包括的に提供するというシステムの構築がなされました。その一方、欧州委員会やEFTA監視機構、欧州裁判所やEFTA裁判所等は、これら国家による独占のシステム自体に対して懸念を抱くようになり段階的に外的圧力が高まっていきました。この結果、デンマーク及びスエーデンは規制緩和・自由化に舵を切りましたがその一方、フィンランド及びノルウエーは国が頑なに独占を死守するといった明確に2分化される方向となってきています。 インターネットによるオンラインカジノに関していえば90年代半ばより各国毎に認可されて実施されてはいるものの、限られた国営企業のみが、自国民のみを対象に独占的にインターネットカジノを提供するシステムでオープン市場ではなく、他国の事業者の参入は認められませんでした。但し、EUの外圧等により、北欧市場は二分化しつつあり、国営企業が独占してインターネットカジノを供給している市場(フィンランド、ノルウエー、スエーデン、但しスエーデンは自由化・規制緩和を検討中)と、ライセンス制度のもとに外国からのサービス提供をも認可している(デンマーク)に二分化されつつあります。

① デンマーク 2008年に欧州委員会からの外圧により政策転換を図り、2010年に関連する4つの法律を制定しました。新たに規制機関としての「デンマーク賭博機構」を設置して従来の制限的な考え方を転換し、ライセンスを付与することで、インターネットを含む賭博施行を実質的に自由化する政策をとりました。インターネット賭博ライセンスの期間は5年です。実際のインターネット賭博サービスの供給は2012年1月から開始されて過半は欧州系企業でマルタ、ジブラルタルを根拠とする事業者が多いといえるでしょう。当社がお勧めするオンラインカジノはカジ旅です。

scandanavian-casino

② スエーデン スウェーデンではロッテリー法に基づいて様々な賭博種が認められており、オンライン賭博に関しては、2002年8月より一部非営利団体に権利が付与されていましたが2003年1月より国営会社であるSvenska Spel社, ATG社にもオンライン賭博を提供できる独占的な権利が付与されています。公的主体により実質市場が独占される形態が過去継続していましたが2008年欧州委員会からの外圧により以後、部分的規制緩和・自由化の政策に転換しつつあると言えます。考案としてはリスクのある賭博分野(カジノ、スロット、ロッテリー、オンラインビンゴ・ポーカー等)は既存の国営会社に独占的に委ねつつもリスクの低い賭博分野(オンラインを含むスポーツ・ベッテイング)はライセンス付与を前提に自由化・規制緩和するという方向性になりました。

③ ノルウエー ノルウェーもロッテリー法に基づき、殆どの賭博種は認可されておりオンライン賭博も1996年以降認められています。但し、国営企業を含む三社による独占事業として構成され、海外からの参入や新認めていない状況です。ロッテリーはVerikkaus Oy社, スロット・マシーン、カジノ、オンラインカジノはRAY社(国営スロット・マシーン協会)、競馬・スポーツ・ベッテイングはFintoto Oy社が担い、各々の分野で独占供給がなされています。2003年以降、規制を強化しており、2008年にはライセンスを保持していない外国オンライン事業者サイトのブロック、またかかる事業者への支払いを違法とするなど、独占供給の体制を強化する施策がとられています。欧州委員会の外圧を跳ね除けノルウエー政府は欧州法における正当性を主張して歴史的な国家独占の考えを変更しない表明をいています。

④ フィンランド フィンランドでも、同国ロッテリー法により、様々な賭博種が認可されており国民に提供されています。カジノ、スロット・マシーン、オンライン賭博等は国営会社であるRAY社がその供給を担っています。他国と同様に、海外の違法サイトをブロックする義務をIPSに課して尚かつかかるサイトのゲーム関連支払いを違法とする措置が取られました。フィンランド政府は欧州法には準拠していることを主張して平行線を辿るも同国もまた国による供給独占体制を崩す意図はないことを表明しています。  この様に北欧諸国では、過去において文化的・社会的価値観を共有しつつ類似的な制度を設けてきましたが明らかに賭博関連法案は各国毎に微妙に政策の在り方が変わりつつ温度差がある様に思われます。しかしオンラインカジノは北欧でも盛んな状況で日進月歩を繰り広げています。当社がお勧めするカジノはもちろんカジ旅です。