カジノ展望シンガポール構想

現在、日本でカジノ基本法案が成立した動きを受けて関連企業や自治体がにわかに色めき立っている現状です。それでは今後、日本におけるカジノ構想がどのように変貌を遂げていくのか気になるところです。日本のカジノ解禁でモデルとして想定されているのが、シンガポールカジノと言われているようです。シンガポールに行かなくてもエンジョイできるのいがオンラインカジノ

singapore-casino

その理由は、この国が2009年のカジノ解禁によって、著しい経済効果を上げて成果をだしているからです。
シンガポールのカジノの売り上げだけでもみても年間5000億円規模に上り、2009年に約9576億円だった観光収入も、2012年には1兆7408億円とほぼ倍増している事が顕著に表れています。
シンガポールカジノの特徴と言えば統合型リゾート「IR」(インテグレート・リゾート)と言われています。

その代表が、シンガポールでカジノ解禁後の2010年2月14日にオープンしたセントーサ島の大型IRリゾートワールドセントーサです。
ワールドセントーサでは3年間の工期と4000億円以上をもかけて建設された49ヘクタール(東京ディズニーランドとほぼ同じ)という広大な敷地のなかには、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールやサーカスが併設してあるシアターがあるほか、高級ブランドのショッピングモールも充実しています。カジノで勝ったら、その足でブランドショッピングができるという観光客にとっては飽きのこないスポットです。オンラインカジノでは家からかジノをプレイできちゃいます。

この様な圧巻ともいえるスケールの巨大リゾートが成立する理由はやはりカジノにあるといえるでしょう。
リゾートワールドセントーサにおけるカジノの占有面積は全敷地の約3%に過ぎませんが、この3%で全体収益の約8割を稼ぎ出しているので驚愕な数字をたたき出しています。
これまではなかなか実現が難しかった超巨大リゾートも、カジノという箱ものがあることで維持できると言えるでしょう。

singapore-casino

即ち日本のカジノリゾートの狙いもここにあり2007年に国交省が作成した資料では、「マカオに惹かれるのは真のギャンブラーでシンガポールが求めている観光客はビジネスやファミリー客でカジノは一要素でしかない。と期待している客層が違う」として、ギャンブルカジノよりも親しみやすいファミリーカジノを想定しているみたいです。 今国会でカジノ基本法案も通過して、関連企業や自治体がにわかに色めき立っているのは周知の通りで日本にできるカジノの展望もここを目ざしている感があります。
 つまり、日本のカジノ解禁でモデルとして想定されているのが、このシンガポールであるということです。ぜひオンラインカジノでもカジノを試してみましょう!

カジノの売り上げだけでも年間1兆7408億円という巨額の富を生み出した根拠を基にシンガポールという国をモデルケースとして目標を掲げているようです。今後の日本におけるカジノ展望というものがシンガポールのように着々と構想を練って成功することを夢見て止みません。

Casitabi 50 USD Bonus - Casinotop5.jp