インドカジノ事情

インドのカジノ事情はあまり日本では知られていませんが原則として1867年連邦「公共賭博法」により原則賭博行為は禁止とされています。2000年の情報技術法においてもインターネット賭博は禁止されていますが例外としてはロッテリー、ベッテイング及び競馬などは、限定的に別途特別立法措置により認められているようです。とは言っても現実的にはあらゆる違法賭博が横行している状況でありスポーツ・ベッテイングやカード・ゲーム等は大都市では非合法裏に行われ日常化されておりインド人のギャンブル思考としては平均的にかなり高いようです。当社のオンラインカジノで、ジャックポットを当ててぜひインドに行きませんか?

india

例外的地域による州法で認可されたインドで唯一非居住民を対象とした賭博が州法として認められたのは1999年にゴア州と2009年にシッキム州のみとなります。現状ではシッキム州には2ヶ所とゴア州ではマンドビ川をカジノの舞台として6つのリバー―ボートカジノと共に、5つ星ホテルに併設された12の小規模カジノ施設が存在しています。その内、ゴア州では、政策目的として観光振興という前提の上で成り立ちますが、ゴア州における根拠法としては改定ゴア賭博(防止・規制)法によるものです。同法に基づき、トレーディングライセンスを取得すればカジノ運営が可能となるシステムです。カジノ施設総数は規制されているものの事実上、事業者や運営の在り方をなんら規制しているわけではなく、規制機関も存在していない状況です。という事は法の執行主体も実質的には特別規制や監視を強化していないようです。入場料は河川のリバーボートの場合は一人500ルピー入場料を徴収しているようです。

ゴア州においては実質的にはこの様に無秩序のまま、賭博行為が横行してマネー・ロンダリングや違法行為の温床になっている事は否めないようです。2010年以降になって新たに包括的なカジノ規制法を設置して委員会方式による規制機関を設けて事業者のライセンスや運営行為の規制に州政府が強化して関与するべきではと議論はなされているものの未だに実現していない状況の様です。年齢に関して21才未満は入所禁止とし、ゴア居住民は入場禁止が前提とするようですがこれに関して異論もあり、今後の議論の対象となる見込みの様です。連邦法では最も厳格に禁止の対象となっている現状からいえばゴア州のみが単純に対象外になることの位置づけの整合性が問われる事も事実です。しかし現実的には多くの庶民はオンラインによる賭博に参加しており、制度的にはオンライン賭博は禁止されている制度そのものが有名無実化として黙認している状況です。

india

毎年確実にインドは解放経済政策の下、経済成長を成し遂げていると共に、国家と国民が世界経済に様々な影響を与えて交流も日々加速化している状況です。そのような結果において富裕層の拡大につれてエンターテイメントに対する需要も日々高まりつつある側面を呈しています。これにより国民自体がギャンブルに触れる機会も増えて非合法賭博の事例も挙がってくることは致しかたないのかもしれませんが。又、一部富裕層は海外においてのカジノでの消費率が高くなり連邦政府やその他の州でも制度を変えてカジノを導入すべきとする議論はあるものの現実的には宗教的な反発事情もあり本格的な議論には至っていないのが実情の様です。当社がおすすめするオンラインカジノ、カジノエックスで大勝利を狙いましょう!

尚、スリランカにおいても1997年にカジノが導入されましたが10年間運営されたものの政治的な理由により閉鎖されましたがその後再開されて現在では4つのカジノ施設が運営されているようです。主要顧客はもっとも現地住民や華僑が多く入場料もなく、スロット・マシーンも存在しないようです。尚、このほか、ネパールでも、規模の小さい外国人専用カジノが10ヶ所存在しているようで何ら規制もなく政府に対しロヤルテイー2000万ルピーの支払いが要求されているようです。現実的には同国観光・空港省は、より緊密にモニターするために、新たな規制と制度を制定すべくとと主張しているようですがなんら進展もないようです。世界最大のカジノ運営企業であるアメリカのカエサールズ・エンターテインメントがインドに進出すると言われて10年間で最大15棟のホテルを出店するほか、会議場や映画関連などの娯楽施設を設置する計画を掲げているようです。カエサールズは世界各国でカジノやホテル、ゴルフ場、コンサートやミュージカルなどを上演する施設などを運営しており年間売上高は90億米ドルに上るといわれているビッグカンパニーです。あくまでエンターテインメントを母体とした運営を掲げていますが果たしてカジノの運営はいかに・・・

国家としてはカジノを公に認めていないインドではありますがヒンドゥー教では、その神話の中に登場する英雄が賭博で王国が消滅して身を滅ぼすというストーリーが描かれるなど、インドは必ずしも戒律的に賭博を禁ずる国ではないようです。その根拠としては競馬の盛んなイギリスを宗主国に抱えていた時代から、インドでは競馬が非常に盛んに営まれてきており、現在、国内に6つの競馬場が存在する他、各州において宝くじなども販売されているのでさもすればオンラインカジノももうじき浸透するかもしれませんよね。

Casitabi 50 USD Bonus - Casinotop5.jp