MICEの切り札とは|注目が集まるカジノ法案とその関係性

,

MICEの切り札

MICE施設のMICEとは会議(Meeting)、研修旅行(Incentive Travel)、国際会議(Convention)、展示会・イベント(Exihibition/Event)の頭文字をとった略語です。MICE施設とはこれらの催しを行う施設のことを指します。

カジノ法案(統合型リゾート(IR)整備推進法案)が正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」が連日ニュースになり着々と法案成立に向けて論議が繰り広げられている模様です。

mice

この統合型リゾート(IR)はどういった施設かというと、国際会議場・展示施設といったいわゆるMICE施設、ホテル、劇場、映画館、アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、スパなどの温浴施設、カジノを一区画に含んだ複合観光集客施設です。

ランキング ライブカジノ

ここに新たにカジノ施設を取り入れて収益を確保する目的で推進されています。画像の拡大この「MICE」が今後の国家戦略のキーワードとなりカジノも経済成長の起爆剤となりうる可能性が高いと言えるでしょう。

台湾マカオシンガポールのカジノなどは統合型リゾートで、巨大な宿泊施設、多数の会議場、多彩なレストラン、ショッピングモール、アトラクション施設などMICEを誘致する強い競争力を持っています。ギャンブルはそのひとつの機能にすぎないのです。

マカオに巨大カジノリゾートをオープンしたラスベガス・サンズのトップ、アデルソン氏が日本で進出したいのは東京と大阪と断言したのも世界からMICE需要を呼び込む総合カジノリゾートの立地選択だからと見込んでいます。

日本にとって、アジアから多様な人々を呼び込む「人のハブ」になることを見据えてカジノリゾートはその目的で誘致するとスケールの大きい経済効果が期待出来そうです。

かつてカジノの街といえば、アメリカのラスベガスでしたがマカオは今、ラスベガスの5倍もの売上高を持つ世界最大のカジノ都市に成長しました。ただ、カジノは世界100カ国以上にあり、北朝鮮にもありアジアでカジノがない代表的な国は、中国本土と日本です。

今後の日本もカジノ都市間の競争が激化する中で香港マカオやシンガポールに次いで人人々が集中する統合型リゾートに特化してMICEを切り札にしなければならないのでしょうか?

本場カジノで実戦する前にオンラインカジノで腕を磨いておくのもいいかもしれませんね。

TOP5おすすめカジノをチェック
2008年より渡欧、某欧州国の大学へ入学。在学中は、法律・金融・賭博に関する研究・論文を執筆し、2012年に卒業。大学卒業後は、オンラインカジノの専属ライターとして経験を積む。現在は業界歴12年で、最新ニュース、カジノレビュー、ゲームガイド、仮想通貨など多岐に渡るコンテンツを独自の見解とともに配信。