カジノ映画推奨

カジノ映画と言えば数ある中でもマーティンスコセッシ監督の“カジノは”有名ですよね。マーティンスコセッシはシチリア系イタリア移民の家にマフィアの支配するイタリア移民社会で育ちました。シチリア移民1世の父と移民2世の母の次男としてニューヨーク市クイーンズ区にて生誕しました。幼少期はリトルイタリーで過ごした影響もあり映画のイタリアマフィアの描写もリアリティーさが色濃く出ています。ギャングのルーツを描いた「ギャング・オブ・ニューヨーク」も彼の監督作です。ディパーテッドによるオスカー受賞で、ようやく無冠の帝王の名を返上しておそらくギャング映画を演出させたら世界一の監督ではないでしょうか。カジノの映画を見ながらオンラインカジノを試してはいかがですか?

casino-movie

“カジノ”の映画では1970年代から80年代初頭のラスベガスを舞台に、カジノ経営を任されたギャング(ロバート・デ・ニーロ)とその妻(シャロン・ストーン)、彼の用心棒(ジョー・ペシ)の3人を中心に、ギャング世界とカジノの裏側と愛憎劇を描写してヒットした作品となっています。
この“カジノ”はグッドフェローズの匂いを醸し出す作品と言ってもいいでしょう。まず原作はニコラス・ビレッジで80年代前半に実際に起こったカジノ関係者爆破事件を基にスコセッシと共同脚本を担当してビレッジは原作と脚本を同時並行で執筆したそうです。またキャストもほとんどグッドフェローズと同じ面々しかり。盟友デ・ニーロはクールさの中にも迫真迫る演技を見せているし、ホーム・アローンやリーサル・ウェポンシリーズで御馴染みのジョー・ペシもブチ切れて人を殺すのはグッドフェローズと同じシチュエーションです。まさしく期待を裏切らない迫力満点の映画といえるでしょう。オンラインカジノもこれくらいエキサイティングなのは間違いなし!

casino-movie

キャストは豪華メンバーさながらワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカでデ・ニーロの仲間役だったジェームズ・ウッズも起用されています。スタッフも超一流揃いで爆破シーンに至ってはヒッチコック作品で知られるソール・バスの手によるものなので見どころ満載です。撮影監督には天才といわれたロバート・リチャードソンでオリバー・ストーンの諸作を担当したことも買われているのでしょう。その他にもタランティーノのキル・ビルも撮影しているので名実共に実力者ですよね。

美術監督にはダンテ・フェレッティ。フェリーニやパゾリーニ作品に関わりギャング・オブ・ニューヨークでの1900年代前半のニューヨークを完璧に再現したことで評価を得ています。また1970年代の面影を残したラスベガスに現存するリビエラ・ホテルを使用して完璧なロケセットを作り上げた事でも有名です。カジノの内装の豪華絢爛さは目を見張るものがあります。この様にスコセッシが一流のスタッフ、キャストを起用して作り上げた3時間にも及ぶ超大作がこの“カジノ”ですがストーリーの展開と迫力と煌びやかな世界で魅了してあっという間に見終わってしまうお薦めのカジノ映画ですからオンラインカジノをプレイしながら一度、鑑賞してみて下さい。

Casitabi 50 USD Bonus - Casinotop5.jp