オンラインカジノと法律性は??

オンラインカジノをこれから始めようと思ったときに一番気になる事はやはり法律的にきちんと明確になっているか知りたいですよね?オンラインカジノはインターネットを活用するという日本だけではなく世界の環境に簡単につながることができるということからも、グローバリゼーションと言えます。日本の法律が今までカジノについて想定していなかったので、今現在ではオンラインカジノは違法とも適法ともいえないグレーゾーン状態であります。このページではオンラインカジノで安全に楽しむための基礎知識としてライセンスに関する情報をマスターすることを目的としています。

law-about-casino

オンラインカジノの運営に必要なラインセンス

オンラインカジノは、合法とされているカジノライセンスを発行している国、例えばマルタ共和国やジブラルタルなどの政府や関連機関から運営するライセンスを発行してもらいます。ライセンスの発行を受けた企業はカジノ用のプログラム開発会社から審査に通ったシステム購入をしてカジノを運営します。プレーヤーとオンラインカジノ間には資金のやり取りを管理する機構などのオンライン資金管理会社があり、それらを定期的に監視する様々な機関があります。この政府発行のライセンスを取得するには、運営企業の経歴や経緯、現状など背後関係等の調査と、ソフトウェアの公平性などの厳しい審査を通貨しなければなりません。ライセンスを取得するためには審査機関のチェックを通過しなければなりません。ライセンスを取得するためには審査機関のチェックが重要事項となりそれが信頼性の担保になっていることが必然とされています。

ライセンスとはあくまでも国が企業に対して一定の基準に満たした場合発行する免許であり全面的に安全とは言えません。日本においてオンラインカジノは違法ではないですが、合法とも言えません。海外においては、国が発行しているライセンスを取得することによって運営が許可されています。このライセンスは持っているカジノなら全て安全のように見えますが、実際は発行している国や種類などによってその信頼性は大きく異なります。オンラインカジノのライセンスとはいったいどういった意味を持っているといえるのかを明記すると、これからオンラインカジノを始めようとする企業は国や関連機関から運営ライセンスを取得しなければならないということはわかりましたよね?