オンラインカジノって本当に信頼できるの?

それでは、オンラインカジノが抱えている問題を挙げてみましょう。日本の刑法賭博罪では海外旅行などで、カジノに行って遊んでも、刑法賭博罪には国外で行った賭博行為についての処罰規定が無い為、罰せられることはない。これは刑法第2条、3条にあるんですね。海外旅行に行ってカジノをしたからといって逮捕されたなんて聞いたことがありませんし、国会議員や自治体の長などは視察といって海外のカジノで遊んだことなどが堂々と報道されていますね。

trust

オンラインカジノって違法ではないの?

日本ではおおっぴらに認められていないギャンブルという性格から本当に日本人がオンラインカジノに参加しても違法とならないのかと疑問を持つ方が多くいるのも事実です。結論からいうと、オンラインカジノの運営者側とオンラインカジノを利用する側から見て「賭博罪というのは、一人ではできない犯罪です。胴元や仲間内など相手方がいて初めて成立するものです。 つまり、相手方とセットで初めて違法とされるものなのです。」という点で考えると、違法性はないと考えられます。しかしながら、平成28年は実際にはいろいろな事件がありました。日本でオンラインカジノをしてはならないという明確な法律がない限りまだまだグレーの状態のままなんですね。

2020年の東京オリンピック開催までに政府は何とか「カジノ法案」を通過させようとしているようですが、それが通過すれば、オンラインカジノも本当に合法的にプレイできるのかもしれない。海外ではオンラインカジノを運営する会社がプロサッカーチームのスポンサーをしたり、上場したりと、メジャーなエンターテインメント企業となっているのです。 たばこの煙がもうもうと焚かれた、大きな個室に不健康な環境の中に年金受給者とみられるような老人がいっぱいいますよ。これを何とかしないと。

オンラインカジノの運営側

オンラインカジノを運営するライセンスはギャンブルが認められている国で得てるため、サーバーもそれらの国で運営しているので違法性は認められません。

オンラインカジノの利用者側

刑法賭博罪には国外の処罰が無い為、罰せられることはない。よくわが国の有名人や国会議員でさえ海外でカジノに行って大当たりをして帰国したことが報道されることがあります。日本では法律に触れる賭博行為であっても、海外で行うその国で認められている賭博行為について、日本に帰国して「逮捕」されたことなんて聞いたこともありません。それは上記刑法には国外で行われた賭博行為については処罰規定にないからです。

海外のオンラインカジノを運営する会社がその国の厳しい審査基準に合格しライセンスを付与されているのでその運営会社が運営するオンラインカジノでプレイすることは、「オンラインカジノを開帳する胴元(主催者)とオンラインカジノ利用者が同じ国内にない。」ということは、旅行者がその国でカジノをしても法に触れないという見解も多いのです。

厳しいライセンスの取得要件を満たしていること

各国でオンラインカジノを運営するためにはそれぞれの国、自治体のからの厳しい審査を受け合格しなければライセンスは認可されません。当サイトで紹介しているオンラインカジノ各サイトは以下の条件をすべて満たしています。当サイトが紹介しているオンラインカジノは認可されているところは次のようになっています。

オンラインゲーミングライセンスとは?

オンラインカジノを運営するためには厳正なオンラインゲーミングライセンスを取得し、TST(テクニカルシステムズテスティング)によるペイアウト率の監査を受けなければなりません。オンラインカジノは、カジノ愛好者に対して公平に信頼できるサービスができるように政府からのライセンスを取得していることは書きましたが私たちが、どうしてもじめに不審に感じてしまうのは、「ゲームソフト側でカジノ側に有利なようにできてるのでは?」ということです。

Casitabi 50 USD Bonus - Casinotop5.jp