人気スポーツ TOP10|世界でもっとも人気のスポーツとは?

スポーツは私たちの生活において、大きな部分を占めています。子供のころにスポーツにしたり、大人になってからスポーツ観戦を楽しんだりなど、スポーツは年齢に関係なく楽しむことができます。この記事では、世界で人気のスポーツを紹介します。

1

最大級のスポーツベッティング・オンラインカジノ

★ 総額$1000ウェルカムボーナス
★ 豊富なスポーツベッティング
★モバイルアプリ対応

世界の人気スポーツランキング

人気のスポーツといっても、どのようの観点から人気なのかがわからないですよね。プレイするのが人気なのか、観戦するのが人気なのか、選手が人気なのかなど、いろいろな定義があります。

後述の定義をもとにした、世界の人気スポーツランキングは以下のとおりです。

ランキングスポーツファン数
サッカー35億人
クリケット25億人
バスケットボール22億人
ホッケー20億人
テニス10億人
バレーボール9億人
卓球8.5億人
野球5億人
アメリカンフットボール/ラグビー4億人
10ゴルフ4億人

今回は、以下の観点から人気のスポーツを選びランキングを作成しています。

  • テレビでの視聴率
  • テレビ放送における取引
  • インターネットにおける人気
  • SNS(ソーシャルメディア)における人気
  • 世界のリーグの数
  • トップ選手の平均給与
  • スポンサー契約
  • 人気の国
  • 最大の大会
  • 年間の試合
  • 男女の割合
  • 日常でのプレイ
ベラジョンカジノ$30アド

第1位 サッカー 35億人

サッカー

世界で最も人気のスポーツは35億人のファンを抱えているサッカーです。サッカーは200か国でプレイされており、プレイ人口は2億5千万人だといわれています。

サッカーはそれぞれに11人の選手が所属する2つのチームによって試合が行われます。サッカーグラウンドは長方形であり、その両端に1つずつゴールが設置されています。そして、腕を使わずにそのゴールにボールを入れることで得点を獲得していくゲームとなっています。ゴールキーパーのみが選手の中で唯一手を使うことができます。

テレビでの視聴率:
サッカーはプレイするだけではなく、観戦するスポーツとしても人気を集めています。ご存知のとおりテレビで試合中継が放送されることが多く、国際試合が行われる際には世界で10億人を超える人が観戦します。

テレビ放送における取引:
視聴率が高いサッカーは多くのテレビ局と取引をしており、大きな収益を得ています。FIFAはすでにワールドカップ2018およびワールドカップ2022はテレビ放送により、18.5億ドル以上の収益を獲得しているとされています。

テレビ観戦

インターネットにおける人気:
もちろんインターネットにおいてもサッカーの人気がうかがえます。サッカーチームや選手などサッカーに関する内容は毎日インターネットにて何万回も検索されています。

SNSにおける人気:
近年ではサッカーに関するソーシャルメディアであふれています。サッカーには世界中に何百万人というファンがいるため、多くの人がソーシャルメディアからサッカー情報を得ています。

クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシ、ネイマールなどのスター選手たちもFacebook、Twitter、Instagramなどのソーシャルメディアアカウントを公開しており、彼らのフォロワーの数は数百万人を超えています。

世界のリーグ数:
サッカーは世界で一番多くののプロリーグを抱えています。サッカーはすべての大陸でプレイされており、それぞれで異なるリーグがプレイされています。

トップ選手の平均給与:
サッカーはスポーツの中でも特に稼げることで知られています。それが理由でサッカー選手を目指しているという子供も多いのではないでしょうか?

例えば、ヨーロッパのトップリーグの選手となると平均給与は数百万ドルです。世界で成功すれば日本円にして数十億円を獲得することもできるのがサッカーなのです。

スポンサー契約:
ナショナルチーム、クラブチーム、個々のプレイヤーに関係なく、多くの大企業がサッカーのスポンサーを務めています。スポンサー契約を結ぶと選手は企業名が入ったユニフォームを着用するので、一目瞭然でしょう。代表的なスポンサーにはナイキ、アディダス、プーマなどのスポーツブランドがあります。

人気の国:
サッカーはほぼすべての国でプレイされており、どの国においても高い人気を集めています。

最大の大会:サッカーにおける最大の大会と言えば、もちろん4年ごとに開催されるワールドカップです。FIFAワールドカップ2018の観戦者数は32億人以上だというデータもあり、間違いなく世界でも最も注目度の高い大会だということができるでしょう。

年間の試合:
サッカーの世界の主なシーズンは8月から5月です。この時期に世界の有名なリーグが開催されています。この期間以外は、友好試合などが行われています。

男女の割合:
世界のサッカーチームには男性と女性がありますが、男性のほうが普及しているといえます。しかし、最近では女子サッカーの活躍も目立っており、多くの人に観戦されています。日本でもなでしこジャパンの活躍をきっかけに、多くの人が女子サッカーを観戦するようになりました。

日常でのプレイ:
サッカーはサッカー場とボールさえあればすぐにプレイすることができるため、気軽にプレイできるスポーツとして人気を集めています。時にお金がかからないので、先進国だけではなく、サッカーは貧しい国でも広く普及しています。

今すぐ10bet Japan でプレイする

第2位 クリケット 20~30憶

クリケット

日本ではあまり馴染みがないスポーツですが、クリケットは世界で20億人以上がプレイしている人気のスポーツです。主にインド、イギリス、南アフリカ、ジンバブエ、ニュージーランド、スリランカ、パキスタン、オーストラリアなどの国で幅広くプレイされています。クリケットがプレイされている国は限定されていますが、一部の国では根強い人気を得ているのです。

クリケットはバットとボールを使用して、22ヤードの長方形のコートでプレイします。試合は2つのチームによって行われ、それぞれのチームには11人の選手がいます。そして、バットでボールを打って得点を獲得していきます。

テレビでの視聴率:
インド、バングラデシュ、パキスタン、スリランカ、南アフリカ、オーストラリアにおいては、クリケットはテレビで最も観戦されているスポーツです。22億人の人がクリケットのワールドカップ2015をテレビで観戦したといわれています。

テレビ放送における取引:
ICC T20ワールドカップ、ICCクリケットワールドカップ(50オーバー)、ICCチャンピオンズトロフィーなどの大会は、テレビ放送により数億ドルの収益を獲得しています。また、二か国間の試合の放送においても、数億ドルの取引が頻繁に行われています。

インターネットにおける人気:
近年インターネットでのクリケットの検索数が上昇しています。これは、パキスタン、バングラデシュ、インドなどの発展途上国のインターネット普及率が高まっているためです。

SNSにおける人気:クリケットでもソーシャルメディアは活用されています。インドではクリケットに関するソーシャルメディアページが多数存在しており、多くの人がフォローしています。

SNS ソーシャルメディア

世界のリーグ数:
世界のリーグ数においては、クリケットは他のスポーツに劣ります。というのも、クリケットがプレイされている国が限定されているからです。現在クリケットが広く普及している国は15か国であり、プロのリーグもこれらの国に限定されています。

有名なものにはインドのプレミアリーグであるIPLや、オーストラリアのリーグであるBig Bashなどがあります。現在ではリーグの数が限定されていますが、多くの国が徐々にクリケットに注目し始めているので、今後リーグ数が増えることが予想されています。

トップ選手の平均給与:
クリケットのトップリーグの選手の平均給与は、数十万ドルです。サッカーと比較するとかなり少ないですが、今後増えていく可能性が十分あります。

スポンサー契約:
インド、パキスタン、イギリス、オーストラリアにおいて、多くの有名企業がスポンサーを務めています。

人気の国:
クリケットは主に世界の15~20か国でのみ人気があります。しかし、これらの国だけでも20億人のファンを獲得しています。

最大の大会:
クリケットの最大の大会は、4年ごとに開催されるICCクリケットワールドカップです。また、2年おきに開催されるICC T20ワールドカップも勢いを増しています。

年間の試合:
クリケットの試合は年間を通じて開催されています。

男女の割合:
他のスポーツと同じように、クリケットは主に男性から人気を集めています。しかし、最近では多くの国が女性チームを結成しており、ICCは女性の試合を導入することを検討しています。

日常でのプレイ:
クリケットはバットとボールなど少ない用具でプレイできるため、一般市民の間に浸透しています。インドやパキスタン、バングラデシュなどの国では、多くの子供たちがクリケットをプレイしています。また、ニュージーランド、オーストラリア、イギリスなどでは至るところでクリケット場を見つけることができます。

今すぐカジノXでプレイする

第3位 バスケットボール 20~30億人

バスケットボール

バスケットボールはアメリカ合衆国、カナダ、中国、フィリピンで主にプレイされており、世界で20~30億人のファンを獲得しています。バスケットボールは高さ3mの位置にある、直径46㎝のリングにボールを入れて得点を獲得します。1ゴールにつき2点ずつ得点が付与され、5人の選手からなるチームにて試合を行います。また、スリーポイントラインの後ろからゴールを決めた場合は、3点を獲得することができます。

テレビでの視聴率:
バスケットボールのテレビでの観戦は特にアメリカで人気を集めています。アメリカのNBA(the national Basketball league of the US)は世界で最も人気のリーグであり、アメリカだけではなく、世界中で視聴されています。

テレビ放送における取引:
バスケットボールはテレビ放送において、数十億円の利益を獲得しています。2016年、NBAは9年間のライセンスの販売で240億ドルの利益を獲得しています。つまり、年間で26億ドルの収益という計算になります。

インターネットにおける人気:
バスケットボールはインターネットで最も検索されているスポーツの1つです。主に、アメリカ、中国、カナダ、日本、フィリピンなどの国で検索数が多いとされています。

SNSにおける人気:
バスケットボールでは、マイケルジョーダン、レブロンジェームス、コービーブライアントなどの人気選手がソーシャルメディアを公開しており、世界中で数百万人ものフォロワーを獲得しています。

世界のリーグ数:
世界中でバスケットボールのプロリーグがありますが、アメリカのNBAがダントツ人気を集めています。

トップ選手の平均給与:
NBAの平均給与は300万ドル以上だといわれています。

スポンサー契約:
多くの企業がスター選手とのスポンサー契約を望んでおり、数億ドルを超える取引も珍しくありません。特にナイキやアディダスなどが、プロのバスケットボール選手のスポンサーを務めています。

人気の国:
バスケットボールはアメリカでは圧倒的な人気を集めています。しかし、その他の国では、他のスポーツに人気が劣ります。

最大の大会:
バスケットボールの最大の大会はオリンピックです。また、バスケットボールワールドカップも注目度の高い国際大会として知られています。

年間の試合:
NFLシーズンやギリシャのHEBA A1、中国のBasketball Association’s Leagueなどがあり、バスケットボールの試合は年間を通じて開催されています。

男女の割合:
バスケットボールは主に男性にプレイされています。女性でもバスケットボールをプレイしている人はいますが、数はかなり限られています。

日常でのプレイ:
バスケットボールは誰でも簡単にプレイすることができます。しかし、多くの国はバスケットボールのコートを用意していないのが現状です。そのため、10代の若者の間では、ゴールを使用しないフリースタイルのバスケットボールが人気を集めています。

今すぐ10bet Japan でプレイする

第4位 ホッケー 22億人のファン

ホッケー

ホッケーはアジア、ヨーロッパ、アフリカ、オーストラリアなどでプレイされており、世界中に約22億人のファンを獲得しています。

ホッケーは2つのチームが対戦するスポーツであり、ホッケースティックを利用して、ボールをゴールにいれます。ホッケーにはフィールドホッケーとアイスホッケーの2つがあり、どちらの形式も世界中で人気を集めています。

フィールドホッケーはインドやパキスタンでは国民的な人気を集めています。一方で、ラドビア、スウェーデンなどのヨーロッパやカナダ、アメリカではアイスホッケーが人気を集めています。

テレビでの視聴率:ホッケーはテレビで楽しまれています。パキスタン、インド、オーストラリア、ドイツ、マレーシア、オランダではフィールドホッケー、カナダ、アメリカ合衆国ではアイスホッケーが人気を集めています。

インターネットにおける人気:
国やシーズンによりますが、ホッケーの検索数は増えており、インターネットでも人気を集めています。

SNSにおける人気:
ホッケー関連のソーシャルメディアはいくつかありますが、そこまで人気を集めてはいません。

世界のリーグ数:
フィールドホッケー、アイスホッケーに関係なく、世界中にはたくさんのプロリーグがあります。特にアメリカ合衆国やヨーロッパにリーグが集中しています。その中でもアメリカ合衆国のNHLは世界最大のホッケーリーグとして高い知名度を誇ります。

トップ選手の平均給与:
アメリカ合衆国のNHLの平均年収は300万ドルを超えるとされています。

スポンサー契約:
NHLチームや選手とのスポンサー契約は人気を集めて入り、数百ドルの価格が設定されています。

人気の国:
フィールドホッケーとアイスホッケーを合わせると、世界80か国以上でホッケーはプレイされています。

最大の大会:
ホッケーワールドカップが世界最大の大会となります。また、オリンピックにもアイスホッケーとフィールドホッケーの両方があり、人気を集めています。

年間の試合:
アメリカ合衆国では年間を通じて試合が行われています。しかし、他の国では試合がされるシーズンが限定されています。

男女の割合:
ホッケーは主に男性向けのスポーツであり、女性にはあまり浸透していません。

日常でのプレイ:
ホッケーをするために競技場やホッケーリンクの数が限定されているため、一般にはあまり普及していません。

今すぐカジノXでプレイする

5位以下のスポーツ

5位以下のスポーツは以下のようになっています。()内は主にプレイされている国です。

第5位 テニス 10億人(ヨーロッパ、アメリカ、アジア)

第6位 バレーボール 9億人(アジア、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア)

第7位 卓球 8億50000万人(アジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ)

第8位 野球 5億人(アメリカ合衆国、日本、キューバ、ドミニカ共和国)

第9位 アメリカンフットボール/ラグビー 4億人(アメリカ合衆国、フランス、イングランド、ニュージーランド、南アフリカ)

第10位 ゴルフ 4億人(ヨーロッパ、アジア、アメリカ合衆国、カナダ)

11位以下のスポーツには総合格闘技、ボクシング、フォーミュラ1、バドミントン、サイクリング、水泳、スヌーカー、射撃、陸上競技などがあげられます。

日本であまりなじみのないスポーツであっても世界で人気を集めているものもたくさんあります。たまには世界に目を向けて、新しいスポーツに挑戦してみるのもいいでしょう。

ブックメーカーおすすめ一覧
画像をクリックして「おすすめブックメーカー」ランキングをチェック!
ベラジョンカジノ$30アド