オンラインカジノの違法性について

オンラインカジノを語る上で必ずと言っていいほど話題になるのが、オンラインカジノは違法なのか、合法なのか?ですね。特に初めて遊ばれる方は1番きになる点でもありますよね。そんな疑問に今回はお答えしたいと思います。まずはじめに、オンラインカジノと聞くと何となく少しダークなイメージを持たれる方もいるかもしれません。しかしながら、実際はオンラインカジノは各国政府から運営許可証(=ライセンス)を受け、オンラインカジノが合法とされる国で運営を行なっています。ですので、そういった国でのオンラインカジノの運営自体には違法性はありません。

 

ここで気になってくるのが、『賭博罪が問われる日本で、海外運営のオンライカジノを遊ぶことは違法か』ですね。

まず、結論から言いますと 日本でオンラインカジノをプレイすることは違法でも合法でもない という考え方が主流のようです。それでは、ここから順を追って詳しく説明していきたいと思います。現在のオンラインカジノについて理解し、安心してプレイできるようになりましょう。

 

法律のグレーゾーン


まず、みなさん法律のグレーゾーンって言葉知っていますか? これは法で罰せられるかどうかの基準が曖昧であり、ある行為が違反とみなされるかどうかが不明確な状態のことを言います。オンラインカジノはまさにこの状態と言えるでしょう。

 

✔︎日本で運営されているオンラインカジノは違法

まずはじめに、日本国内でお金を賭ける行為は賭博罪とされ禁止されています。また日本国内で運営側がお金を賭ける場所を提供する行為も賭博場開張図利罪とされ違法です。ではインターネットが普及して誕生したオンラインカジノはどうでしょうか..?これもまた、日本国内のサーバーで運営されている場合は違法です。実際にネットカフェのようにパソコンを並べ、オンラインカジノを提供するインカジと呼ばれるものもありましたが、違法とみなされ検挙されています。 みなさんオンラインカジノで遊ぶ際は運営元、そしてサーバーが国内ではないか充分に注意しましょう。 

 

✔ライセンスを取得し海外で運営されているオンラインカジノ

みなさん芸能人が「マカオのカジノに行ってきた!」「ラスベガスのカジノに行ってきた!」なんて一度は聞いたことあるんではないでしょうか?そうです。賭博罪は日本国内のみで適応されるので、海外で日本人がカジノに行くことに違法性はありません。
では運営元が海外のオンラインカジノはどうでしょうか?
プレイヤーは日本国内にいるが、運営側は海外で、しかも合法的に運営をしている。ヒフティーヒフティーに感じられますね。このような行為を取り締まる法律は現在明記されていません。したがって違法ではないし、合法でもないと考えられます。インターネットの急速な発展により私たちは簡単に国の境をまたぐことが可能となりました。この変化に法整備が追いついてないのです。
また、賭博行為は共犯者も同時に処罰できない時には処罰されません。

 

海外オンラインカジノ利用者【逮捕される】


2016年3月に海外オンラインカジノ、スマートカジノを利用していたプレイヤー3人が逮捕されるという事件が起こりました。オンラインカジノって違法でも合法でもないんじゃないの?と思いますよね。以下産経WESTからの引用になります。

逮捕容疑は2月18~26日、会員制カジノサイトに接続、カードゲームで現金計約22万円を賭けたとしている。3人は容疑を認め、「海外サイトなら大丈夫だと思った」と話している。 利用された「スマートライブカジノ」は、英国に拠点を置く登録制のオンラインカジノ。日本語版サイトが平成26年9月ごろに開設されたとみられる。クレジットカードや電子マネーを使って賭けや払い戻しができる仕組み。日本人女性がディーラーを務め、日本語でチャットをしながらブラックジャックやルーレットなどのゲームができる。産経WEST

他のNEWSもまとめますと逮捕に至った主な利用は、イギリスにサーバーがあったものの、日本人女性のディーラーを採用し、日本語でディーラーとやり取りをし、プレイ時間も日本時間の夕方から深夜に設定してた。つまりイギリスに拠点があっても、実態は日本向けの違法賭博と判断。客の賭博行為は国内で行われているとみなされたからのようです。

この事件をきっかけに、一時オンラインカジノは違法だという主張が強まりました。
しかしながら、運営側は合法的にオンラインカジノを提供していた訳だし疑問も残りますよね。

 

海外オンラインカジノ利用者【不起訴処分】


今まで逮捕された、ほぼすべてのプレイヤーは自ら罪を認め略式起訴を受け入れています。逮捕に納得がいかず裁判を行うとなるとお金も時間もかかります。また罰金刑の金額もそれほど高額ではないためでしょう。しかし、それでもオンラインカジノをプレイしたことが違法ということに納得がいかず、略式起訴を受け入れずに裁判で争う姿勢を見せたプレイヤーがいたのです。
結果、日本の法律では海外で合法的に運営されているオンラインカジノを摘発できない。ということもあり、 不起訴処分となりました。 以下、この件を担当し不起訴に導いた弁護士の「津田岳宏」氏のブログより引用です。

 

昨年,オンラインカジノをプレイしていたユーザー複数が賭博罪の容疑をかけられた。 彼らのほとんどは,略式起訴されることに応じて(これに応じるかどうかは各人の自由である)軽い罰金刑になることに甘んじたのであるが,そのうち1人は,刑を受けることをよしとせず,略式起訴の打診に応じず争いたいとの意向を示した。弁護を担当したのは私であった。賭博罪改正を願う弁護士津田岳宏のブログ
今の日本は,競馬やパチンコなど,容易に合法的な賭博行為ができる環境が整っている。つい先日には,カジノ法案も可決された。そのような状況で,この微罪を適用して刑に処することが刑事政策的に妥当であるとは到底思えない。 賭博罪改正を願う弁護士津田岳宏のブログ
結果が出たのは,間違いのない事実である。本日時点において,オンラインカジノプレイヤーが対象となった賭博罪被疑事件で争った案件は国内でただひとつであり,そのひとつは,不起訴となった。言うまでもなく,不起訴は不処罰であり,何らの前科はつかない。平たく言うと「おとがめなし」ということだ。賭博罪改正を願う弁護士津田岳宏のブログ

 

カジノ法案が国会で成立決定


2016年12月、カジノ解禁を含む統合型リゾート(IR)の整備推進法案(カジノ法案)が成立しました。この法案自体は、IRの整備推進に関するものなので、実際にIRを設置するためには、今後、IR実施法案を成立させる必要があります。今回の法案によれば、政府は1年以内を目途としてカジノの運営規則などを定める実施法案を成立させることになります。

オンラインカジノ業界にとっても前向きな展開となってきましたね。このことについてもう少し詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ。

結論


不起訴になったからといって、これで合法だ!という訳では残念ながらありません。しかし違法という訳でもなさそうですね。やはり法律に明記されていないので あくまでグレーゾーン ということを頭に入れておく必要があると思います。オンラインカジノをプレイする際は今までと同様に慎重な姿勢を崩さないように気を付けましょう。これからオンラインカジノの安全性の向上などが認められ、他の国のようにより安心してオンラインカジノを楽しめる環境になるといいですね。