カジノを取り入れることで、日本はどう変わっていくのか?

カジノにしても何にしても現代はスマホの時代です。世界はグローバル化をし続け、ギャンブル業界もスマホの時代と変化を遂げました。今や、ほとんどのオンラインカジノはカジノサイトをモバイル版も作り、スマホやタブレットでもオンラインカジノのゲームをすることが可能です。

数年前までは、携帯電話でオンラインカジノをしても、画質が悪く、はグラフィックや字も見にくく、非常にプレイしにくかったのが難点でした。しかしスマホが普及したことにより、高画質なグラフィック、素晴らしいサウンドエフェクトを可能にしました。どんな有名なカジノでもすぐにゲームプレイを可能にしたのです。昔は不可能だったジャックポットやバカラなども、今ではタブレットやスマホ一つで遊べちゃうのです!パソコンでオンラインカジノを遊ぶのと同じで、もちろんリアルマネーで賭けをすることができます。またモバイル版があるオンラインカジノはアカウントもパソコンと同様に作れます。例えば通勤途中でも、バスの中にいても、病院の待ち合い室やレストランの中でも、スマホを持っていればスロットなどのゲームが簡単に遊べちゃうのです。インターネット環境さえ整っていれば、パソコンと同様にリアルタイムでオンラインカジノを楽しむことができる時代になったのです。

 

日本にカジノはいつできるのか?

統合型リゾート施設(IR)整備推進法案が可決となった今、日本にカジノはいつできるのでしょうか?様々な憶測が飛ぶ中、今回の統合型リゾート施設(IR)整備推進法案はあくまで推進する法案でとどまっており、詳細は不明な状態です。

casino

政府はカジノを作る際、娯楽施設やホテルなども作ろうと考えています。ホテルやレストランなどもカジノを作る際、建設する予定奈緒で、これらの施設を作るのにも、何年もかかるでしょう。そしてなんといっても、2020年には東京オリンピックが開催されるので、それまでに終わらす予定です。世界でも治安の良さは世界一を誇る日本ならではの、カジノが期待されています。

ネガティブなイメージ

カジノは日本ではまだまだ知名度もひくいです。やはりイメージ的にネガティブな印象を受けるのが事実です。しかし現在の日本には公営ギャンブルが存在しており、様々な賭け事があります。江戸時代位から賭け事は存在しており、賭け事が神社や寺の境内で行われていたとも言われています。賭け事にはどうしてもダークなイメージが付着しているのもあるため、なかなか同等と賭け事をするのをためらう人もいるのが現状です。しかしパチンコや競馬などの賭け事は多くに知れ渡っており、人気は不動です。

日本とヨーロッパでは、ギャンブルに対する考え方も大きく異なります。ヨーロッパでは、賭け事は知的なゲームとして認識されています。オンラインカジノは欧州では当たり前のように行われています。日本では公営競技があり、代表的なものは、競馬、競艇、競輪、オートレースなどがあります。それぞれ、競技の投票券を買ってウィナーを推測します。予想が当たれば配当金をもらえます。日本の公営くじは、宝くじとスポーツ振興くじの二つがあります。宝くじにはナンバーズ、ミニロト、スクラッチなどもあり日本では大変人気があります。

 

グレーゾーンとは?

日本はカジノに対してネガティブなイメージを持っていますが、全ての賭け事が禁止されているわけではなく、競馬や競輪、宝くじやtotoなどは公営ギャンブルとして認められています。

 

競馬法

競馬における競馬法と同様に、日本の公営ギャンブルにはそれぞれ根拠となる法律が定められています。競馬と同じく公営競技である競艇にはモーターボート競走法、競輪には自動車競技法、オートレースには小型自動車競走法といった根拠法があります。また、公営くじである宝くじには当せん金付証票法、スポーツ振興くじにはスポーツ振興投票の実施等に関する法律が適用されます。但し、法律にはグレーゾーンも存在します。例えばパチンコです。パチンコは、風俗営業等の規則及び業務の適正化等に関する法律が適用し営業されていますが、パチンコで得られる景品の一部がパチンコ店外の許可を受けた景品買取所で売却できるようになっています。この売却により金銭が得られることからパチンコのギャンブル性が指摘されています。公営ギャンブル以外は違法となる日本ですが、これまでパチンコ業界がこのギャンブル性について起訴されたことはないそうです。他にもパチンコの勝負性が違法になるのでは、という指摘もあるようですが、引き続きグレーゾーンのままとなっています。

keiba

また、日本国内で国外のオンラインカジノサイトを利用することについても法律的にグレーゾーンだと言われています。現在、オンラインカジノ利用を罰する法律が定められていない状態です。オンラインカジノの利用は、例えばマカオなど、海外のカジノでプレーするのと同等ではないかと言う議論や、更に、日本で賭博行為が違法であったとしても、海外現地で法的にライセンスを得て運営されている政府公認のビジネスであるオンラインカジノを日本の法律にどう摺り合わせるか、という点で議論されているところです。

ギャンブルの代表は宝くじ

最も一般的なギャンブル、くじ!簡単に購入できる上、収益金は公共事業に使われます!宝くじのシミュレーションアプリやロトの攻略法など、常に多くの人を引きつける「くじ」ですが、一説によれば、くじは約2,000年前から存在していたと言われています。日本では、江戸時代に神社の資金集めなどの目的で「富籤(とみくじ)」が流行したそうですが、天保の改革で禁止されたと言われています。現在では、「富くじ」は公営の合法である宝くじに対して、非公営の違法な、許可を得ていないくじのことを差します。

日本には、公営くじとして「宝くじ」と「スポーツ振興くじ」の2種類があります。宝くじにはナンバーズ、ロト6、スクラッチなども含まれます。宝くじの監督庁は総務省で、「当せん金付証票法」という法律により規制されています。一方スポーツ振興くじはtoto(トト)、BIG(ビッグ)、楽当(ラクアテ)といった種類があり、文部科学省が監督官庁を務めています。「スポーツ振興投票の実施等に関する法律」が根拠法です。

gamble

宝くじにもスポーツ振興くじにも、収益金を公共に還元するという公営くじとしての目的があります。宝くじの収益金は全国都道府県や指定都市へ納められ、高齢化少子化対策、防災対策、教育・社会福祉施設の建設や改修、公園整備や森林保全活動などに使われています。また、東日本大震災復興くじを発売し、その収益金は学校再建費、被災者の住宅再建支援金事業、風評被害対策事業、道路復旧事業などの目的で被災団体に納められています。スポーツ振興くじは、誰でもスポーツに親しめる環境整備や、スポーツ選手の技術力向上のための環境整備や活動支援、そして選手だけでなく指導者の養成や資質の向上、といったスポーツ振興に必要な財源確保を目的としています。その目的の通り、スポーツ振興くじを運営する独立行政邦人日本スポーツ振興センターのホームページでは、誰でも申請できるようにくじ助成の交付申請の手続きの流れが丁寧に紹介されています。さて、その宝くじとスポーツ振興くじの購入方法ですが、至って簡単です。宝くじは全国の宝くじ売り場で販売されています。宝くじ高額当選者データによると、これまで連番10枚・バラ20枚の合計30枚、という組み合わせの高額当選者が多かったそうです。一方スポーツ振興くじは、toto売り場という売り場で購入できるほか、コンビニやオンラインでの購入も可能です。

 

スクラッチもギャンブル

スクラッチはお手軽なギャンブルのひとつです。購入も簡単、当たり外れもすぐわかる、シンプルさが魅力です。日本では公営くじのひとつとして..「スクラッチ」が販売されています。1984年に発売開始されたスクラッチですが、当時は「インスタントくじ」という名称でした。小さな紙に印刷された番号やマークを銀色の薄いプラスチックで覆い、そこを削ることで、当たり外れが即時でわかるくじです。現在はくじのイメージが強いスクラッチですが、くじに活用される以前は、アメリカで、テレフォンカードやその他のプリペイド式サービスの暗証番号を購入者に安全に提供するために利用されていました。スクラッチがギャンブルやゲームとして利用されだしたのは、1974年にアメリカのゲーム会社がスクラッチの手法を応用したのが始まりです。

日本で販売されているスクラッチは、他の宝くじに比べて当選金額が低めですが、手頃な金額なため気楽に購入することができます。また、競馬や競輪などのように勝負を予想する必要もないため、ちょっとした運任せのスリルを楽しみたい人達にとってはうってつけのくじでしょう。また、その場で結果もわかる即行性も魅力です。「お年玉スクラッチ」「タテ・ヨコ・ナナメ」「ラッキー3(さん)」など、様々なカードが販売されています。数字や絵柄など、カードの内容に応じて当選金が受け取れます。小さな紙の銀色部分を削るだけのシンプルなスクラッチですが、海外ではオンラインでの「仮想スクラッチ」も出現しています。オンラインのギャンブルゲームで利用できるこの仮想スクラッチは、コンピューター上、Macromedia FlashやJavaを利用することで実現します。

でも冷静に、スクラッチによる収入と仕事による収入を比較し、また仕事から得られる楽しさなどを吟味した結果、くじ購入生活よりも仕事を続けることを選び、宝くじ運営会社にはそのくじの危険性を警告したそうです。宝くじ運営社の社長曰く、このような脆弱性は大問題となるので暗号化や保護を強化していくとのこと。オンライン上の仮想スクラッチの出現なども含め、シンプルなスクラッチも人知やテクノロジーで変化していくのでしょうか。

モバイル・ギャンブル

海外で拡大する携帯ギャンブル。日本では携帯電話から公営競技の投票券が購入できます!ギャンブルが合法な海外の国々では、携帯ギャンブルといって携帯やスマートフォン、タブレット等を利用するマネーゲームも一般的です。現在では多くのオンラインカジノがモバイルカジノとして携帯電話でのカジノサービスを提供しています。ギャンブルといえばイギリスですが、例えばゲーム会社が携帯ギャンブルに注目するのにはそれなりの理由があります。2010年の時点で、2015年までに携帯ギャンブルの賭け金合計額は48億米ドル(約4千億円!)に上ると予想されているのが、その理由のひとつです。この予想額は、既存の主要ゲームマーケットの急速な増加/成長、ヨーロッパにおける携帯ギャンブルの法的整備など、いくつかの要因を考慮して予想されたものです。それにしても日本のギャンブル事情とは随分と様子が異なりますね。

さて、日本における携帯ギャンブルの状況ですが、現在日本国内で許可されている公営競技の競馬・競艇・競輪・オートレースの投票券は、それぞれ携帯電話を利用して購入することができます。例えば、日本中央競馬会では、入会金・年会費無料で会員になることを条件とし、パソコン・スマートフォン・携帯電話・プッシュホン電話を利用して馬券を購入することができます。競艇のサイトBoat Raceでも、会員登録をした上でパソコンと携帯から投票が行えるようになっています。

携帯版では、HTML版とアプリ版の2種類の方法が利用できます。競輪の場合は、例えばチャリロトという車券販売サービスがあります。こちらも購入には会員登録が必要です。パソコンではチャリロト.comとDMM.comのふたつのサイトからの購入が可能ですが、携帯の場合はチャリロト.comが利用できます。オートレースも同様に、オートレースネットバンク投票会員に登録してパソコンや携帯電話から投票することができます。どちらの競技でも同様ですが、携帯ギャンブルはレース会場に足を運ばなくても投票券の購入ができるので便利に楽しめるのがいいところですね。

 

オンラインカジノの導入

オンラインカジノとはカジノ(ギャンブル)であり、正確な日は不明ですが誕生は1995年と、インターネットが普及し始めたくらいの年とも言われています。インターネットでギャンブルと言うと、当然先入観で、怪しかったりインチキだと思われがちですが、実際のオンラインカジノは政府がオフィシャルで発行しているライセンスを保持しています。そのライセンスがないと運営もできないため、ライセンスがあるかどうかを見極めるだけで最良のオンラインカジノかどうかを判断できます。

現在のオンラインカジノは、第三者機関の介入と共に、厳しい調査をしており、カジノのライセンスを発行しているところしか運営できません。ペイアウト率も好評し、いつでもオンラインカジノ会社と連絡を取れるようにカスタマーサービスも充実しております。運営の公正さをもっと表にだそうと、クリーンなイメージに変えていこうとオンライン会社も宣伝や広告を通じてオンラインカジノを広める努力をしています。オンラインカジノ自体、他の産業に比べてまだ歴史は浅いですが、急激な成長を遂げているのも現状です。カジノファンのプレーヤーの方にマカオやラスベガスのカジノのシーンを映画などで見て、憧れを持っている人もいるのではないでしょうか?一度でいいから本場のカジノの行ってカジノを体験してみたいと思ったことがあるでしょう。オンラインカジノでプレイする場合、本場のランドカジノに行かなくても良いのです。

オンラインカジノは違法?合法?

オンラインカジノを始める際、最初に気になることがまず、オンラインカジノが賭博法に引っかからないかということででょう。残念ながら、世の中には違法に経営を行う悪徳オンラインカジノは複数存在しています。どのカジノが最良でどのカジノが悪徳かはオンラインカジノ初心者にとってはわかりにくいかもしれません。当社では、初心者からプロの方まで安心してオンラインカジノのゲームを楽しめる、最良で信頼できるもところしかご紹介しません。信頼できるというのは、ライセンスを取得して運営を行っているかどうかということです。全てはライセンス保持により変わってきます。下記に正しいオンラインカジノの選び方のポイントを記載しているのでぜひご参考に読んでみてください。