パチスロハウツー編

ギャンブルの種類も数ある中、日本ではパチスロはパチンコに次いで人気の遊びですが巷ではパチスロなんて絶対に負けるとよく言われる言葉があります。確かに闇雲に仕組みも知らず、勝ち方も知らずにやると負けるのは必然です。逆に、それらを熟知している事で勝算があるので面白いかもしれません。何故ならパチプロで生計を立てているプロフェッショナルは実在しているからです。では何故勝ち続けられるのでしょうか?それは設定5・6だけを打ち続けているからなのです。パチスロには設定というものがあり、1~6段階があり6にいくほど良い設定となり、多く出ます。それは「高設定」と呼ばれており、誰もが打ちたい台になっているようです。ただ、この設定はもちろん外観では判別する事は困難です。が、しかしプロフェッショナルはこれを高確率で見抜くことが出来るのです。当社のお勧めするオンラインカジノ、カジ旅では「秘境の寺」と言うゲームがあります。ぜひ試してみてください。

基本中の基本は高設定設置の店を見つける事ですがですが、それには意外と盲点があります。設定1しか無い店では絶対に勝つことが不可能となります。
そういう店は頻繁にあるようです。優良店と呼ばれる店なら勝つ確率が高いのかというと
そうでもありません。というのは、あくまでも狙うは設定5・6で全台設定3の優良店では勝てません。1台だけでも設定6がある。そんな店が「勝てる店」なのです。パチスロは情報戦なのでプロフェッショナルにとっても情報が生命線となる事は言わずと知れた事です。それではどうやってその店を探すのかといえばそれはお店の癖を見抜くことです。初心者は「データ」を重要視しますが、それは常識で勝つための基本はお店の癖を把握することが重要ポイントと言えるでしょう。
どういった台に設定6を入れるか?これがわからないと勝ち目がないという事です。例えば、機種名で言うとジャグラーには設定6はあるけど、バジリスクには最高でも設定4という店があるとします。このお店の場合、狙うはジャグラーでしょう。次にジャグラーから設定6を探す。
仮に設定6の確率でボーナスを引いている台が2台あったとして飛びついて打つとどちらかは設定1のまぐれ引きなのです。データばかりを過信し、お店の癖を見極めないと大損するのが初心者なのです。

pachislot

朝こそ、完全にお店の癖読みです。どこに設定6を入れるか?
稼働データが無いので外観では全く判断できません。
そこで、二日連続では入れない、角から5番目以内に1台はある、
角に入れる可能性は低い、とお店の癖から設定6に座れる確率を上げていくのが良いでしょう。プロフェッショナルはピンポイントで座って、閉店まで打ち続けるそうです。
高確率で当て続ける事が多いと言えるでしょう。勿論、例外もありますが・・・1店舗だけでは限界があるので、癖が読みやすい日を予想したり何十店舗で立ち回ったりとする事だそうです。1店舗だけで勝ち続けるスタイルの人はプロフェッショナルでは皆無と言えるでしょう。当社のお勧めするオンラインカジノ、カジ旅では「秘境の寺」と言うゲームがあります。ぜひ試してみてください。

結論から言うと多くのお店の癖を研究できない場合、1店舗に絞って癖を把握して夕方からデータと照らし合わせて台を決めるのがベストだそうです。
AT・ART機は時間的に厳しいので、ジャグラーなどノーマルタイプをセレクトすることを推奨します。重要ポイントは設定5・6と自信を持てる台が無ければ打たずに帰ることに徹することです。まぁ、忍耐能力を要しますが
勝ちにこだわりすぎると、パチスロはとてもつまらないものになります。負けるとわかっていても好きな台を打ってお金に余裕があれば、このスタイルがノーストレスで一番ですが・・・オンラインカジノはいつでもノーストレスでプレイ出来るのでまずはオンラインカジノからプレイしてみましょう。

Casitabi 50 USD Bonus - Casinotop5.jp