5分でわかるブラックジャック制覇方法

ブラックジャックの起源は18世紀にフランスで流行していたカードゲームヴァンテアンが原型と言われています。ヴァンテアンはフランス語で21を意味しておりこのゲームが19世紀にアメリカへ広まった頃スペードのAと黒(スペード又はクラブ)にJ(ジャック)による21にはボーナスが付与されて、そこからこのゲームをブラックジャックと呼ばれる様になりました。オンラインカジノでもブラックジャックをプレイできるので、ぜひ試してみましょう!

black-jack-casino-top-5

このブラックジャックのゲームは世界で最も普及台数の多いテーブルゲームです。何種類ものブラックジャックを揃えているベットビクターでもぜひ試してみまでょう!ルールは、カードの絵札を全て10点、A(エース)を1点または11点として数え、手持ちのカードの点数勝負で21点を超えない範囲でディーラーに勝てば賭け金と同額一対一の配当が得られるというシステムです。

21点を超えてしまうとバースト(Bust)となり、賭け金は没収されてしまいます。このゲームで最強手札は「Aと10点札」の組み合わせで、これを「ブラックジャック」と呼び、特別に賭け金の1.5倍三対二の配当がもらえます。このゲームが世界中で脚光を浴びることになった経緯は、1960年代にアメリカの数学者らによって生み出された戦勝法に端を発します。

black-jack-casino-top-5

特に、1962年にエドワード・オークリーソープという人物によって著書は、世界中のカジノを驚愕させました。確率によってあみ出されたストラテジーと残りのカード数位のかたよりによってプレイヤーの有利度を測るカードカウンティングを行うことで、完全攻略を実現させました。

black-jack-casino-top-5

ルールの手順

① 最初に各プレイヤーに2枚ずつカードを配布します。
  ディーラーにも2枚のカードが配られますが、1枚は伏せられています。

② プレイヤーは、自分の点数をディーラーの点数を予想しながら作成します。最終的に
  ディーラーとの点数を勝負して勝てば配当がもらえます。ただし、21点を超えて
  しまうとバーストとなり、その場でチップとカードを回収されてしまいます。

③ プレイヤーは、「21点」を超えない限り何枚でもカードを追加することができます。
  カードを追加することをヒットといい軽くテーブルを叩きます。逆にカードが いらない場合は スタンドといい 手を横に振ります。

④ オールプレイヤーの点数が決まるとディーラーは伏せていたカードをオープンし
点数を開示します。この時点で16点以下であれば更にカードを追加し、17点以上になるまでストップ出来ません。
つまりディーラーは 「17点以上」になった時点でプレーヤーと勝負します。

⑤ ディーラーがバーストした場合は、プレイヤーの勝利です。
また、同点の場合はプッシュといい、引き分けとなりチップはそのままです。

カードのカウント

カード2~10はその数字を点数とし、「J,Q,K」は全て「10点」と数えます。
(A)は1点ですが11点とカウントする事も出来ます。
2枚のカードの点数を足して、合計の点数を競い合います。
最初に配られた2枚で、(A)と(10、J,Q,K)の組み合わせができると
特別にこれをブラックジャックと呼び、ボーナスとして「1.5倍」の配当がつきます。

アクション

ダブルダウンとは
3枚目のカードをヒットする際にベットマネーを追加して倍額で勝負できます。
どんなカードが来てもその1枚しか引けません。

スプリットとは
最初に配られたカードの数字が同じ時点でカードを2枚にシェアして勝負できます。
  但し、ベットマネー同額を追加しないといけません。

インシュランス
、アップカードが「A」の時点でディーラーはインシュランス(保険)を掛けることができます。
  ディーラーがブラックジャックの場合賭け金はキープされて、ブラックジャックでなければ
 インシュランスベットのみ回収されてゲームは続行します。

サレンダーとは
勝負を棄権するサインで カードを追加する前に行います。この場合では賭け金の半額が
 没収されます。ハンドアクションとしえ人差し指で横に線を引くとサインとなります。

カウンティングのやりかた

カジノでは1デック(52枚)のカードを使ってブラックジャックが行われるわけではなく、4、6、8デック使って行われるのが主流です。カウンティングを行うにはかなりの集中力が問われます。すごく神経を使うので、ブラックジャックの基本をマスターしてから試して見るといいでしょう。

その方法ですが、場に出たカードがローカードなら+1、ハイカードなら-1を累積していくだけです。真ん中のカード(7、8、9)のときは0です。

足し算していった結果、+4とかになってればローカードが多めに出ていることになるため、次はハイカードが出る確率が高い、ということになります。

たとえば次のように数えます。

1回めのプレイが終わった時点で累積のプラマイが-6になっています。数え方はこのようになります。

もし次の局面であなたの手が12だった場合、ヒットするか、スタンドスタンドするか迷うところです。カウントが-6だったら次にハイカードが来る確率が高いことがわかります。12+10でバストしそうなことが濃厚ならStandする選択になるでしょう。逆にディーラー側がバストする確率が高いという事でもあります。

引いたカードと
カウント
小計 合計
プレイヤー1 4、Q
-1+1
0 0
プレイヤー2 2、3、9、4
-1-1+0-1
-3 -3
あなた 5、2、5、6
-1-1-1-1
-4 -7
ディーラー 10、8
+1+0
1 -6
Casitabi 50 USD Bonus - Casinotop5.jp