オンラインカジノの歴史を振り返る

みなさんオンラインカジノっていつ頃からあるんだろうと疑問を抱いたことはありますか?

インターネットでカジノと言うと、なんだか怪しい、大丈夫なのかな?と思う方もいるかもしれませんね。しかし実際のオンラインカジノは政府発行のライセンスの導入や第3者機関の審査、監視なども受けており、更には運営機関として数々の世界一流ブランドも関わっています。今回はそんなオンラインカジノの歴史についてみなさんにご紹介したいと思います。

オンラインカジノ、なんとその歴史は1994年ごろまで遡ります。1994年というとまだインターネットが完全に普及する前の時代だから驚きですね!それではまず、オンラインカジノのパイオニア達をみてみましょう。

1994年にイギリス連邦加盟国のアンティグア・バーブーダが世界で初めてオンラインカジノ運営者へ正式な政府のライセンスを発行する法律を可決しました。これがオンラインカジノの歴史のはじまりであると言われています。アンティグア・バーブーダと聞いて、いまいちパッとしない方も多いかともいます。アンティグア・バーブーダはカリブ海に浮かぶ小さな島国で現在でも多くのオンラインカジノ運営者がライセンスを取得しているオンラインカジノの人気国です。また、2003年にアメリカで起こったオンラインカジノ禁止の法案に対しても真っ向から対立をしていった国の1つであり、アンティグア・バーブーダのオンラインカジノに対する貢献度は非常に高いです。

antigua
アンティグア・バーブーダ
同年、マン島に拠点を置くマイクロゲーミング社が設立され、世界初のオンラインカジノを作り出しました。マイクロゲーミング社は現在も最大手のゲーミングソフトウェア開発会社として約1200以上のゲームを作り上げています。当社がオススメしているカジ旅ベラジョンでもマイクロゲーミング社のゲームを遊ぶことができます。マイクロゲーム社は独自の審査基準を設けており、その基準を満たすオンラインカジノとしか契約をしないそうです。

 

オンラインカジノの成長期


1996年には創業当初から現在まで数々の実績を残すInter Casino(インターカジノ)が誕生しました。
それから2年後の1998年には高額賞金の獲得が可能なジャックポット付きスロットなどのプログレッシブゲームが誕生。オンラインギャンブル業界は全体で$8億3400万の収入を突破し、また世界で初のインターネットでのポーカールームも誕生しました。また翌年1999年には他のプレイヤーとチャットなどの交流をしながら遊べるマルチプレイヤーギャンブルなども誕生しました。1990年初期から2000年はまさにオンラインカジノの成長期と言えますね。

 

第三者機関の参入と安全面の向上


2003年にはeCOGRA という団体が eコマースオンラインゲーム規制と保証のために創立されました。eCOGRAは現在もな第三者機関として100を越えるカジノサイトを統制、監視しています。eCOGRAはNPO(非営利組織)でありオンラインカジノの基準を第三者のフェアな立場から作りあげました。この基準は大変きめ細かく、審査も厳格になっています。
いかにeCOGRAなどの第三者機関がオンラインカジノを安全に利用できる環境への重要な役割を担っているのかわかりますね。オンラインカジノで遊ぶ際には、ぜひこのeCOGRAに承認されているかも確認してみてくださいね!

 

オンラインカジノのこの先


さて簡単にオンラインカジノの歴史をご紹介しましたが、これからのオンラインカジノ業界はどうなっていくのでしょう。オンラインカジノの創設当初は、公式ライセンスを持たない悪徳業者が存在していましたが、現在はプレイヤーの保護を目的とする監査基準の強化などの対策が着々と行われ、公式ライセンス発行国も21ヶ国を超えました。またアルゼンチンやメキシコ、その他アジアの国々でもオンラインギャンブルを合法化しようとする動きが広がっています。また2011年にはApple社のiPhoneやiPadの人気に火がつきはじめ、それに伴いモバイルオンラインカジノの人気も高まってきています。

2020年にはオンラインギャンブル業界のマーケットサイズはなんと59.79 billion dollars (約6兆484億)になると予想されています。オンラインギャンブルはこの先も更なる成長が予想されるので今後の動向に注目ですね。

graph
マーケットサイズ(https://bit.ly/2wuFsYZ)