白熱するeスポーツ

eスポーツは、エレクトロニック・スポーツの略で、いわゆるデジタルゲームをスポーツとして参加、観戦する大会やイベントを指します。海外ではすでにプロスポーツの1つとして発展しつつある「eスポーツ」。億単位の高額賞金がかけられた大会が開催されており億単位の年収を得ているプロゲーマーも数多くいます。すでに日本人の中でも大会で賞金を稼いだり、スポンサー契約をしたり、プロゲーマーとして活動している人も多数存在します。全世界の競技人口は数千万人から1億人オーバーといわれており、ゴルフやテニスと同等の競技人口がいるほどの規模になっており今やeスポーツは白熱する次世代スポーツと言えるでしょう。当社がお勧めするオンラインカジノで練習してみてはいかがでしょうか?

市場情報企業による最新レポートによると、世界のeスポーツ視聴者は2017年に3億8,500万人に達し、2020年にはさらに50%増加すると見込まれています。データの内訳を見ると、今年1億9,100万人のeスポーツ愛好者と1億9,400万人の随時視聴者が存在すると予測されているようです。
eスポーツはブランド、メディアそしてエンターテイメント企業にとって、デジタルで生まれ育った人々の好きな娯楽であるゲームのプレイやゲームのコンテンツを見ることを活用する機会を提供してライブストリームやイベントが登場したことで、ギャンブルは放送事業者やメディアの領域に入り、以前ではタブーであった広告ビジネスモデルを今や市場に提供することが可能となりました。
日本でも遅ればせながら今年2月1日には日本eスポーツ連合が設立され、日本のeスポーツが本格的に始動しました。

esports

2017年7月に格闘ゲームのeスポーツイベントEvolution2017が米ラスベガスで開催されました。この大会の『ストリートファイターV』部門で、東大卒のプロゲーマー、ときど選手が優勝してテレビ番組でも特集で取り上げられました。そして、今年1月には日本版のEVOである「Evolution Championship Series Japan 2018が開催されて参加者は延べ人数で7119人、来場者は2万2857人と、プロ野球やJリーグなど人気スポーツの集客に迫るものとなりました。さらに、2022年中国・杭州で開催予定のアジア競技大会ではeスポーツがメダル種目となることが発表されています。今年のアジア競技大会では参考種目にもなりました。もはやゲーム好きの域を超えて世界的にeスポーツの確立が進められている様です。この様な状況から日本市場も反応してeスポーツやプロゲーマーについての見識が少しずつ深まる契機となりました。当社がお勧めするオンラインカジノで練習してみてはいかがでしょうか?

更にサッカー界もこれに目を付けてFIFA(国際サッカー連盟)が主宰する「eWorld Cup」を立ち上げました。世界予選に進めるとあって、真剣そのものです。eWorldCupとは市販されているサッカーゲームをプレーして勝敗を争う大会で優勝者は、高額賞金を手にすることが出来ます。世界で、約1億人がプレーしているといわれる、eスポーツ。日本でも、専用の施設が続々とオープンするなど、人気は高まりつつある中、Jリーグまで参入するということで「リアルなサッカーとか、体を動かすスポーツに関心を持っていただく方が増えればという思いが率直にありサッカーの楽しみを、多くの人にふれてもらいたい」と関係者は期待しているようです。ネットのゲームを通じてPRすることで、世界のサッカーファンや老若男女など、さらに幅広い世代を取り込む狙いがありワールドカップも6月に控え注目度もアップすることでしょう。以上の経緯から予測されることは2020年までにギャンブルの将来は世界中の視聴者数が約6億人に膨らむと見込まれており、今後3年間はさらにヒートアップされると思われます。

Casitabi 50 USD Bonus - Casinotop5.jp