賭け事の進化

ギャンブルと聞いて何を思い浮かべますか?カジノ?ラスベガス?長年の研究により、ヨーロッパ諸国を始め、多くの国々でギャンブル業界は著しく急成長をしています。この記事はギャンブルを社会的現象といった観点で注目し、またギャンブルの進化について解説していきたいと思います。今の時代、ギャンブルは進化を遂げ、ついにインターネットで全てを済ませてしまうというオンラインカジノの時代に突入しました。

ある研究者によると、日本では86%の人は人生に一度はギャンブル経験があるそうです。また52%の人が宝くじを買ったことがあるという結果が出ています。教会のホールや、ガスステーション、またはランドカジノなど様々な場所で様々な形のギャンブルが繰り広げられています。ギャンブルは様々なトーナメントのおかげで更に流行になってきています。ギャンブルには様々な種類があります。ギャンブルとは日本語では正式に賭博と言い、金銭や品物を賭けて勝負を争う遊戯のことを言います。例えば賭けるものは、持ち家であったり、土地だったり、車だったりと様々です。このようにお金を始め、様々なものを賭け、勝てば利益を得る可能性があるので、ギャンブルは人を虜にさせる力があります。ギャンブルを始めるきっかけとして3つの要因があります。それは、勝つかもしれないというチャンスと、賞金額、またギャンブルをする理由です。3つの主な要因としては、第一の要因としては賭けて儲けたい、第二に、純粋にゲームを楽しむといった理由、第三には時間を潰すためと言った理由が挙げられます。

money

日本では、かつてギャンブルは違法であり社会のクズと軽視されていました。しかしギャンブルも様々な進化を遂げ、パチンコ、パチスロ、競馬に宝くじなど、あらゆる形で社会の一部になっている傾向があります。現在では社会のギャンブルに対するスタンスも変化しており、急成長を遂げています。ギャンブルのトーナメントはテレビやスポーツリーグなどでギャンブルを広める動きがあります。ヨーロッパやアジアの国の政府はギャンブルを推奨することにより、税金から収益を得ようとしています。ギャンブルは今では、個人の遊戯だけではなく、政府も関わってきているビジネス産業となっているのです。

ギャンブルで一攫千金を手にした人たちは、必ずしも自分たちのために使われているわけではなく、チャリティー団体に寄付をしり、病院や孤児院にも寄付をしている人もいます。ギャンブルは単なるカジノという賭け事とみなす人もいたり、ギャンブルは一攫千金産業とみなす人もいるのです。また、アマチュアプレーヤーや、ギャンブルを反対する人にとっては、悪影響を及ぼすネガティブなイメージを持つ人も多くいます。

ギャンブルの歴史

そもそもギャンブルはどこから来たのでしょうか?中国とヨーロッパのカジノで始まったと言われています。ヨーロッパの様々なエリアで、ブラックジャック、ルーレット、クラップスやバカラなどができたとも言われています。今でこそキノというゲームがありますが、昔はそれの原型となるゲームが、中国で遊ばれていたと言われています。また、昔はパイゴーとポーカーの中間のようなゲームが広く遊ばれていました。

ギャンブルの種類

・カジノゲーム テーブルゲーム(シッックボー、ダイゴー、ルーレット、ブラックジャック、バカラ、パイゴーポーカー、テキサスホールデム、スパニッシュ21、レッドドッグ、カジノ戦争、カリビアン、など)
・電子ゲーム(スロットマシーン、パチンコ、ビデオビンゴ、ビデオポーカー、キーノ、ビンゴ)

・ノンカジノゲーム ビンゴ(イギリスやアメリカ)デッドプール、プルタブゲーム、ネバダ、ロト宝くじ、スクラッチカード、麻雀、カードゲーム(バセット、ライアーズポーカー、ブリッジ、ピクエット、ランスクネット)フェスティバルゲーム(半キープランク、ラッズル)コインフリッピングゲーム(ツーアップ、ヘッド&テイル)セルフトラックトリック(シェルゲーム、スリーカードモンテ)、ダイスゲーム(ライアーズダイス、パッス、バックガモン、ペルド、ピッグ、ハザード)

・フィックスオッドベッティング スポーツイベント、リアリティーショー、ホースかグレイハウンドレーシング、スポーツ(フットボール、クリケット、ゴルフ、プール、バスケットボール、マウンドボール)

日本のギャンブルの代表

パチスロは、パチンコ店に設置されているスロットマシンの事でパチンコ型スロットマシンなのでパチスロといわれる様になりました。パチスロは1980年代の中頃から普及し始めパチスロが出来た当初はパチンコ店の片隅に設置されましたが徐々にパチスロの人気も高まる様になりました。パチンコ台と同じ横幅で設計されている小型な物が多く現在のパチスロは、カジノにある様なスロットマシンとは別物で独自に進化しています。2000年代に入るとアニメや漫画をコンセプトに演出され液晶画面での普及もされて台数も年々、増加傾向にあります。基本的な遊び方はメダルをスロットマシンに投入してレバーを引き一定の確率で抽選を受けてリールが回転してボタンで止める。絵柄が揃うと当選してメダルが払い出されて景品と交換できる仕組みで、至ってシンプルな遊戯です。最近では家庭でのパチスロ機の購入も容易になり家庭でプレイする愛好家も多くなりました。一度、パチスロでプレイしてみて下さい!パチンコとは違ったエキサイティングなゲーム展開を満喫できる事でしょう。当社ではパチスロのゲームます。を出したカジ旅を推奨しています。もしパチスロをオンラインで楽しみたい場合、ぜひトライしてみてください。

宝くじ

宝くじの歴史は今から遡る事、約2,000年前のローマ時代だったと言われています。古代ローマの宝くじは税金変わりだったと言われています。街や要塞構築などの資金調達のための近代的富くじとなると15世紀半ば頃にヨーロッパのオランダで発行された記録が残されています。一方、日本の宝くじの起源はというと、江戸時代初期と言われ、攝津箕面の瀧安寺(大阪府)で正月元旦から7日までに参詣した男女が、自分の名前を書いた木札を唐びつの中に入れ、7日の日に寺僧がキリで3回突き、3人の当選者を選んで、福運のお守りを授けたのが起こりと言われています。その後は金銭と結びつき富くじとして町に普及されましたが徳川幕府が禁令を出す時期もありました。しかし幕府は寺社だけには修繕費用の調達の為に富くじの発売許可を許したのでこれを天下御免の御免富と呼びました。その後天保の改革により禁止され明治時代まで富くじは発売されませんでした。

昭和時代になり軍事費調達を図るため政府は1枚10円で一等10万円が当たる富くじ勝札と称して発売しました。しかしその後、終戦を迎え戦後の激しいインフレ対策の為宝くじという名称で政府第一回宝籤を発売するに至りました。その後、政府籤は廃止となり各都道府県が地方自治体の復興資金調達金の為独自、または共同で発しまちづくりの為に役たてる宝くじとして現在に至っています。

その後の高度経済成長時代に突入しにオリンピックという国家プロジェクトと共に宝くじの賞金や規模も大きくなっていきました。大型くじの到来、ジャンボの愛称で定着して、年3回発売されるようになりました。昭和54年のサマージャンボ宝くじ(第151回全国自治宝くじ)から「ジャンボ宝くじ」と呼ばれるようになりました。そして、昭和55年から、ドリームジャンボ、サマージャンボ、年末ジャンボの3大ジャンボ宝くじがスタートし、ドリームジャンボ宝くじ(第158回全国自治宝くじ)では、1等賞金3,000万円になりました。

昭和59年2月の第197回全国自治宝くじでは、「緑化宝くじ」が登場し、それが昭和61年から「グリーンジャンボ」という愛称になり、それからは毎年2月に発売されるようになり、これを境に賞金も高額の域に達しました。昭和60年には1等賞金5,000万円、1等・前後賞合わせて7,000万円、平成元年には1等賞金6,000万円、1等・前後賞合わせて1億円と、最高賞金はついに1億円の大台を超えることになったのです。昭和50年代に入るとその場で当たりがわかるスクラッチの導入、欧米由来のナンバーズやロトといった新商品も登場しました。現在の宝くじは5種のジャンボ宝くじ、全国通常宝くじ、ブロック宝くじ、3種のロト、2種のナンバーズ、スクラッチなどが取り扱われています。

競馬の歴史

世界最古の競馬の記録はホメロスの叙事詩( イリアス )に出てくる戦車競馬だそうですが、世界各国で最も人気のあるスポーツの一つとして親しまれている近代競馬の形態が整えられたのはイギリスが発症の地と言えるでしょう。では日本の競馬の始まりはいつだったのでしょうか。遡る事679年天武天皇が馬を競争さえたという記録が日本書紀に馳走という表現で記載されています。文献としての最古の競馬の記録は701年に遡ります。宮中の儀式や神社における祭礼などの神事として行われてきた日本古来の競馬はくらべうまと呼ばれ2頭の馬を直線上に走らせて競うものでした。馬の評価、また売買する人を馬喰(ばくろう、)と言いますが、東京・日本橋には馬喰町(ばくろちょう)という町があります。ここには江戸最古の馬場があり、頻繁に馬が売買されている記述があります。又、関ヶ原の戦いの時に軍馬が集められ、観兵式が行われたと言います。その馬喰町の本家は京都にあり北野天満宮のすぐそばにも馬喰町という地名が残っています。ここには右近衛府に属した馬場があって、毎年5月に大々的な競馬が行われていると言われています。平安時代には競馬たるものが既に存在していたのでしょう。

近代競馬の始まりはイギリスの1377年に行われたレースが最初とされ近代競馬の形態が整われたのはイギリスといえるでしょう。サラブレッドの改良へと繋がっていきます。では、日本の近代競馬はいつからでしょうか。江戸幕府が1858年に通商条約を結んで開国と同時期に開港にあたり外国人居留地の建設に伴い競馬場も遊戯場として建設されました。ここで競馬が開催されました。1866年幕府が横濱競馬場を建設して(現在の根岸競馬場)以降各地に広まったものの治外法権に守られた居留地競馬に対して日本人の競馬は馬券発券禁止されていましたがその後、大正12年に競馬法が制定され公認競馬団体に限定され馬券発売可能となりました。各団体は日本競馬会へと統合されます。( 現在のJRA )一方、地方競馬については太平洋戦争中に軍馬育成、軍費調達を目的として馬券発行が認知されて競馬が頻繁に行われていました。昭和23年に制定された競馬法により全国都道府県、市町村主催の競馬が実施され今日に至っています。

パチスロについて

1899年にアメリカで誕生したスロットマシンはパチスロの原型とも言えます。基本ルールとしては3つのリールが回転して絵柄が揃うとコインが払い出されるというシンプルなゲームがこの時に確率されました。絵柄にはベルやトランプ柄が用いられ、アメリカでもスロットマシンはギャンブル機と扱われ酷評なのでアメリカのミルズ社がガム自動販売機と主張することにより、絵柄もフルーツ柄をメインに取り入れた経緯があります。現在の絵柄も当時のマシンを再現して受け継がれています。今見るパチスロのメインはリールであり、液晶画面もさほど変化せずに現代に至っています。同じ絵柄を打ち手で揃えることによりコインが増える仕組みは人々をエキサイトさせパチスロファンを魅了させます。パチスロのプレイの仕方は至ってシンプルでメダルを台に入れてレバーを叩き、ストップボタンを留めるだけです。勿論、これだけでは勝てません。メダルの獲得を増やすにはスロットにある役に当選することが最大のミッションとなります。役の中でもメダルが大当たりするのはビッグボーナスです。現在、スロットマシンの機種は様々で複雑な機種もありますが基本ルールはすべて一緒でメダルをより多くゲットする事がこのゲームの醍醐味といえるでしょう。一度、パチンコ店にある多種多様にあるスロットマシンをカジ旅で経験してみてはいかがでしょうか?きっとパチスロの虜になること間違いないでしょう。

パチンコについて

パチンコの立地と言えばよく駅前にありますが大手のパチンコ業界の殆どが駅前で営業展開しているのが現状です。しかし有名店ほど勝てる台は少なく以前は「稼働が良い=高設定を多く投入出来る」というパターンでしたが高設定を多く投入出来るから、お店に入るお客様も増えるというものでしたがまた、入るお客様の人数が増えるから好循環のサイクルを醸し出すものでしたが最近のパチンコ店では「稼働が良い=お店の利益が多い」へと変わってきているのが現状ですお客様に還元されていた利益はどうやら別のルートに流用されているようです。

パチンコ店の利益の殆どは経費、即ち新台導入費用、宣伝費用、叩き出している利益のほとんどは新台入新規店舗オープンの費用に使われています。新規店舗オープンするのに数億円~数十億かかると言われています。つまりパチンコ側にとって、「利益」=お客様の損失分成り立っているものです。パチンコホールはあらゆる手を使って宣伝をし、人を集めるのに必死です。最近では 、1000台を越える規模の店舗を次々オープンさせているホールが数件ありますが、サービス向上の為、ゴージャスな店内を初め、教育された店内スタッフ、コーヒーレディー等のサービスに合わせて人件費、土地台、電気代、新台導入と莫大な金額が動きます。これらはお客様の遊戯の念出代金から成り立っています。

パチンコ、パチスロユーザーの数は全盛期では2000万人以上と言われていました。現在は半分以下の900万人にまで減少したと言われています。人数は減少したとしてもまだ900万人もの方は日常的にパチンコをしています。今だなぜパチンコやパチスロはこれほどまでに人気があるのでしょうか?それは駅に近く綺麗な環境へと変わり足を運びやすいというのも人気の一つでしょう。天井は広く、台の間はスペースがあり、ゆったりとストレスなく遊戯ができるので以前よりも増してパチンコ、パチスロを楽しめます。また分煙ボードの管理とスマートフォンの充電サービスも充実されました。

稼働マジック

稼働マジックという現象は外から見て人が集まり出入りが多く良いお店だとついつい引き込まれて入って行く事ですがそれは決して良く当たる店ではなくて環境が良く清潔で綺麗で大きなホールで人の流れがスムーズだからです。そんなお店が地元の駅近くにあれば、誰もがついつい足を運んでしまいますよね?外から見て、人が集まっていれば人の出入りが多い店だから良いお店だと思い、つい良いお店これは稼働が良いお店ほど「玉が出ているように見える」現象のことを言います。稼働している台が多いほど、一時的に表面上は玉が出ているように見えるのです。人集めに成功している店ほどそういった稼働マジックにより業績を伸ばしています。

進化を遂げた先には。。。

現代はスマホの時代です。、ギャンブル業界もオンラインに伴い変化の波に乗ってスマホの時代へと変遷しました。近年のオンラインカジノのほとんど全てはスマホやタブレットでもオンラインカジノを楽しめるようにモバイル版導入へとグローバル化が進んでいます。高速インターネット環境でモバイルを使用することができるようになり、モバイルギャンブルも進化の域を辿っています。今までの煩わしいPCアクセスやデスクトップでゲームプレイも今ではモバイルを片手にいつでも好きなところからモバイルカジノを楽しめるようになったのです。スマートフォン片手にハイクオリティーなオンラインカジノを満喫できます。従来の携帯電話ではグラフィックや字も見にくく、オンラインカジノも最適の環境とはいえませんでした。しかしスマホの普及により、高画質のグラフィックを堪能できるようになり、最もオーソドックスなオンラインカジノもすぐにプレイできるようになりました。例えばジャックポットやバカラなども今ではスマホ一つでできてしまうのです。パソコン版と同じで、もちろんリアルマネーを賭けることも出来れば、モバイルでアカウントも作れます。家の中は勿論、外出先のどこでもスマホとインターネットアクセスさえあればブラックジャックやスロットと言ったオンラインゲームを大いに楽しむことができるのです。スマートフォンの普及と進化によりによりオンラインゲームもますます目が離せませんね!!

 

Casitabi 50 USD Bonus - Casinotop5.jp