フィリピンカジノ構想

フィリピンは7100以上の島々からなり、目を見張るマリンビーチやダイビングスポット、豊富な大自然が手つかずの離島や遺跡など、多くの歴史的名所が多い世界有数のリゾート地です。2014年の外国人入国者470万人、そのうち日本人は43万人です。

日本で有名なセブ島では成田から週5便出ている直行便で4時間という近さのリゾート地で人気を博しています。それ以外にも世界的に有名なビーチリゾートやカジノが沢山あり欧米からのリゾート客に加えて、近隣のアジア諸国を中心に観光客が年々増加しています。フィリピンのカジノ事情に関して言えばフィリピン政府が全て管理している国営カジノであり、民間の企業はカジノ産業への参入が認められてないのが実情です。でもフィリピンに行かなくてもオンラインカジノでは同じゲームをプレイできます。

philipine-casino

カジノ

フィリピンマニラでは官民一体となって、カジノを始めとするエンターテインメントやホテルなど総合リゾート施設開発が目白押しです。その開発の一環として、2014年12月には、高級ホテル・レストランなどを有するシティオブドリームズマニラが開業しました。観光地としての魅力が高まっていることから、今後、さらなる発展が見込まれています。フィリピンに行かなくてもオンラインカジノではスロットを堪能できます!

フィリピンでは今後、ASEANで最大のカジノ大国になる見込みです。これは現地紙である「インクワイアラー」などが報じたニュースによりスイス金融大手クレディ・スイスが同国カジノ産業の市場規模が2018年までに56億ドルを超えて、シンガポールを上回りフィリピンのカジノ産業は18年まで年平均28%の成長を維持する見込みと予想しています。

philipine-casino

フィリピンでは、カジノが盛んなマカオやシンガポール、マレーシアなどよりも人口が多い事が利点でまた、労働人口が年2%ずつ増加していますから、所得増で購買力が高まり、娯楽産業の進展が大いに期待されるでしょう。空港からカジノエリアまで直結する高速道路も完成予定です。
フィリピン政府は、観光振興や外貨獲得などを目的に、マニラ首都圏内にカジノを含む大型娯楽施設の建設計画をたてたフィリピン・アミューズメント・アンド・ゲーミング公社は、同国カジノ産業の規模が2017年には100億ドルに達すると豪語しました。フィリピンに行かなくてもオンラインカジノでは様々なブラックジャックやバカラを楽しめますよ!