アジアのカジノ市場

香港マカオのカジノ市場は規模が大きいですがアジア太平洋地域においてオーストラリアや韓国がメインでしたが2010年にはシンガポールがカジノを合法化マリーナベイサンズ、リゾート・ワールド・セントーサの2つのカジノが主要カジノとなりつつあります。今ではオンラインカジノで本場のカジノと同じゲームができますが、オンラインカジノBetVictorの元になったのが、もちろん本場のカジノですので、ここではアジアのカジノ市場についてお話ししたいと思います。

asian-casino

マカオには35件ほどのカジノが存在していて市場規模は570億USドルで次いで、シンガポールで65億USドルでたった2件のカジノだけでこれだけの成果を挙げているので素晴らしい結果をだしているかが国家規模で動いているのが理解できますよね。

オーストラリア、韓国、フィリピン、マレーシア、と続き小規模ながらベトナム、インドも存在しています。シンガポールは言わずと知れたアメリカのラスベガスサンズとマレーシアのゲンティングループが運営会社として落札されました。

asia-gaming

勿論、アジア最大級のカジノは香港マカオで中国本土からの顧客を占めています。カジノ自体は現在、35軒が経営されています。その規模は5兆円以上の市場となっているのでカジノ1軒あたり1500億円以上の売り上げがあるということですからいかにカジノで経済効果があるのが理解できます。その中でもラスベガス・サンズ社が運営するザ・ベネチアンマカオは2007年に開業しました。ここでは多くの観光客で賑わっています。中国以外からの観光客をこれからも増やしていくのが今後の課題と言えるでしょう。

欧州のカジノ市場

アメリカやアジアと比較してヨーロパカジノ市場の規模は小さいです。その中でもカジノ売る上げ高い国はフランスです。その次にドイツでフランスの半分の規模です。そのあとにイギリス、スイスと続きます。ヨーロッパのカジノの大半は地方都市やリゾート地などに設置されているのが多く市街地にはそんなに多くカジノはないようです。このように欧州ではカジノが合法化されている国が多いのでカジノは身近に感じるのかもしれません。その他、 アメリカ、アジア、ヨーロッパ以外では近年アフリカや南米でもカジノを設置している国も出てきました。今後、世界中でカジノが増えて気楽にお手軽にギャンブルを楽しむ人が増える一方ギャンブル依存症などの社会問題も考慮しなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Casitabi 50 USD Bonus - Casinotop5.jp